コンテンツにスキップ

フランスにおける内乱/第3章

提供:Wikisource


III.

3月18日の夜明け、パリは「コミューン万歳!」の雷鳴に包まれて目覚めた。資本家の心をくすぐるあの鵺(ぬえ)、コミューンとは何だろう?

「パリの労働者は、3月18日のマニフェストの中で、「支配階級の失敗と反逆の中で、自分たちの手で公共の問題を処理することによって、状況を救うべき時が来たことを理解した」と述べている。. . . 彼らは、政府の権力を握ることによって、自分たちの運命の主人になることが、彼らの命令的な義務であり、彼らの絶対的な権利であることを理解した。しかし、労働者階級は、単に、出来合いの国家機構を手に入れ、それを自分達の目的のために振り回すことはできない。

中央集権的国家権力は、常備軍、警察、官僚、聖職者、司法機関など、組織的で階層的な分業の計画に従って作られた、どこにでもある機関とともに、絶対王政の時代から生まれ、封建主義との闘いにおける強力な武器として、新生中産階級社会に奉仕してきた。しかし、その発展は、中世のあらゆるゴミ、君主権、地方特権、市やギルドの独占権、地方憲法によって阻まれたままであった。18世紀のフランス革命の巨大な箒は、これらの過ぎ去った時代の遺物をすべて一掃し、第一帝政の下で建設された近代国家の上部構造に対する最後の障害物を、社会の土壌から同時に除去した。その後の政権において、政府は議会の支配下に置かれ、つまり、資産家階級の直接の支配下に置かれたが、巨額の国家債務と圧搾税の温床となっただけでなく、地位、名誉、後援という抗しがたい魅力によって、支配階級の対立する派閥や冒険家たちの争いの種になっただけでなく、社会の経済の変化と同時にその政治的性格も変化していったのである。近代産業の進歩が、資本と労働の間の階級的対立を発展、拡大、激化させるのと同じ速度で、国家権力は、ますます、労働に対する資本の国家権力、社会的奴隷化のために組織された公的権力、階級専制主義のエンジンの性格を帯びるようになった。階級闘争の進歩的段階を示すすべての革命の後、国家権力の純粋に抑圧的な性格が、ますます大胆に浮き彫りにされるようになった。1830年の革命は、地主から資本家への政府の移譲をもたらし、それを、労働者のより遠い敵対者からより直接的な敵対者へと移したのである。二月革命の名のもとに国家権力を掌握した資本家共和主義者は、6月の大虐殺にそれを利用した。「社会的」共和国とは、彼らの社会的服従を保証する共和国であると労働者階級に信じさせるために、また、資本家と地主階級の大部分の王党派に、政府の面倒と報酬を資本家「共和党」に任せても安全だと信じさせるために、であった。しかし、6月の英雄的な活躍の後、資本家共和党は、前線から「秩序の党」の後方に後退しなければならなかった。彼らの株式会社政府の適切な形態は、ルイ・ボナパルトを大統領とする議会制共和国であった。彼らの政権は、階級的テロリズムを公言し、「下劣な多数派」に対する意図的な侮辱を行うものであった。ティエール将軍が言ったように、議会制共和国が「彼ら(支配階級のさまざまな分派)を最も小さく分割した」のであれば、その分派の外にいる社会全体との間に奈落の底を開くことになった。そして、労働者の脅威的な動揺を考慮して、彼らは、今や、国家権力を、労働に対する資本の国家戦争機関として、無慈悲に、誇示的に使用している。しかし、生産大衆に対する彼らの絶え間ない十字軍において、彼らは、行政に絶えず増大する抑圧の権限を与えるだけでなく、同時に、彼らの議会の砦である国民議会から、行政に対する自らの防衛手段を一つずつ奪っていかねばならなかった。行政府は、ルイ・ボナパルトという人物をもってして、彼らを追い出した。秩序の党」共和国の自然な産物が、第二帝政である。

