ベン・シラの智慧 第三十三章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ベン・シラの智慧
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第三十三章[編集]

1 しゅおそるるものにはなにあくおこらざるべし、されどときのぞみてしゅこれをこころみはせたまはん。
2 ちしゃおきてまざるべし、されどぎぜんなるひとあらしなかふねごとし。
3 さとりあるひとおきてしんずべし、おきてはそのひとにとりてみつげごとまことなり。

4 ことばそなへせば、ひとかるべし。をしへつづりてなんぢこたへをなせ。
5 ぐじんこころくるまごとく、そのおもひめぐじくぎごとし。
6 たねうまあざけとものごとく、いかなるひとこれにるともいななくなり。

7 としいかなるひかりみなたいようよりきたるに、いかなればまさるか。
8 これはしゅちしきによりてわかたる。しゅときまつりとをさだたまへり。
9 そのあるものをばたかめ、またきよめ、あるものをばつねとなしたまへり。
10 すべてのひとよりで、アダムはつちをもてつくられたり。
11 そのゆたかなるちしきをもてしゅこれをわかち、もろもろみちつくたまへり。
12 あるものをばしゅくたかめ、あるものをばせいとしておのれちかづかしめ、あるものをばのろひてひくくし、これをそのところよりくつがへたまへり。
13 すゑものしにあるつちくれごとく、しゅのすべてのみちはそのみむねしたがひてつくられたり。かくひとみなこれをつくたまへるしゅみてうちにありて、そのみさばきのままにせらるるなり。
14 あくたいするぜんたいするせいごとく、けいけんなるひとたいするつみびとあり。
15 かくのごといとたかきものみわざはすべて、ひとつのものはほかのものにたいし、ふたつづつそんするなり。

16 われはすべてのもののをはりさまし、ぶだうつみあとひろあつむるものごとくせり。しゅめぐみによりてすすみ、ぶだうつみごとくわがさかぶねみたしたり。
17 われはわがためのみならず、すべてをしへもとむるひとびとのためにらうせしをおもへ。
18 たみおほいなるひとびとよ、われにけ。くわいしゅうつかさたちよ、われにみみかたむけよ。


19 つまに、きゃうだいともに、なんぢけるあひだに、なんぢうへけんあたふな。またなんぢもちものたにんあたふな。おそらくはなんぢいてふたたびこれをもとむるにいたらん。
20 きていきあるあひだおのれたれにもあたふな。
21 なんぢなんぢもとむるは、なんぢらのよりもとむるにまされり。
22 すべてなんぢわざをもてひとさきだち、なんぢめいよけがすな。
23 なんぢいのちをはに、に、なんぢゆづりあたへよ。

24 まぐさむちにもつとをろばに、パンとこらしめはたらきとをしもべに。
25 しもべはたらきかしめてなんぢやすむべし、そのをゆるめなばじいうもとめん。
26 くびきかはひもとはくびらす。しきしもべのためにはがうもんかしゃくとあり。
27 おこたらぬやうこれをはたらかせよ、おこたりおほくのしきことををしふ。
28 かれふさはしきはたらきあたへよ、したがはずばそのかせおもくせよ。
29 なにびとにもぎてことをなすな。またはんだんなくなにごとをもなすな。
30 しもべあらばこれをおのれごとくせよ、なんぢをもてこれをひしなり。
31 しもべあらばこれをおのれごとくにあつかへ、そはおのれたましひごとなんぢこれをえうせん、もしこれをしへたげなばかれりてのがかん、なんぢいづれのみちかれさがいださんとするか。