ベン・シラの智慧 第二十二章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ベン・シラの智慧
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第二十二章[編集]

1 おこたひとけがれたるいしたり。ひとみなこれをとがめ、またはづかしむべし。
2 おこたひとふんたいけがれごとく、これにるるひとみなそのらん。

3 おしへなきちちはぢあり。おろかなるむすめはそのそんしつなり。
4 さとむすめおのをっとべし。されどはぢきたらしむるむすめはこれをみしものうれひなり。
5 ふてきなるむすめちちをっととにはぢかうむらしめ、そのさうはうよりかろしめらるべし。
6 ときはづれしはなしおんがくごとし、されどむちこらしめとはいかなるときにてもちゑなり。

7 おろかなるものをしふるひとは、どきはへんのりづけにするがごとく、またねむれるものをそのうまゐよりさますがごとし。
8 おろかなるものかたるはねむれるものかたるがごとく、をはりかれは『そはなになるか』といはん。
9 (なし)
10 (なし)
11 ししゃのためにけ、そはひかりかれはなれたればなり。おろかなるもののためにけ、そはさとりかれはなれたればなり。ししゃのためにしづかけ、そはかれあんそくたればなり。されどおろかなるものいのちにもおとる。
12 ししゃのためのなのかなれど、おろかなるものけいけんならぬものとのためにはいっしゃうなり。

13 おろかなるものおほかたるな、さとりなきひとくな、これにこころせよ、おそらくはなんぢくるしめられん。なんぢはそのせめにてけがさるべきにあらず。かれよりはなれよ、さらばなんぢやすみ、そのきゃうきのためになやまさるることなかるべし。
14 なまりよりおもきものはなにぞ、そのは『ぐじん』にあらずしてなにぞ。
15 すなしほも、またてつかたまりも、さとりなきひとよりも、ふにやさし。

16 たてものめぐらし、これにむすけたるもくざいの、ぢしんによりてゆるめられぬごとく、よきじょげんによりててられたるこころあやふときにもおそれざるべし。
17 しりょふかさとりうへゑられたるこころは、みがかれたるかべうへほりものかざりごとし。
18 たかところにあるさくかぜさからひてつことあたはざるごとく、おろかなるものさうぞうにておそるるこころは、いかなるおそれむかひてもつことあたはざるべし。

19 きずなみだながれしめ、こころきずいうじゃうつ。
20 ことりいしぐるものはこれをおどろかし、ともそしものいうじゃうす。
21 ともさからひてつるぎくともしつばうすな、そこづるみちあればなり。
22 ともさからひてくちひらくともおそるな、むつみみちあればなり。されどそしりたかぶりひそかごとばくろ、まただましうちこれらのもののまへにはいかなるともらん。

23 まづしきなんぢともしんぜよ、そのさかゆるときよろこばんためなり。そのくなんときにはかたくこれにすがれ、ともにそのゆづりぐをべし。
24 まへゆげけむりとあり。かくごとながまへののしりあらん。
25 われともをかばうをぢず、またおのれをそのかほよりかくさざるべし。
26 なんぢのためにかれわざはひおこらば、たれにてもこれをくものなんぢげん。

27 これによりてわがつることなく、またわがしたわれほろぼさざらんがために、なにびとくちかどもりを、くちびるかたふういんかんことを。