ベン・シラの智慧 第四十九章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ベン・シラの智慧
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第四十九章[編集]

1 ヨシアのきねんは、わかうしによりてととのへられたるくんかうごとし。それはすべてのひとくちみつごとあまく、うたげせきおんがくごとあるはし。
2 かれたみくわいしんただしくあしらい、ふはふにくむべきものをりぬ。
3 かれはそのこころなほくしてしゅあふぎ、ふはふひとびとけいしんのわざをなしぬ。

4 ダビデ、ヒゼキヤ、ヨシアのほかは、すべてつみをかしぬ。かれらいとたかきものおきててたり。ユダのわうたちはみなやぶれたるなり。
5 かれらはそのちからたにんあたへ、そのくわうえいとつくにあたへたり。
6 かれらせいじょまちにてき、そのちまたすたれしめぬ。エレミヤのによりてしるされしごとし。
7 かれらはエレミヤをくるしめたれど、かれははたいにてせいべつされしよげんしゃにて、あるひき、あるひこぼち、あるひほろぼし、あるひて、あるひゑんためにつかははされぬ。
8 えいくわうまぼろししはエゼキエルなり。しゅこれをケルビムのくるまうへあらははしたまへり。
9 かれあめなかなるてきにつきてかたり、なほあゆものただしきにみちびきぬ。
10 じふによげんしゃにつきては、そのほねかれらところにてさかえんことを。かれらはヤコブをなぐさめ、のぞみりてかれらすくへり。

11 われらいかにゼルバベルをあがめん。かれみぎいんなりき。
12 ヨセデクのイエスもまたしかり。かれはそのいへて、きよみやたかゑ、とこしへえいくわうのためにそなへぬ。
13 ネヘミヤにつきてもそのきねんおほいなり。かれわれらのためにたふれたるいしがききづき、もんくわんのきゑ、われらいへふたたてたり。

14 エノクのごとひとかつうへつくられざりき。かれよりげられたり。
15 またヨセフのごとひとうまれざりき。げにかれきゃうだいをさむるものたみはしらなりき。かれほねかへりみられしなり。
16 セムとセツとはひとびとあひだあがめられき。されどつくられたるすべてのけるものうへつはアダムなり。