ベン・シラの智慧 第三十一章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ベン・シラの智慧
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第三十一章[編集]

1 とみのためのけいかいにくたいおとろへしめ、そのおもひわづらひねむりうばふ。
2 ねむらざるおもひわづらひねむりもとめしめ、おもやまひふみんおちいらしむ。

3 めるひとたからあつめんとてらうし、そのやすとききものをもてみたさる。
4 まづしきひとはそのとぼしきたからをもてらうし、そのやすときなほとぼし。
5 こがねあいするものただしとせられず、ほろびふものはみづかみたされん。
6 おほくのひとこがねのためにほろびわたされ、そのをはりかれらせまる。
7 それはこれいけにへささぐるひとびとにとりてつまづきとなり、すべてのぐじんはこれにとらへらるべし。
8 さいはひなるかな、けたるところなく、またこがねもとめざるめるひと
9 それはたれぞ、われらこれをさいはひばん。かれはそのたみあひだおどろくべきことをなせり。
10 こころみられてまったしとられしはたれぞ、これをあがめよ。つみをかちからありてをかさざりしはたれぞ、あくをなすちからありてなさざりしはたれぞ。
11 そのざいさんたしかとせられくわいしゅうはそのほどこしげん。
12 なんぢおほいなるしょくたくくか、むさぼるな、また『そのうへおほくのものあり』といふな。
13 きおくせよ、ねたしきなり。まさりてあくなるのつくられしや、それはすべてのかほなみだながさしむ。
14 そのながむるところにはいづこにもなんぢばすな、またなんぢさらいだすな。
15 おのれのことによりてとなりのことをおもひ、すべてのことにこれをわきまへよ。
16 なんぢまへかれたるものをふさはしきひとごとくらへ、されどこれをくらひてむさぼるな、おそらくはなんぢひときらはれん。
17 たしなみのためにたくはなれ、らぬごとくすな、れいかざらんためなり。
18 おほくのひとともするとき、かれらまへばすな。

19 たしなみあるひとすこしにてまんぞくし、そのとこうへにていきぐるしくなることなし。
20 すこやなるねむりてきぎしょくじよりきたる、つときてこころすがすがし、ねむりらぬくるしさとゐちゃういたみはくことをらぬひとにあり。
21 ひてしょくをすすめられなばちゅうとにてて、さらばやすみん。
22 われけ、わがよ、われかろんずな、をはりにはなんぢわがことばまことなるをらん。なんぢのすべてのわざすみやかなれ。さらばなにやまひなんぢきたらじ。

23 くらふことにゆるやかなるひとをばひとびとしゅくふくし、そのすぐれたるあかしたしかぜられん。
24 くらふことにやぶさかなるひとをば、まちこぞりてささやき、そのやぶさかあかしたしかとならん。

25 みづかさけつよきをしめすな、さけおほくのひとびとほろぼしぬ。
26 るつぼの、てつひたしてそのしつこころむるごとく、さけたかぶるひとあらそひによりてそのこころこころむ。
27 さけてきぎにこれをまば、ひとにとりていのちごときものなり。さけなきひとなにいのちかある、さけひとよろこばしむるためにつくられしものなり。
28 ときしたがひててきぎまれしさけこころよろこび、またたましひよろこびなり。
29 すごしてまれしさけたましひにがきにて、いかりあらそひとをともなふ。
30 ゑひおろかなるものいかりしておのれそこなはしめ、そのちからよわめ、またきずくはふ。

31 うたげせきにてとなりびとむな。またそのたのしみときこれをあなどるな。そしりことばくちにすな。またおひめかへしせまるな。