ベン・シラの智慧 第三十七章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ベン・シラの智慧
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第三十七章[編集]

1 ともみないはん、『われかれともなり』と。されどただのみのともあり。
2 はんりょまたともてきかはときいたほどなるかなしみなきや。
3 しきおもひよ、なんぢいづこよりころがきたり、そのたばかりをてかわけるおほはんとするか。
4 ともよろこびをもてよろこはんりょあれど、なやみときにはかれそむかん。
5 はらのためにそのともたすくるはんりょは、たたかひのぞみてたてをとるべし。
6 なんぢたましひともわするな、なんぢとみくははるときこれをつな。

7 ぎしみなそのはかことむ。されどおのりえきのためにこれをはかものもあり。
8 なんぢのたましひぎしこころすべし。なんぢはそのくわんしんなになるかをあらかじれ。(かれおのれのためにことはからん。)おそらくはかれなんぢのにうへくじげて、
9 なんぢにいはん、『なんぢみちはよし』と。しかしてなんぢむかひてち、なんぢうへなにおこるかをん。
10 ながしめにてなんぢものともことはかるな、なんぢねたむものになんぢはかりごとかくせ。
11 をんなとはそのきそあらそものにつきて、おくするものとはたたかひにつきて、あきうどとはぼうえきにつきて、おこたるものとはあらゆるたぐひはたらきにつきて、なんぢいへやとひびととはそのなしぐるわざにつきて、おこたしもべとはおほくのつとめにつきてことはかるな。いかなるはかりごとにつきてもこれらひとびとこころとどむな。
12 なんぢはむしろけいけんなるひとともれ、なんぢひとを、いましめまもひとるべし。かれたましひなんぢたましひごとく、なんぢもしあやまたばなんぢとともにかなしまん。
13 なんぢこころはかりごとを、かたてよ、なんぢにとりてこれにまさりてしんずべきものはあらじ。
14 ひとたましひは、ときのぞみて、ものみやぐらたかするしちにんゑじまさり、おほくのことをげんとす。
15 されどこれらのことにまさりていとたかきものに、なんぢみちまことみちびたまはんことをねがへ。

16 さとりをすべてのはたらきはじめとなせ。おもんぱかりをすべてのおこなひまへけ。
17 こころかはしるしとして、
18 つのことおこる。ぜんあくせいこれらつねをさむるものしたなり。
19 さとくしておほくのひとけうしとなるも、おのたましひえきすることあたはぬものもあり。
20 ことばたくみにしてかへつてひとにくまるるものもあり。そのひとはすべてのしょくもつくべし。
21 めぐみしゅよりかれきたらざりき、かれはすべてのちゑうばはれたるなり。
22 おのたましひたいしてかしこものあり、そのさとりはてくちにとりてはしんずべきなり。
23 ちしゃおのたみをしへん、そのさとりしんずべきものなり。
24 ちしゃしゅくふくをもてみたされ、これをひとびとはすべてかれさいはひばん。
25 ひといのちによりてかぞへらる、イスラエルのもろもろはこれをかぞふることあたはず。
26 ちしゃはそのたみあひだしんらいけ、そのとこしへきん。

27 わがよ、なんぢせいくわつをもてなんぢたましひこころみ、そのがいとなるはなになるかをて、これにあづかるな。
28 すべてのものはすべてのひとえきあるにあらず、またすべてのたましひはすべてのものをたのしむにあらざるなり。
29 おごりくな、なんぢくらふものをむさぼるな。
30 しょくもつおほところやまひあり、しょくぎなばふくつうおこさん。
31 くらぎておほくのひとほろびたり。されどつねこころもちふるものはそのいのちながくせん。