ベン・シラの智慧 第四十五章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ベン・シラの智慧
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第四十五章[編集]

1 しゅはことにすべてのにくめぐみし、いつくしみふかひとりひとおこたまへり。それは、かみひととにあいせられしひと、モーセにしてそのきねんしゅくふくにてつ。
2 しゅかれせいとくわうえいごとくわうえいあたへ、そのてきおそれをもてこれをおほいにしたまへり。
3 そのみことばをもてしゅしきわざめしめ、わうたちのまへかれあがめ、そのたみのためにかれいましめあたへ、そのえいくわういくぶんかれしめたまへり。
4 しゅはそのまことにうわとのためにかれきよめ、すべてのにくうちよりかれえらたまへり。
5 しゅかれにそのみこゑかしめ、あつくらやみうちかれともなひ、したしくかれちかづきていましめあたたまへり。すなはちそれはいのちちしきとのおきてにして、ヤコブにけいやくあたへ、イスラエルのさばきをしへんがためなり。

6 しゅは、かれごとせいなるひと、レビのやからなるかれきゃうだいアロンをたかくし、
7 これととこしへけいやくて、たみさいししょくをこれにあたたまへり。しゅうるはしきかざりをもてかれしゅくし、えいくわうころもかれまとはしめたまへり。
8 しゅかれまったくわうえいせ、ちからころもをもてこれをつよめ、あさももひきながころもおよびエボデをこれにたまへり。
9 またしゅきんざくろをもてすそめぐらし、そのまはりすずをつけ、あゆときおといださしめ、たみらのきねんのために、みやにてそのおとかしめたまへり。
10 こがねあをむらさきとをもてししうほどこししきよころもをもて、さばきむねあてをもて、ウリムとトンミムとをもて、
11 ぬひものしよりいとくれなゐをもて、イスラエルのわかれりてきねんとしたる、たまつくりつくれる、きんめたるいんごとほうぎょくをもて、
12 そのうへいんごとくに『せい』とりたる、かしらづつみうへきんかんむりをもて、ほまれかざりちからわざぜんびつくしたるねがひをもてこれをよそほたまへり。
13 かれまへにはかかるものなく、たにんはこれをず、ただかれとそのすゑのみつねにこれをたり。
14 そのいけにへごとにどことごとつくさるべし。
15 モーセはかれせいべつし、きよあぶらをこれにそそげり。これはかれとそのすゑのため、てんのすべてのあひだしゅつかへてさいしつとめはたし、みなによりてそのたみしゅくせんがためのけいやくなりき。
16 しゅはすべてのけるひとあひだよりかれえらび、そのたみあがなひをなさんため、きねんとしていけにへかうとかぐわしきかをりとをしゅささげしめたまへり。
17 しゅはそのいましめうちさばきけいやくちからあたへ、ヤコブにあかしをしへ、そのおきてをもてイスラエルをてらさしめたまへり。
18 ことなるやからものらはかれさからひてともつどひ、あらのにてかれねたみぬ。すなはちダタンとアビラムとそのともがらおよびコラのくわいしゅうにて、いかりいきどほりとをもてかれへり。
19 しゅこれをこころよろこばず、そのみいかりをもてこれをほろぼたまへり。かれらしきちからあらはし、ゆるをもてつくたまへり。
20 しゅはアロンにくわうえいくはへてゆづりあたへ、とりいれはつほかれわかち、そのかてゆたかそなたまひぬ。
21 かれらは、しゅかれとそのしそんのためにあたたまひししゅいけにへしょくすべし。
22 されどたみおいてはかれなにゆづりもなく、たみあひだにはなにぶんもなかるべし。そはしゅみづかなんぢわけまへまたゆづりなればなり。

23 エレアザルのピネハスはそのくわうえいだいさんゐなり。そはかれしゅおそれねっしんにて、たみそむけるてときたましひゆうきをもてかたち、イスラエルのためにあがなひをなせり。
24 さればへいわけいやくかれのためにてられ、かれせいとらとそのたみみちびきてとなり、かれとそのすゑとはさいしくらゐとこしへたもつにいたれり。
25 しゅまたユダのやからなるエサイのダビデとけいやくをなし、わうゆづりかれのものとし、よりつたへしめたまへり。アロンのゆづりまたそのすゑおよびぬ。
26 かみなんぢらのこころちゑあたへて、をもてそのたみさばかしめたまふ。これかれらきものほろぼされず、そのえいくわうよよおよばんがためなり。