ベン・シラの智慧 第三十四章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ベン・シラの智慧
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第三十四章[編集]

1 むなしきいつはりのぞみさとりなきひとのものなり。ゆめおろかなるひとつばさあたふ。
2 そのこころゆめひとは、かげとらへ、かぜものごとし。
3 ゆめまぼろしかれたいするこれごとく、かほかほとのたるにひとし。
4 けがれたるものをもてなにものをきよんや。まことなるものはいかでいつはりよりきたらんや。
5 せんけんらなひゆめむなしきものなり、くるしみをなすをんなごとく、そのこころくうさうらる。
6 これらのもの、もしいとたかきものにありてかへりみときつかはされしにあらずば、これになんぢこころあたふな。
7 ゆめおほくのひとまどはしぬ。かれらはこれにたのみてたふれたり。
8 いつはりなくおきてじゃうじゅせらるべし。まことなるひとくちにあるちゑまったし。

9 よくをしへられしひとおほくのことり、おほくのけいけんあるひとちしきく。
10 けいけんなきひとわづかのことをれど、さすらいあるきしものことじゅくれんす。
11 われさすらいあるきて、おほくのことたり。わがさとりはわがことばまさる。
12 われしばしばあやふきひてなんとせしが、これらのことによりてすくはれたり。
13 しゅおそるるひとびとれいくべし。そののぞみおのれらすくたまひしものうへにあり。
14 しゅおそるるものおどろかず、またぢざるべし。しゅはそののぞみなればなり。
15 さいはひなるかな。しゅおそるるひとたましひ。そのたのものたれぞ。そのささへばしらたれぞ。
16 しゅしゅあいするひとびとうへにあり。ちからあるまもり、つよささへばしらあつかぜよりのかくれがまひるくるかげつまづきばうぎょたふれたるときすくひ。
17 しゅたましひたしめ、あきらかにし、いやしいのちしゅくふくとをあたたまふ。

18 ふせいなるものをいけにへとするひとは、そのくもつあざけらる。ふはふなるひとあざけよみせらるることなし。
19 いとたかきものけいけんならぬひとくもつよろこたまはず、またいけにへおほきによりてつみゆるたまはず。
20 まづしきものもちものよりいけにへたづさきたるものは、ちちまへにてそのころものひとし。
21 ささやかなパンはまづしきものいのちなり。これをかれよりうばものこのものなり。
22 そのなりはひうばものとなりびところものひとし。やとひびとよりそのちんきんうばものながものひとし。
23 ひとりいへて、ひとはこれをこぼつ。らうくほかかれらなにえきをかし。
24 ひとりいのり、ひとりのろふ。いづれのこゑしゅたまふや。
25 したいれたるのちあらひて、ふたたびこれにれなば、そのあらふことになにえきあらんや。
26 そのつみのためにだんじきするひとでてふたたつみをかさば、たれかそのいのりかん。またおのれはづかしめてなにえきをかし。