ベン・シラの智慧 第五十一章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ベン・シラの智慧
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第五十一章[編集]

1 シラのイエスのいのり
しゅよ、わうよ、われなんぢかんしゃせん。わがすくひぬしなるかみよ、われなんぢめん。なんぢみなかんしゃをささげん。
2 なんぢはわがまもりて、わがたすけぬしにして、わがほろびより、ののししたわなより、いつはりつくくちびるよりすくいだたまへり。かたはらひとびとまへにてなんぢはわがたすけぬしなりき。
3 そのいつくしみゆたかなるにしたがひ、みなおほいなるにしたがひて、まんとするはがみより、わがいのちもとむるものより、わがちしおほくのなやみより、
4 よもきていきむるより、わがえしめざりしまなかより、
5 よみはらふかところより、けがれたるしたより、またいつはりことばより、
6 わうへのふぎなるしたののしりより、われすくいだたまへり。わがたましひちかづきぬ。
7 かれらよもよりわれかこみ、われたすくるものひとりだになし。われひとたすけもとめたれどざりき。
8 しゅよ、われはなんじいつくしみとこしへむかしよりありしなんぢみわざとをおぼゆ。なんぢなんぢのぞものすくひ、てきよりかれらたすいだたまへり。
9 われよりわがねがひげ、よりすくたまはんことをいのれり。
10 われはわがしゅちちなるしゅよばはり、なやみに、またたかぶるものはびこりて、たすなきときに、われをみすたまはざらんことをへり。
11 われなんぢみなえずめ、かんしゃをもてさんびせん。わがねがひきかれたり。
12 なんぢわれほろびよりすくひ、しきときよりたすいだたまへり。さればわれかんしゃをささげてなんぢめ、しゅみなしゅくせん。

13 われなほわかくして、とつくにかざりしとき、われいのりをもてちゑもとめたり。
14 みやまへにてわれこれをもとめたり、とこしへいたるまでわれこれをもとめん。
15 じゅくせるぶだうごとく、そのはなによりてわがこころちゑよろこびぬ。あしなほあゆみ、わかときよりこれをけり。
16 われすこしくみみかたむけてこれをけ、わがためにおほくのをしへたり。
17 われこれによりてえきたり。われにちゑあたたまへるものをわれあがめん。
18 われちゑおこなはんことをもとめ、きものにねっしんなりき。さればわれいつまでもはぢけざるべし。
19 わがたましひちゑたたかひ、わがおこなひただしかりき。われはわがうへなるてんひろげ、ちゑにつきてのわがむちなげきたり。
20 われはわがたましひただしくちゑけ、きよきをもてこれをみいだしぬ。われははじめよりちゑともにありしこころたり。さればわれはみすてられざるべし。
21 わがこころちゑもとめてなやみぬ。さればわれよりもちものたり。
22 しゅはわがむくいのため、われにしたあたたまへり。さればわれこれをもてしゅとなへん。

23 むちなるものよ、われにちかづき、わがまなびややどれ。
24 なにゆゑなんぢこれらのものをき、なんぢたましひいたくかわくか。
25 われわがくちひらきていひぬ、あたひなくしてなんぢのためにちゑよ、
26 くびくしたなんぢくびき、なんぢたましひをしへけしめよ、ちゑなんぢちかみいだされん。
27 なんぢをもてよ、いかにわれすくならうして、わがためにおほくのやすみしぞ。
28 おほくのぎんをもてなんぢをしへけ、これによりておほくのきんよ。
29 ねがはくはなんぢたましひしゅあはれみよろこび、なんぢこれをめてはぢけざらんことを。
30 とききたまへなんぢわざをなせ。さらばそのよしとたまときしゅなんぢむくたまはん。