ベン・シラの智慧 第二十四章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ベン・シラの智慧
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第二十四章[編集]

1 ちゑおのたましひめたたへん。そのたみうちにてみづからをあがめん。
2 いとたかきものつどひうちにてちゑはそのくちひらき、しゅばんぐんまへにてみづからをあがめん。
3 われいとたかきものくちよりきたり、きりごとおほへり。
4 たかところにわれわがすみかさだめぬ。わがくもはしらうちにありき。
5 ひとわれのみてんまはりめぐり、ふちふかところあゆめり。
6 うみなみも、ちじゃうばんもつも、あらゆるたみくにも、みなもちものなり。
7 すべてこれらのものをもてわれやすめもとめぬ。ゆづりうちにわれやどらん。
8 そのときばんもつつくりぬしわれにいましめあたへ、われをつくたまへるもの、わがやすむべきまくやつくりて、たまへり『なんぢまくやはヤコブのうちに、なんぢゆづりはイスラエルのうちにあるべし』と。
9 しゅよのはじめまへわれつくたまへり、をはりいたるまでわれほろびざるべし。
10 せいなるまくやにてわれしゅみまへつかへぬ。かくてわれシオンにてられたり。
11 しゅまたあいするまちにてわれやすみあたたまへり。エルサレムにわがちからありき。
12 くわうえいあるたみうちに、すなはしゅゆづりぶんうちに、われわがもとゐゑたり。
13 われはレバノンのかうはくごとく、ヘルモンのすぎごとたかめられぬ。
14 われはうみべしゅろごとく、エリコのばらごとく、うるはしきオリブのごとたかめられたり。
15 にくけいとアスパラトのごとく、オニクスのごとく、スタクテのごとく、またまくやうちなるけむにうかうごとくなりき。
16 テレビントのごとくわれえだりぬ。わがえだえいくわうめぐみえだなり。
17 ぶだうの、よろこびあたふるごとく、わがはなくわうえいとみとのなり。
18 (なし)
19 われきたれ、なんぢらわれをもとむるものよ。わがなりいでものにてたされよ。
20 わがきねんみつよりも、わがゆづりみつばちよりもあまし。
21 われをくらひとびとなほわれむかひてゑ、われひとびとなほわれむかひてかわかん。
22 われしたがものはづかしめられず、われにありてわざをなすものあやまたざるべし。

23 これらはすべていとたかみかけいやくふみすなはちモーセがヤコブのつどひへのゆづりとしてわれらにめいぜしおきてなり。
24 (なし)
25 しゅちゑをピソンのごとゆたかにしたまふ。またこれをあたらしきくだものどきのチグリスのごとくし、
26 ユフラテのごとさとりたしめ、またかりいれどきのヨルダンのごとくし、
27 ぶだうどきのギホンとひとしく、をしへひかりごとかがやでしめたまふ。
28 はじめひとすこしもちゑらざりしごとく、をはりひとまたこれをみいだあたはざるべし。
29 そはちゑさとりうみよりもり、ちゑはかりごとふちよりもふかければなり。

30 われかはよりのながれごとく、そのへのみぞごときたりぬ。
31 われいへり『われはわがそのみづそそぎ、わがにはとこゆたかみづそそがん』。よ、わがながれかはとなり、わがかはうみとなりぬ。
32 われをしへあしたごとてりでしめ、これをとほくまでかがやわたらしめん。
33 われなほをしへよげんごとそそいだし、これをよよとこしへにのこさん。
34 よ、われはおのれのためにあらず、はげみてちゑもとむるすべてのひとびとのためにらうせり。