ベルと龍

提供: Wikisource
移動先: 案内検索

<Wikisource:宗教<聖書<旧約聖書続篇

  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「単語ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

ベルと龍[編集]

1 さてアステアゲスわうにてその先祖せんぞたちにくははり、ペルシヤのクロスはかれくにぎたり。
2 ダニエルはわう生活せいくわつともにし、かれすべてのともまさりてあがめられたり。
3 其頃そのころバビロニアびとはベルとべる一つの偶像ぐうぞうをもてり。しかして日毎ひごとにこの偶像ぐうぞうのためにつひやすもの小麥粉こむぎこ大桝おほます十二、ひつじ四十とう、また葡萄酒ぶだうしゅたるおよぶ。
4 わうこれをがみ、日毎ひごとおとづれてこれあがむ。されどダニエルはおのかみをがめり。わうかれにいひけるは『なんぢ何故なにゆゑにベルをはいせざるや』と。
5 彼對かれこたへてふ『わわひとわざなる偶像ぐうぞうをがむをほつせず、ただてんとを創造つくり、あらゆるけるものをさたまけるかみをがむなり』と。
6 わうかれにいふ『なんぢベルをけるかみなりとおもはずや、なんぢかれ日毎ひごと如何いかおほくをくらひ、かつむかをずや』と。
7 ダニエル微笑ほゝゑみてこたへけるは『わうよ、あざむかれたまふな、この偶像ぐうぞう内側うちがは粘土ねんど、その外側そとがは眞鍮しんちゆうなり、なにをもくらひ、またみたることあらざるなり』と。
8 ここにわういきどほりてその祭司さいしたちをし、彼等かれらにいふ『なんぢしかかる經費つひへむさぼり、くらものたれなるをわれかたずば、なんぢあたるべし。
9 されどベル、まことにかかる經費つひへむさぼくらふことをわれあかしば、ダニエルすべし。そはかれベルにたいして冒涜けがしごとひたればなり』と。しかしてダニエルわうにいひけるは『なんぢことばごとくならしめよ』と。
10 さてベルの祭司さいしら、その妻子つまこらをのぞきて七十にんかぞふ。ダニエル、わうとともにベルのみやいたれり。
11 かくてベルの祭司さいしらいふ『よ、われそとづべし、さればわうよ、なんぢにくゑ、さけそなへ、かたとびらとざし、なんぢいんをもて封印ふういんたまへ。
12 しかしてくるなんぢきたとき、ベルもしすべてをくらつくらざるをることあらば、われくべし。しからずばわれらにそむきて虚僞いつはりかたれるダニエルすべし。』
13 しかしてかれこれ顧慮おもんぱかることなかりき。そはかれだんしたひそかなる拔道ぬけみちまうき、其處そこよりえず内側うちがはりて、これらのものをくらつくしたればなり。
14 かくかれらのぎさりしのちわうはベルのまへにくそなへたり。さてダニエルはそのしもべらにめいじてはひきたらしめ、わうのみまへにてみやうちめんこれけり。しかしてかれそとで、とびらぢ、わういんをもて封印ふういんし、りたり。
15 さておよびて、祭司さいしたちその妻子つまこらとともきたり、つねごとくにすべてをくらひまたつくしたり。
16 夜明よあけになりわうはやでたりしが、ダニエルかれともにあり。
17 わうダニエルにいふ『封印ふういんまつたきや。』彼答かれこたふ『しかり、わうよ、それらはすべてまつたし』と。
18 わうとびらひらくやいなや、たゞちだんうへあふしが、大聲おほごゑげてさけびいひぬ『偉大おほいなるかななんぢベルよ、なんぢなに欺瞞あざむきあらんや』と。
19 ときにダニエル嘲笑あざわらひ、わうとゞめてうちらざらしめていふ『わう鋪床ゆかられよ、これらの足痕あしあとたれのものなりや、こゝろにとめたまへ。』
20 わうこたへぬ『われおほくのをとこをんな、また子供こどもらの足痕あしあとる』と。しかしてわういかりて、
21 祭司さいしたちとその妻子つまこらとをとらへたりしが、かれらはわうに、彼等かれらきたりて、だんうへくさ〴〵々なる供物そなへものくらひゐたる秘密ひみつ入口いりくちしめしたり。
22 ゆゑわう彼等かれら斬殺きりころし、ベルをダニエルのゆだねたれば、かれベルとそのみやほろぼしぬ。