帝国は、クーデターを出生証明書とし、普通選挙を承認とし、剣を笏として、資本と労働の闘いに直接関与していない生産者の大群である農民の上に立つことを公言していた。議会主義を打破することによって、労働者階級を救うと公言し、議会主義とともに、政府の有産階級への露骨な従属を打破すると公言した。また、労働者階級に対する経済的優位性を維持することによって、資産家階級を救うと公言した。そして最後に、国家の栄光という幻想をすべての人々のために復活させることによって、すべての階級を団結させると公言したのであった。実際には、資本家階級がすでに国家を支配する能力を失い、労働者階級がまだその能力を獲得していなかった時代に、唯一可能な政府の形態であった。それは、社会の救世主として世界中で絶賛された。資本家社会は、その支配のもとで、政治的な心配から解放され、自分たちでも思いもよらない発展を遂げた。その産業と商業は巨大な規模に拡大し、金融詐欺はコスモポリタンの乱痴気騒ぎを祝い、大衆の悲惨さは、豪華で気取った、堕落した贅沢の恥知らずな展示で彩られた。国家権力は、社会の上に高くそびえ立っているように見えるが、同時にそれ自身が社会の最大のスキャンダルであり、あらゆる腐敗の温床であった。国家権力自身の腐敗と、国家権力が救った社会の腐敗は、プロイセンの銃剣によってむき出しにされ、その政権の最高所在地をパリからベルリンに移そうと躍起になっていたのである。帝国主義は、同時に、新生中産階級社会が封建制からの解放の手段として練り上げ、成長した資本家社会が最終的に、資本による労働の奴隷化の手段に変えた国家権力の最も娼婦的で究極的な形態である。

帝国に対する直接的なアンチテーゼがコミューンであった。2月革命が、パリの労働者階級によって先導された「社会共和国」の叫びは、階級支配の君主的形態に取って代わるだけでなく、階級支配そのものである共和国を求めるあいまいな願望を表現したに過ぎなかった。コミューンは、その共和国の積極的な形態であった。

旧来の政府権力の中心地であり、同時にフランス労働者階級の社会的拠点であるパリは、ティエールとルーラルが帝国から遺された旧来の政府権力を回復し永続させようとしたことに対して、武装して立ちあがったのである。パリが抵抗できたのは、包囲の結果、軍隊を排除し、その代わりに労働者からなる国民衛兵を置いたからにほかならない。この事実は、今、制度に変えられようとしていた。したがって、コミューンの最初の命令は、常備軍を抑制し、武装した人民をそれに代えるというものであった。

コミューンは、町のさまざまな区で普通選挙によって選ばれた市会議員で構成され、責任を負い、短期間で撤回することができた。そのメンバーの大半は、当然ながら労働者であるか、労働者階級の代表者であると認められていた。コミューンは、議会ではなく労働者団体であり、執行と立法を同時に行うものであった。警察は、中央政府の代理人であり続ける代わりに、すぐにその政治的属性を取り除き、責任ある、いつでも取り消し可能なコミューンの代理人になった。行政の他のすべての部門の役人も同様であった。コミューンのメンバーから下は、公共サービスを労働者の賃金で行わなければならなかった。国の高官の既得権益と代表手当は、高官自身とともに姿を消した。公共機能は、中央政府の道具の私有財産ではなくなった。市政だけでなく、それまで国が行使してきたすべての主導権がコミューンの手に委ねられたのである。

旧政府の物理的な力である常備軍と警察をいったん排除した後、コミューンは、すべての教会を所有権のある団体として分離・寄贈することによって、抑圧の精神的な力である「牧師権」を断ち切ろうとした。司祭は私生活の奥深くに追いやられ、そこで先達である使徒に倣って信者の施しを糧とするようになった。教育機関のすべては、人々に無償で開放され、同時に教会と国家の干渉が一切排除された。こうして、教育はすべての人にアクセスできるようになっただけでなく、科学そのものが、階級的偏見や政府の力が課していた束縛から解放されたのである。

司法官は、忠誠の誓いを立て、それを破ってきたすべての後継政府への屈辱的な従属性を覆い隠すのに役立ってきた、見せかけの独立性から切り離されることになったのです。他の公務員と同様に、判事と裁判官も選挙で選ばれ、責任を負い、取り消しが可能であるべきだった。

パリ・コミューンは、もちろんフランスのすべての大工業都市の模範となるものであった。パリと第二の都市に共同体体制が確立されれば、地方においても、古い中央集権的な政府は、生産者の自治に道を譲らなければならなくなるだろう。コミューンが作成する暇もなかった国家組織の大まかなスケッチには、コミューンが最も小さな田舎の村落の政治形態となること、農村地区では常備軍に代わって、極めて短い任期を持つ国民民兵となることが明確に記されている。各地域の農村コミューンは、中央の町にある代議員の集会によって共通の事務を管理し、これらの地区集会は再びパリの国民代表団に代議員を送ることになったが、各代議員はいつでも撤回可能で、その構成員のマンダ・インペラティフ(公式指示)に拘束される。中央政府に残されたわずかな、しかし重要な機能は、これまで意図的に誤って説明されてきたように、抑制されるのではなく、共同体の、したがって厳密に責任を負う代理人によって遂行されることになったのである。国家の統一は、壊されるのではなく、逆に、共同体憲法によって組織され、国家権力は、国家自体から独立して、その統一を体現し、それよりも優れていると主張し、それは、寄生的な逸脱物に過ぎなかったが、それを破壊することによって現実となるものであった。旧来の政府権力の単なる抑圧的な器官は切断される一方で、その正当な機能は、社会そのものに対する優位性を簒奪する権威から奪取され、社会の責任ある主体に回復されることになったのである。3年か6年に一度、支配階級のどの議員が議会で国民を誤魔化すかを決める代わりに、普通選挙は、個人選挙が他のすべての雇用者が自分の事業の労働者や経営者を探すのに役立つように、コミューンで構成される国民に役立つものでなければならないのだ。そして、企業も個人と同様、実際のビジネスにおいては、一般に、正しい人を正しい場所に配置する方法を知っており、一旦間違いを犯したとしても、それを速やかに是正することができることは、よく知られている。一方、普通選挙に代わって階層的な任命が行われることほど、コミューンの精神から逸脱していることはない。

