ベン・シラの智慧 第四十四章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ベン・シラの智慧
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第四十四章[編集]

1 いざわれあるひとびとわれらをみしわれらせんぞたちとをたたへん。
2 しゅかれらによりておほいなるえいくわうあらはし、はじめよりそのおほいなるちからあらはしたまへり。
3 そのくにしゅたりしひとびと、そのちからのためげ、そのさとりをもてはかりごとをなし、よげんをもておとづれをげしひとびと
4 そのはかりごとによるたみみちびきて、そのさとりによりてたみのためにがくしゃとなり、そのをしへことばさとひとびと
5 おんがくしらべたづね、うたしょししひとびとて
6 ちからありてそのすみかやすらかみしひとびと
7 かかるひとびとみなそのたふとばれ、かれらくわうえいなりき。
8 かれらうちにはひとびとそのほまれあらはさんがためにのちのこししものあり。
9 あるものなにきねんをものこさず、になかりしごとくにしてに、うまれざりしごとく、またそのらをものこさざるごとくなりき。
10 されどかれらいつくしみふかひとびとにして、そのただしきおこなひわすれられざるなり。
11 そのたねともゆづりつねのこらん。そのらはけいやくうちにあり。
12 かれらたねかたく、そのらはかれらのためにつ。
13 そのたねとこしへのこり、そのくわうえいせざるべし。
14 かれらからだやすらかはうむられ、そのよろづよきん。
15 たみはそのちゑべ、くわいしゅうはそのほまれかたらん。

16 エノクはしゅみこころにかなひてうつされ、よよくひあらためもはんとなれり。
17 ノアはまったくしてみとめられ、みいかりときのためにみがはりとなり、こうずゐきたりしときのこれるものとなりぬ。
18 とこしへけいやくかれともになされ、すべてのにくもはやこうずゐのためにはほろびざるにいたれり。

19 アブラハムはくにぐにむれおほいなるちちとなり、かれごとくわうえいてるものでざりき。
20 かれいとたかきものおきてたもち、これとけいやくをなせり。そのにくたいにてかれけいやくて、こころみられしときそのしんかうみとめられたり。

21 さればしゅみちかひをもてかれのぞみ、くにぐにはそのすゑによりてしゅくせられ、かれすなごとふやされ、そのすゑほしごとたかめられ、うみよりうみいたるまでかはよりはていたるまでぐべきことをあかしたまへり。
22 イサクにむかひて、そのちちアブラハムのために、おなじくすべてのひとしゅくふくけいやくとをたまへり。
23 またしゅはこれをヤコブのかしらとどまらしめ、そのしゅくふくをもてかれみとめ、そのよづりをこれにあたへ、そのわけまへわかち、これをじふにやからあひだわかたまひぬ。