ベン・シラの智慧 第二十五章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ベン・シラの智慧
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第二十五章[編集]

1 われみっつのものによりてうるはしくせられ、しゅひとびととのまへうるはしくちぬ。それはきゃうだいいっちとなりびというじゃうおよふうふあひしてともあゆむことなり。
2 されどわがたましひさんしゅひとみ、かれらくるによりていたくそこなはれぬ。すなはほこたかぶれるまづしきひといつはりものなるめるひとおよさとりなきたいんなるおいびとこれなり。

3 わかなんぢあつめざりき。いかでいたるときにこれをんや。
4 さばくしらがにとりて、はかりごとるはちゃうらうにとりて、いかにうるはしきかな。
5 いたるひとちゑと、あがめらるるひとおもひはかりごととはいかにうるはしきかな。
6 ふかけいけんいたるひとかんむりなり。かれらくわうえいしゅおそるることなり。

7 わがおもひめぐらししここのつのことありて、わがこころさいはひなり。だいじふはわれわがしたをもてこれをはん。おのらのよろこびをもつひときてそのてきぼつらくひと
8 さいはひなるかな、さとりあるつまともひと。そのしたすべらさざりしひとおのれふさはしからざるひとつかへざりしひと
9 さいはひなるかな、さとりひとひとみみをしへかたひと
10 いかにおほいなるかな、ちゑひと。されどなにびとしゅおそるるひとうへにはでじ。
11 しゅたいするおそればんもつうへにあり、これをたもひとたれをしふべき。
12 (なし)

13 こころやまひにあらずば、いかなるやまひにてもよし。をんなあくにあらずば、いかなるあくにてもよし。
14 われにくものよりのわざはひにあらずば、いかなるわざはひにてもよし。てきふくしゅうにあらずば、いかなるふくしゅうにてもよし。
15 へびかしらまさかしらはなく、てきいかりまさいかりはなし。

16 ししおよたつとともにむは、しきをんなとともにいへたもつよりもし。
17 をんなあくはそのみえへ、くまごとくそのかほくらくす。
18 そのをっととなりびとしょくたくせんに、これをかばいたくなげくべし。
19 すべてのあくいをんなあくいくらぶればちひさし、つみびとわけまへかれうへつべし。
20 しづきかなるひとことばおほをんなむかふは、いたるひとすなみちのぼくがごとし。
21 をんなうつくしさにおのげかくな、そのみるよきをもてをんなもとむな。
22 をんなそのをっとささへなば、いかりむちと、おほいなるひなんあるべし。
23 しきをんなこころはぢかほかなしみ、またきずつけられしこころなり。そのをっとさいはひならしめぬをんなさがりたるまひせるひざなり。
24 つみはじめをんなにありき。かれのためにわれらみなぬるなり。
25 みづでぐちあたふな、しきをんなことばじいうあたふな。
26 らしめんとするとき、もしかずば、これをなんぢにくよりて。