ベン・シラの智慧 第三十五章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ベン・シラの智慧
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第三十五章[編集]

1 おきてまもるものはそなへものおほくし、いましめこころもちふるものしうおんさいいけにへささぐ。
2 おんむくゆるものむぎこそなへ、ほどこしをなすものかんしゃさいいけにへささぐ。
3 あくよりはなるるはしゅよろこたまところなり。ふぎるはなだめくもつなり。
4 しゅみまへむなしきにてづな。
5 これはすべていましめのためにおこなふべきものなり。
6 ぎじんそなへものさいだんゆたかにし、そのうるはしきかをりいとたかきものみまへにあり。
7 ぎじんいけにへけられ、そのきおくわすられざるべし。
8 をもてしゅあがめ、なんぢはつほをしまでいだせ。
9 いかなるそなへものにてもこころよかほもてなし、よろこびをもてなんぢじふいちぜいをさめよ。
10 そのあたたまへるところしたがひていとたかきものささげ、なんぢにてたるものををもてささげよ。
11 むくたましゅは、しちばいをもてなんぢむくたまはん。

12 そなへものをもてまいなひとすな、しゅはこれをたまはざるべし。なんぢこころふせいいけにへくな。しゅさばきぬしにして、ひとかたよたまはざるなり。
13 しゅまづしきひとさからものたまはず、しへたげらるるものいのりたまふべし。
14 しゅみなしごかほやもめつぶやきとをかろしめたまはざるべし。
15 やもめなみだはそのほほながくだるにあらずや、そのさけびはこれをたふさんとするものむかひてがるにあらずや。
16 みこころしがひてかみつかふるものけられ、そのねがひくもにまでたっすべし。
17 いやものいのりくもつらぬきてかみいたるまでとどまらず、いとたかきものかへりたまふまではなれざるべし。しゅただしきさばきをもてさばきおこなたまはん。
18 しゅためらたまはず、あはれみなきもののこしくだたまふまで、ながしのたまはざるべし。しゅいはうじんあだむくい、たかぶるものむれらし、ふぎなるものしゃくこぼたまはん。
19 しゅはあらゆるひとに、そのおこなひしたがひて、またかれらわざに、そのおもんぱかりしたがひてむくい、そのたみさばたまはん。かくてしゅはそのいつくしみをもてかれらよろこばたまふべし。
20 かんばつときあまぐもおこごとく、しゅいつくしみときしたがひてくるしものきたるなり。