ベン・シラの智慧 第二十六章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ベン・シラの智慧
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第二十六章[編集]

1 つまをっとさいはひなり。そのよはひにばいとならん。
2 かしこをんなはそのをっとよろこばしむ、かれはそのしゃうがいへいわをもてみたさん。
3 つまわけまへなり、すなはしゅおそるるひとびとへのわけまへとしてあたへられん。
4 めるにもせよまづしきにもせよ、ひとこころたば、そのかほつねよろこびあふれん。

5 つのことをわがこころかたる。だいよんのことにつきて、われねがひをなせり。まちそしりぐんじゅうつどひ、またいつはりこくはつ、これはすべてよりもおそろし。
6 ほかをんなねたつまと、すべてのひとあくつたふるそのしたむちこころうれひ、またかなしみなり。
7 しきをんなそこここえごおうしくびきごとく、これをとらふるものさそりにぎるがごとし。
8 さけをんなおほいなるいかりおこし、おのはぢをもおほはざるべし。
9 をんないんかうはそのぐるときにあり、それはそのまぶたによりてらるべし。
10 うなじこはむすめをばきびしくみはりせよ、おそらくはかれおのじいうみいだしてこれをもちひん。
11 つつしみなきこころせよ、なんぢにむかいてつみをかすともおどろくな。
12 かわきたるたびびとのそのくちひらき、かたはらにあるみづつくすがごとく、かかるをんなはあらゆるところし、えびらひらきていかなるをもらん。

13 つまびとくはそのをっとよろこばせ、そのちしきかれほねふとくすべし。
14 しづかなるをんなしゅたまものなり、よくをしへられしたましひごとたふときはなし。
15 はぢをんなしとやかにもしとやかなり。みづかおさふるたましひあたひかぎりなし。
16 しゅいとたかきところのぼあさひごとく、いへととのふるつまうるはし。
17 せいなるとうみゃうだいかがやともしびごとく、よくそだちたるをんなかほうるはし。
18 ぎんだいゑられしきんはしらごとく、すこやかなるかかとうへあしうるはし。
19 (なし)
20 (なし)
21 (なし)
22 (なし)
23 (なし)
24 (なし)
25 (なし)
26 (なし)
27 (なし)

28 ふたつのもののためにこころうれふ、だいさかのもののためにはいかりわがうへきたる。まづしきためにくるしいくさびとはいじんみなさるるさとひとよりつみかへひとしゅかれのためにつるぎそなたまはん。

29 あきうどしきおこなひよりおのれまもることかたく、こうりびとつみゆるさるることなからん。