ベン・シラの智慧 第二十三章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ベン・シラの智慧
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第二十三章[編集]

1 ああしゅよ、わがちち、わがいのちよ、われかれらはかりごとゆだたまなかれ。かれらによりてわがたふるるをゆるたまなかれ。
2 おもひむちをあて、わがこころちゑこらしめくはふるはたれぞ。かれらはわがむちのためにわれゆるさず、またつみみすごさず。
3 これわがむちし、わがつみくははらざらんためなり。おそらくはわれ、わがあだまへたふれ、わがてきわがためによろこばん。
4 ああしゅよ、わがちち、わがいのちかみよ、われにたかぶれるあたたまなかれ。
5 じゃうよくをわれよりたまへ。
6 どんらんいんかうとにわれとらへしめず、はぢらぬこころわれあたたまなかれ。

7 わがらよ、くちこらしめけ、これをたもつものはわなおちいらざるべし。
8 つみびとはそのくちびるによりてとらへられ、ののしものまたたかぶるものはこれによりてつまづくべし。
9 なんぢくちちかひならすな。せいじゃみなならはしつくるな。
10 えずむちたるるしもべたれしきずときなきがごとく、えずちかひ、せいじゃみなものつみよりきよめらるることなかるべし。
11 ちかひおほひとふはふにてち、むちそのいへはなれざるべし。かれをかさばつみかれうへにあり、かれこれをみすごさばつみふたへとなる。えうなきにちかはばただしとせられず、そのいへわざはひをもてみたされん。
12 くらぶべきことばのいひかたあり、ヤコブのゆづりうちにこれをみいださしむな。けいけなるひとよりすべてこれらのものはられ、かれらつみうちもだえざるべし。
13 なんぢくちみにくことばならすな。そのうちつみあればなり。
14 おほいなるひとびとうちするときなんぢちちははとをおぼえよ。おそらくはなんぢかれらあひだつまづき、そのことばをもておのれおろかしめし、うまれざりしことをねがひて、おのたんじゃうのろふにいたらん。
15 づべきことばれしひといのちをはるまでちゑまなばざるべし。

16 にしゅひとつみくはへ、だいさんひといかりきたらす。じゃうよくこころごとえ、つくさずばえず。にくたいいんおこなものは、もやをはらずばけっしてめざるべし。
17 いんおこなものにとりてすべてのかてあまし、ぬるまでかれはこれをめざるべし。
18 おのとこまよづるひとこころにいふ『たれわれん、くらやみまはりにあり、かべわれかくし、われひとなし、われたれをかおそれんや、いとたかきものつみおぼえざるべし』と。
19 ひとびとかれおそれなり。しかしてかれは、しゅよりもいちまんばいあかるく、ひとびとのすべてのみちかくれたるところをもることをらず。
20 よろづものはそのつくらるるまへしゅられたり、そのまったうせられたるのちにもしゅこれをたまふ。
21 かかるひとまちちまたにてばっせられ、そのおもはざりしところられん。
22 そのをっとり、たにんによりてよつぎぐるつままたおなじ。
23 だいいちにはかれいとたかきものおきてしたがはず、だいにおのをっとむかひてつみをかし、だいさんしつうをもてかんいんおこなひ、たにんによりてめり。
24 かれくわいしゅうまへきたられ、しらべけん。
25 そのらはるべからず、そのえだむすばざるべし。
26 そののろひきおくのこり、そのせめえざるべし。
27 かくてあとのこされたるひとびとは、しゅたいするおそれよりきはなく、しゅまことこころもちふるよりうるはしきはなきをらん。
28 (なし)