ベン・シラの智慧 第四十三章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ベン・シラの智慧
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第四十三章[編集]

1 たかところほこりはそのきよあをぞらにあり、てんうるはしさはそのえいくわうかがやきにあり。
2 づるとき、そのところおとづれをぐ。こはおどろくべきうつはいとたかきものみわざなり。
3 うまいたればそれはちじゃうく。たれかそのゆるねっきさからひてつをん。
4 ひとあつわざる。されどはこれにまさることさんばいなり。やまき、ゆげき、かがやひかりおくりてひとくらます。
5 おほいなるかな、これをつくたまひししゅしゅはそのみことばをもてみあゆみすすたまふ。

6 つきまたすべてのことをそのきせつしたがひてなし、ときとのしるしぐ。
7 つきよりまつりびしるしすなはつるときくるひかりきたる。
8 つきづきはそのによりてばれ、そのうつりかはりおどろくばかりなり。たかところにてはてんばんぐんうつはとなりて、そのあをぞらかがやづ。
9 てんほしくわうえいは、しゅたかところひかりあたふるうつはなり。
10 せいじゃみことばしたがひて、これらのものはそのふさわしきゐちまもり、そのみはりよわめざるなり。
11 にじ、これをつくりてそのかがやきをいともうるはしくしたまひししゅめよ。
12 それはえいくわうをもててんまはりめぐらす。いとたかきものこれをひろたまへるなり。

13 そのいのちをもてしゅゆきらせ、そのさばきいなづますみやかおくたまふ。
14 そのみくらはこのためにひらかれ、くもとりごとでぬ。
15 そのおほいなるみちからをもてしゅくもあつめ、これをくだきてあられとなしたまへり。
16 しゅあらはたまときやまふるひ、そのみこころしたがひてあめかぜおこらん。
17 そのいかづちこゑ、またきたかぜつむじかぜとはあめかしむ。とりくだごとしゅゆきらし、いなごぶがごとくにこれをらせたまふ。
18 はそのしろうつくしさにおどろき、こころはそのきたるにおどろかん。
19 しゅまたしろしもしほごとうへそそぎ、これをかためていばらとげごとくになしたまふ。

20 さむきたかぜきて、みづこほらし、いかなるみづたまりにもおよびて、みづむねあてをつけしむ。
21 それはやまやまくらつくし、からごとあをくさほろぼさん。
22 きりはすべてのもののいやしなり。あつさののちつゆよろこびあたふべし。
23 そのみこころをもてしゅふちしづめ、しまじまたまへり。
24 うみほばしものはそのあやふきをかたる。おのをもてわれらこれをき、かつおどろく。
25 そのうちにはおどろくべきくすしきみわざいのちあるもろもろのもの、うみやからもあり。
26 しゅによりてそのをはりげられ、そのみことばによりてすべてのものる。

27 われらはおほくのことをへども、これをなすあたはず、『しゅすべてなり』とはわれらのことばすべくくりなり。
28 いかにしてわれらはしゅあがむるちからつか、しゅおほいにしてそのつくたまひしみわざうへにあり。
29 しゅおそるべく、いとおほいにして、そのみちからくすし。
30 しゅあがむるときちからつくしてこれをめよ、しゅなほこれにまさらん。
31 しゅむるときなんぢぜんりょくあらたにしてむな。なんぢけっしてこれをぐることあたはざればなり。
32 しゅてこれをぶるものはたれぞ、しゅふさはしくこれをあがむるものたれぞ。
33 これよりもおほいなるおほくのことかくさる。われらただそのみわざすこししにぎず。
34 しゅばんもつつくり、けいけんなるひとちゑあたたまへり。