ベン・シラの智慧 第二十九章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ベン・シラの智慧
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第二十九章[編集]

1 となりびとすものはしんせつしめし、そのをもてかれつよめしものいましめまもる。
2 ひつえうときとなりびとし、さだめられたるときとなりびとかへせ。
3 なんぢことばかたくし、ひととのしんようたもて。さらばなんぢつねおのもとむるものをべし。
4 おほくのひとりしものをかぜおとされしこのみごとおもひ、おのれらたすけしひとびとなやますなり。
5 これをくるまではなんぢくちづけし、おのとなりびとかねにつきへりくだりてかたる。されどしはらひとききたればきげんのばし、おもことばもちひ、ときみじかきをかこつ。
6 かしぬしときにてもからうじてなかばけ、これをひろひもののごとおもはん。しからざるときはそのかねうばはれしにて、いはれなくたがひてきとなる。そのひとのろひののしりとをかれかへし、めいよへてはぢかへさん。
7 おほくのひとかかるあくのためにすことをけ、いたづらにあざむかれんことをおそる。
8 されどいやひとむかひてはにんたいし、これにほどこしたしむな。
9 いましめのためにまづしきひとたすけ、そのひつえうしたがひて、これをむなしくらしむな。
10 きゃうだいまたとものためにかねうしなへ、いししたにこれをき、びしめてうしなふな。
11 いとたかきものいましめしたがひてなんぢたからめ、さらばそれはこがねにもしてなんぢえきせん。
12 なんぢきしほどこしものたくはへよ、これはなんぢをすべてのなやみよりすくはん。
13 つよたておもやりにもまさりてこれはなんぢてきかちしめん。

14 ぜんにんはそのとなりびとむかひてほしょうにんとなる、されどはぢこころうしひたるものはこれをく。
15 ほしょうにんしんせつわするな、かれはそのいのちなんぢあたへたるなり。
16 つみびとほしょうにんざいさんめっす。
17 おんわすれしものおのれたすけたるひとないがしろにす。
18 ほしょうおほくのゆたかなるひとびとおちぶれれしめ、うみなみごとくこれをうごかし、めるひとびとをそのいへよりいだしていこくさすらはしめたり。
19 ほしょうにてしっぱいし、じげふにてんとするつみびとうったへらるべし。
20 おのちからしたがひてなんぢとなりびとたすけ、みづかたふれざるやうにこころせよ。

21 くるにくてならぬは、みづとパン、またはだかおほころもいへとなり。
22 まるきごやまづしきひとくらしたにんいへおごりたるもてなしまさる。
23 ちひさなるにもおほいなるにもまんぞくせよ。
24 いへよりいへうつくらしいたまし、たびびととしてところにては、なんぢおのくちをもひらかざるべし。
25 ねぎらい、またさけましめて、しかもなんぢかんしゃけず。
26 『ここにきたれ、たびびとよ、しょくたくそなへよ、なんぢなにものかたばそれをもてわれやすなへ。』
27 『たびびとよ、めいよよりけ。きゃうだいわがきゃくとしてきたる。われはわがいへえうす。』
28 へやがりなんだいかねかしそしり。これはしりょあるひとにはいとはしきことなり。