ベン・シラの智慧 第二十七章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ベン・シラの智慧
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第二十七章[編集]

1 おほくのひとのためにつみをかしたり。さんことをもとむるひとはそのそむく。
2 いしいしとのつぎめにはかたさるるくぎごとく、つみかいかたうりかたとのあひだる。
3 ひとはげみてしゅたいするおそれとらへずば、そのいへはすみやかにくつがへされん。

4 ふるひにふるわるるとき、もののかすのこごとく、おもひときひとおぶつのこらん。
5 すゑものしつくうつはこころむ、ひとこころみはそのおもひにあり。
6 はそのさいばいかたごとく、ひとことばはそのこころおもひかたる。
7 そのおもひまへひとむな、これはひとこころみなればなり。

8 もしもとめなばなんぢこれをて、くわうえいあるながころもごとるべし。
9 ことりはそのるゐしたがひてともむ。まことはこれをおこなひとかへらん。
10 ししのそのゑじきのぞごとく、つみふはふおこなひとびともとむ。

11 けいけんなるひとはなしにはつねちゑあれども、おろかなるひとつきごとかはる。
12 おろかなるものうちにあらばこころもちひてときうかがへ、されどしりょあるひとともにあらばいつまでもとどまるべし。
13 おろえなるものはなしわづらはしく、そのわらひつみぶかはうたうなり。
14 おほちかひとことばかみのけさかだたしめ、そのあらそひひとみみおほはしむ。
15 ほこものあらそひながすにいたり、そのののしりくものをうれへしむ。

16 ひみつあばものしんよううしなひ、そのこころともざるべし。
17 ともあいし、これをしんぜよ。されどなんぢそのひみつあばかばかれふな。
18 そはてきほろぼせるひとごとく、なんぢとなりびというじょうそこなひたればなり。
19 よりはなちしことりごとく、なんぢはそのとなりびとらしめ、ふたたびこれをとらふな。
20 これをふな、かれとほり、わなのがれたるしかごとのがる。
21 きずつつまるるごとく、そしりやわらげらるべし。されどひみつあばくものにはのぞみなし。

22 をしばたたくものはあくじをたくらみ、たれかれもこれよりとほざくることなからん。
23 なんぢまへにはそのくちうるはしくかたり、なんぢことばおどろくとも、やがてそのくちへ、なんぢことばをもてかへつてつまづきとなさん。
24 わがにくおほくのもののうちかれごときはなし、しゅもまたかれにくたまはん。

25 てんむかひていしぐるものおのあたまうへにこれをぐるなり。いつはりだげききずはしむべし。
26 あなるものはみづからこれにおちいらん、わなうるものはみづからこれにかからん。
27 あくじおこなものには、そのあくじおのうへころがきたらん、かれはそのいづこよりきたれるやをらざるべし。
28 あざけりののしりとはたかぶるものよりきたり、ふくしうししごとくこれをまちぶせす。
29 けいけんなるひとびとたふるるをよろこぶものどもはわなにかけられ、そのまへなやみこれをくらつくさん。

30 いかりいきどほり、これもまたにくむべきものにて、つみびとものなり。