ベン・シラの智慧 第四十一章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ベン・シラの智慧
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第四十一章[編集]

1 よ、なんぢきおくはいかににがきかな。もちものありてへいわなるひとにとりて、またなにわづらひなく、すべてのことにさかえ、かつしょくもつくるちからあるひとにとりて、
2 よ、なんぢせんこくは、とぼしきひとちからおとろへたるひと、いたくい、すべてのことにつきておもわづらひ、ひがみてかつにんたいなきひとによりてれられん。
3 せんこくおそるな、なんぢまへりしものとなんぢのちきたものとをおぼえよ。はすべてのにくたいするしゅせんこくなり。
4 いとたかきものみこころによるときなんぢなにゆゑこれをこばむか。じふねんにもせよ、ひゃくねんにもせよ、またせんねんにもせよ、よみりてはいのちにつきてのもんだいなし。

5 つみびとらはむべきらなり。かれらけいけんならぬひとびとすみかしばしばきたる。
6 つみびとらのゆづりほろび、そのもちものにはえざるそしりともなはん。
7 らはけいけんならぬちちにつきてつぶやかん。これかれらちちのためにそしらるるゆゑなり。
8 わざはひなるかな、けいけんならぬひとびとかれらいとたかきものおきててたり。
9 なんぢうまれしはのろひのためにうまれしにて、なんぢなばのろひなんぢわけまへとならん。
10 つちよりでたるすべてのものはまたつちかへごとく、けいけんならぬひとのろひよりほろびいたらん。
11 ひとはそのからだにつきてあり。されどつみびととこしへすべし。
12 なんぢにつきてかんがへよ、それはせんここがねたからまさりてながなんぢとものこればなり。
13 いのちひかずかぎりあれど、はとこしへにのこらん。

14 わがよ、へいわをもてをしへまもれ。されどかくれたるちゑえざるたからとになにえきかあらん。
15 そのちゑかくひとに、そのおろかかくひとまさる。
16 さればわがことばうやまへ。あらゆるはぢたもつはからず。すべてのものはすべてのものによりて、しんかうをもてよしとせられざるなり。

17 ちちははまへいんかうを、つかさちからあるひとびとまへいつはりぢよ。
18 さばきびとつかさとのまへおのをかししつみを、くわいしゅうたみとのまへふはふを、はんりょともとのまへふせいとりあつかひぢよ。
19 なんぢのさすらいしたいしてはぬすみにつきて、またかみまこととそのけいやくにつきて、しょくたくりかかることにつきて、かしかりかかはあくこうにつきて、
20 なんぢあいさつするものまへにてのちんもくにつきて、あそびめなるをんなながむることにつきて、
21 なんぢかほしんせきそむくることにつきて、わけまへまたそなへものることにつきて、をっとあるをんなみつむることにつきて、
22 わかはしためもちぐることにつきて、またそのとこをかすことにつきて、そしりことばともかたることにつきて、またあたへたるのちこれをむることにつきて、
23 なんぢきしことをくりかへまたかたることにつきて、またひみつあばくことにつきてぢよ。
24 かくてなんぢまことはじり、すべてのひとまへめぐみべし。