ベン・シラの智慧 第四十八章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ベン・シラの智慧
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第四十八章[編集]

1 またよげんしゃエリヤごとあらはれ、そのことばたいまつごとえたり。
2 かれひとびとうゑのぞましめ、そのねっしんをもてかれらかずすくなくせり。
3 しゅみことばによりてかれてんとざし、かくてみたびくだしむ。
4 エリヤよ、なんぢおどろくべきわざをもてなんぢはいかにあがめられしぞ。たれなんぢごとくわうえいたん。
5 なんぢいとたかきものみことばによりてしにんより、しにんところよりよみがへらせたり。
6 かれわうたちをほろぼさしめまたたふとひとびとをそのとこよりくだせり。
7 かれはシナイにてけんせきを、ホレブにてはふくしうさばきけり。
8 なんぢむくいのためにわうたちに、またおのあとがしむるためによげんしゃたちにあぶらそそぎぬ。
9 なんぢはやてうちに、うませんしゃにてうへされぬ。
10 かれときいたりてかれらのにのぞしっせきのために、はげしきいきどほりきたらぬまへいかりやわらげ、ちちこころかへらせ、またヤコブのもろもろやからかへさんとててられしなり。
11 さいはひなるかな、なんぢしもの、またあいをもてうつくしくせられしもの、そはわれらはただしくきてくべきものなればなり。

12 エリヤははやてられ、エリシャはかれれいみたされぬ。エリシャはそのけるあひだいかなるしゅくんおそれず、たれかれしたがはしむることをざりき。
13 かれにとりてはたかきものはなく、そのねむときかれからだよげんをなせり。
14 そのけるあひだふしぎおこなひしが、ぬるときにもそのわざくすしかりき。
15 されどひとびとくいあらためず、そのつみよりはなれざりき。かれつひとりこにせられて、そのくによりうつされ、ことごとうへらされぬ。のこされしたみはそのかずすくなく、ひとりしゅくんダビデのいへのこされぬ。
16 あるものはしゅみこころにかなふことをなし、あるものはつみつみくはへぬ。

17 ヒゼキヤはそのまちかため、そのなかみづれぬ。かれてつをもていはり、みづのためにゐどつくれり。
18 かれにセナケリブきたりて、ラブシャケをつかはしぬ。ラブシャケむかひてをあげ、たかぶりておほいなるものほこりぬ。
19 そのときひとびとこころふるひ、うみくるしみをなすをんなごとくるしみぬ。
20 かくてかれらあはれみふかしゅむかひてよばはり、そのしゅべたり。せいじゃてんよりすみやかにこれをき、イザヤのによりてかれらすくへり。
21 しゅはアッスリヤびとぐんえいち、しゅつかひかれらことごとほろぼしぬ。
22 ヒゼキヤはしゅみこころにかなふことをなし、そのちちダビデのみちつよかりき。これしゅまぼろしちゅうしんなりしおほいなるよげんしゃイザヤのまことによりしなり。
23 ときに、うしろかへり、わういまちくはへられぬ。
24 かれはそのすぐれたるれいをもて、をはりおこるべきことを、シオンにてなげかなしひとびとなぐさめたり。
25 かれのちおこるべきこと、またかくれたることを、そのおこまへしめしぬ。