ベン・シラの智慧 第四十七章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ベン・シラの智慧
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第四十七章[編集]

1 かれのちにナタンちて、ダビデのよげんせり。
2 あぶらなだめそなへものよりわかたれしときごとく、ダビデはイスラエルのらよりはなされたり。
3 かれこやぎごとくにししを、むれこひつじごとくにくまもてあそびぬ。
4 そのわかときかれきょじんころしてたみちじょくり、いしなげをもてげしとき、ゴリアテのほこりくだきしにあらずや。
5 かれいとたかしゅよばはり、しゅそのみぎちからあたへて、つよいくさびところさしめ、そのたみつのたかげしめたまへり。
6 さればかれらはそのころせしいちまんにんゆゑかれあがめ、しゅしゅくふくのためにかれたたへぬ。
7 かれところにててきほろぼし、そのあだなるペリシテびとむなしくし、そのつのくだきてこんにちいたれり。
8 かれはそのあらゆるわざもちひ、えいくわうことばをもていとたかせいじゃかんしゃせり。そのこころつくしてさんびうたひ、おのれつくたまひしものあいしぬ。
9 またかれさいだんまへうたうたうものき、そのおんがくによりてうつくしきしらべかなでしめぬ。
10 かれまつりうつしくし、きせつととのへてこれをまったくせり。さればひとびとしゅせいなるみなめ、そのこゑみめいよりせいじょひびきぬ。
11 しゅかれつみり、そのつのとこしへげ、これにわうけいやくとイスラエルのえいくわうみくらとをあたたまへり。

12 かれのちに、ちゑあるそのおこり、かれゆゑやすらかにめり。
13 ソロモンはへいわをさめ、かみかれひろあんそくあたたまへり。これかれしゅみなのためにいへて、とこしへせいじょそなへんがためなりき。
14 なんぢなんぢわかにいかにさとくせられ、かはごとさとりをもてみたされしぞ。
15 なんぢたましひおほひぬ。またなんぢかすかなるたとへをもてこれをみたしぬ。
16 なんぢとほしまじまたっし、なんぢへいわのためになんぢあいせられき。
17 なんぢうたしんげんたとへとのために、またなんぢときあかしのために、くにぐになんぢおどろきぬ。
18 イスラエルのかみばれたまへるしゅなるかみみなによりて、なんぢすずごとくにきんあつめ、なまりごとくにぎんふやしたり。
19 しかるになんぢなんぢこしをんなたちにかがめ、そのからだかれらのなすがままにまかせたり。
20 なんぢなんぢめいよはづかしめ、なんぢたねけがしてらのうへみいかりまねけり。さればわれなんぢおろかのためにかなしめり。
21 かくてくにふたつにわかたれ、エフライムよりでしもの、したがはぬくにをさめたり。
22 されどしゅはそのあはれみたまはず、そのわざひとつだにほろぼたまはざるべし。またそのえらばれしものすゑさず、かれあいせしものしそんたまはざるべし。しゅはヤコブにのこれるものあたへ、またダビデにかれよりでたるあたたまへり。

23 ソロモンはそのせんぞたちとともねむり、そのたねよりレハベアムのこれり。かれはなはだしくおろかにして、さとりき、そのはかりごとをもてたみそむかせたり。ネバテのヤラベアムもまたイスラエルにつみをかさしめ、エフライムにつみみちあたへぬ。
24 かくてかれらつみはいとどしくくははり、かれらつひにそのよりうつされたり。
25 これかれらあらゆるつみみちもとめ、みづかさばきまねくにいたりしゆゑなり。