23 そのにまたひとつのおほいなるたつありて、バビロニヤびとこれををがめり。
24 わうダニエルにいふ『なんぢは、これもまた眞鍮しんちゆうなりとはんとするか、よ、かれく、かれくらかつむなり、なんぢかれけるかみあらずとふをざるべし、ゆゑかれはいせよ』と。
25 ときにダニエル、わうこたへてひけるは『われは、しゆなるかみはいせん、そはかれけるかみなればなり。
26 わうよ、しもべ允許ゆるしあたたまへ。さらばつるぎをもつゑをももちひずしてたつ斬倒きりたふさん』と。わういふ『われなんぢに允許ゆるしあたへん』と。
27 ときにダニエル、瀝靑ちやん脂肪やに毛髮かみのけなどをぜてこれこれをまとめてたつくち押入おしいれしが、やがてたつ微塵みぢん破裂はれつしたり。しかしてダニエルいひけるは『よ、なんぢらのをが神々かみ〴〵はかくのごときものなり』と。
28 バビロニアびと之等これらのことをつたくや、いきどほることはなはだしく、わうたいして謀叛むほんはかり、いひけるは『わうはユダヤびととなれり、かれはベルを破壞はくわいし、たつ斬倒きりたふし、その祭司さいしらをころしたり』と。
29 かれわうきたりていふ『われらにダニエルをわたせ、しからずばわれなんぢなんぢいへとを滅亡ほちほさん』と。
30 ときわうかれらが威勢いきほひのただならぬをるや、こしろならずもダニエルを彼等かれらわたせり。
31 彼等かれらダニエルを獅子しゝ洞窟ほらあなとうじけるが、ダニエル六あひだ、そこにたり。
32 洞窟ほらあなには七とう獅子しゝみゐて、日毎ひごと屍體したい二つ、ひつじとうきふする慣習ならひなりき。しかるにダニエルをくらつくさしめんとて、そのには此等これらのも
のをかれらにあたへざりき。
33 さて、ユダヤにハバククと一人ひとり預言者よげんしやありき。かれはいまたるかゆ麭麥屑パンくず滿みたしたるはちたづさへ、ものらにかんとてみちにありき。
34 しかるにしゆ使つかひハバククにひけるは『け、その食物しよくもつたづさへ、バビロンにるダニエルのもといたれ、かれ獅子しゝ洞窟ほらあなるなり』と。
35 ハバククいひけるは『しゆよ、われいまだバビロンをず、また
何處いづこ洞窟ほらあなのあるやをらず』と。
36 ときしゆ使つかひかれかしらうへをとらへ、その頭髮かみのけをつかみてかれはこり、はげしきいきほひをもてかれをバビロンにある洞窟ほらあなうへけり。
37 そのときハバククさけびていへり『ダニエルよ、ダニエルよ、かみなんぢつかはしたまへる食物しよくもつれ』と。
38 ダニエルいひけるは『ああかみよ、なんなわれわすたまはず、なんぢしたひ、なんぢあいするものたまはず』と。
39 かくてダニエル起上おきあがりてしよくせり。しかしてしゆ使つかひまたゝに、ハバククをふたゝびさきにりしところけり。
40 第七日目なぬかめに、わうダニエルをなげかなしまんとてき、きたりて洞窟ほらあなうかゞるに、よ、ダニエルしゐたり。
41 わう大聲おほこゑげ、さけびていひぬ『偉大おほいなるかな、しゆ、ダニエルのかみよ、なんぢのほかにかみあることなし。』
42 しかしてわうダニエルを引出ひきいだし、かれほろぽさん
とて洞窟ほらあなれたるものらを其處そことうじたるに、かれらはまたゝに、わうまへにてくらつくされたり。