ベン・シラの智慧 第四十六章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ベン・シラの智慧
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第四十六章[編集]

1 ヌンのヨシュアはををしきいくさびとにて、よげんおいてはモーセのあとつぎなりき。かれはそのごとしゅえらたまひしたみすくひのために、おほいなるものとなり、かれらさからひておこてるてきむくいて、イスラエルにそのゆづりあたへたり。
2 そのたかげ、そのつるぎまちまちべて、いかにかれくわうえいしむ。
3 たみまへたれかかくはかたちしぞ。しゅみづからそのてきかれもとたづさきたたまへるなり。
4 かれによりてかへかざりしや。いちにちふつかとならざりしや。
5 そのてきまはりせまりしときかれは、いとたかく、いとつよしゅびまつり、おほいなるしゅこれにたまへり。
6 おほいなるちからへうなかかれてきむかひてはげしくたたかひ、くだきてふせものどもをほろぼせり。これくにぐにたみかれぶきり、いかにしゅみまへたたかひしかをらんためなり。かれいとつよきものしたがひてたたかひしなり。
7 かれまたモーセのときいつくしみわざをなせり。かれとエフンネのカルブはあだむかひてち、ひとびとつみよりすくひ、しきものささやきとどめたり。
8 かくてあしにてちしろくじふまんひとびとうちにて、かれらふたりのみたもたれ、そのゆづりちちみつとのながるるともなはれたり。
9 しゅまたカルブにちからあたへて、としゆるまでこれをたもたせたまへり。かれつひにそのたかところり、そのすゑゆづりとしてこれをたり。
10 これイスラエルのすべてのしゅしたがひてあゆむことのいかにきかをんがためなり。

11 またさばきづかさにつきては、すべてそのこころいんおこなはず、しゅよりはなれざりしものは、おのおのそのによりて、かれらきねんしゅくせられんことを。
12 かれらほねそのところよりふたたさかえ、あがめられしそのかれららのうへふたたあらたにせられんことを。

13 しゅあいたまひししゅよげんしゃサムエルはわうこくてて、そのたみうへきみたちにあぶらそそぎぬ。
14 しゅおきてによりてかれくわいしゅうさばき、しゅはヤコブをかへりたまへり。
15 そのしんかうによりてかれよげんしゃみとめられ、そのことばによりてまぼろしちゅうなるものられたり。
16 またそのてきかれまはりせまりしてきちちはなれぬこひつじそなへものをもていとつよしゅよばはれり。
17 しゅいかづちくだし、おほいなるひびきをもて、そのみこゑかしめたまへり。
18 かくてしゅはツロのつかさたちとペリシテのきみたちとをことごとほろぼしぬ。
19 またそのながねむりまへしゅとそのあぶらそそぎしものとのまへにあげつらひていへり『われひともちものを、くつひとつだにらず』と。かれむるひとりもなかりき。
20 かれねむりきしときよげんして、しゅにそのをはりしめし、たみあくさんために、よげんをもてそのこゑよりげたり。