ベン・シラの智慧 第三十六章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ベン・シラの智慧
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第三十六章[編集]

1 われらをあはれたまへ、すべてのもののしゅなるかみよ、われらをかへりたまへ、
2 しゅをおそるるたみをすべてのくにぐにげかけたまへ。
3 しゅみてことくにうへげ、これにしゅみちからさせたまへ。
4 かれらまへわれらによりてみづかせいとせられたまひしごとく、われらのまへかれらによりておほいなるものとせられたまへ。
5 ああかみよ、われらのなんぢりしごとく、かれらになんぢらしめ、なんぢひとりほかかみなきをらしめたまへ。
6 あたらしきしるししめし、もろもろのしきわざおこなひ、なんぢみてみぎみうでとをあがめさせたまへ。
7 みいきどほりおこし、みいかりそそぎ、あだり、てきほろぼたまへ。
8 ときすみやかにし、みちかひおぼえ、かれらなんぢちからあるわざべしめたまへ。
9 のがれたるものみいかりをもてつくし、みたみしへたぐるひとびとほろびおちいらしめたまへ。
10 『われらのほかなにものもなし』といふてきつかさたちのかしらくだたまへ。
11 ヤコブのすべてのやからあつめ、はじめよりありしごとく、かれらなんぢゆづりとなさしめたまへ。
12 しゅよ、みなによりてばるるたみあはれみ、うひごひとしくなしたまひしイスラエルをあはれたまへ。
13 なんぢせいじょまちなんぢあんそく、エルサレムにいつくしみたまへ。
14 シオンをみたし、なんぢみことのりたかめ、なんぢたみえいくわうみたたまへ。
15 はじめなんぢつくたまひしものにみあかしあたへ、みなうちにありしよげんおこたまへ。
16 なんぢのぞものむくたまへ。さらばひとびとなんぢよげんしゃしんぜん。
17 しゅよ、みたみかかはるアロンのしゅくふくしたがひて、なげもとむるものいのりたまへ。さらばちじゃうひとびとなんぢとこしへかみなるしゅましますことをらん。


18 はらはいかなるかてにてもしょくせん。されどひとつのかてほかかてまさる。
19 のどかりにてとらへししょくもつあぢはごとく、さとりあるこころいつはりことばをもあぢはふ。
20 かたくななるこころうれひおこさん。されどけいけんあるひとはこれにむくゆべし。
21 をんなはいかなるをとこをもけん。されどあるむすめほかむすめまさる。
22 をんなうつくしさはかほたのしましむ。さればひとなにものにもまさりてこれをあいす。
23 もしそのをんなしたじひにうわとあらば、そのをっとひとこらうちにあるここちせじ。
24 つまものは、おのたすけてまたささへばしらをもつなり。
25 まがきなくばもちものすたれん。つまをもたぬひとは、ここかしことさすらひてかなしまん。
26 たれまちよりまちく、をよろへるぬすびとしんぜん。かくのごとたれか、いへなくしてよるそのいたところやどひとしんぜん。