一般に、まったく新しい歴史的創造物が、古い、あるいは消滅した社会生活の形態の対応するものと誤解されるのは、それが一定の類似性を持っていたとしても、その宿命といえるだろう。したがって、近代の国家権力を打ち破るこの新しいコミューンは、その国家権力に先行し、その後その基盤となった中世のコミューンの再生産であると誤解されているのである。 -コミューン憲法は、モンテスキューやジロンダンが夢見たような小さな国家の連合体に分裂させようとする試みと誤解されている。特殊な歴史的状況によって、フランスのように、資本家的な統治形態の古典的な発展が妨げられ、イギリスのように、町では、腐敗した林務官、職を得た評議員、凶暴な貧民保護官、郡では事実上の世襲判事によって、大きな中央国家機関が完成することが許されたかもしれないのである。共同体憲法は、社会の自由な動きを妨げ、その上に寄生する国家に吸収されていたすべての力を、社会体に回復させるものであった。フランスの地方の中流階級は、ルイ・フィリップの時代に自分たちの秩序が国に対して持っていた影響力を、ルイ・ナポレオンの時代に国が町に対して持っていた影響力に取って代わられたことを、コミューンの中に取り戻そうとする試みであると考えたのである。コミューン憲法は、実際には、農村の生産者をその地区の中心都市の知的指導力の下に置き、そこで、労働者の中に、彼らの利益の自然な信託者を確保するものであった。血と鉄の陰謀に携わっていないときは、いつも『ベルリン・パンチ』の寄稿者という、彼の精神的才能にふさわしい古い仕事を再開したがるビスマルクの頭には、パリ・コミューンに、1791年のフランスの古い自治体組織の戯画、プロシア国家の警察機械における単なる副輪に町政府を貶めるプロシア自治体憲法にならった願望が入るだけなのであろう。 -コミューンは、資本家革命のキャッチフレーズである「安い政府」を、常備軍と国家機能主義という2つの最大の支出源を破壊することによって、現実のものとしたのである。その存在そのものが、少なくともヨーロッパでは、階級支配の通常の障害物であり不可欠な外套である王政の非存在を前提にしていた。それは、共和国に、真に民主的な制度の基礎を提供するものであった。しかし、安上がりな政府も「真の共和国」も、その究極の目的ではなく、単なる付随物であった。

コミューンが受けた解釈の多様性と、自分たちに有利に解釈した利害関係者の多様性は、それまでのすべての政治形態が強調的に抑圧的であったのに対し、それが徹底的に拡大された政治形態であったことを示している。その真の秘密はこれであった。それは、本質的に労働者階級の政府であり、横領階級に対する生産階級の闘争の成果であり、労働の経済的解放を実現するために、ようやく発見された政治形態であった。

この最後の条件を除いては、共同体憲法は、不可能であり、妄想であったろう。生産者の政治的支配は、彼の社会的奴隷制の永続と共存することはできない。したがって、コミューンは、階級の存在、したがって階級支配の基礎となっている経済的基盤を根こそぎ破壊するためのテコとして機能するものであった。労働が解放されれば、すべての人が労働者となり、生産的労働は階級的属性ではなくなります。

これは奇妙な事実である。過去60年間、労働の解放について、あらゆる大言壮語とあらゆる膨大な文献があったにもかかわらず、労働者がどこであれ、意志をもってこのテーマを自分たちの手にするやいなや、すべての労働者が一斉に蜂起した。資本と賃金奴隷(現在、地主は資本家の眠れるパートナーに過ぎない)という2つの極を持つ現在の社会の口先だけの弁明が、資本主義社会がまだ最も純粋な処女の状態にあり、その対立はまだ発展しておらず、その妄想はまだ爆発しておらず、その売春の現実はまだむき出しになっていないかのように、一気に立ち上がるのである。コミューンは、すべての文明の基礎である財産を廃止するつもりだ!」と、彼らは叫ぶ。そうです、コミューンは、多数の労働を少数の富にする階級的財産を廃止することを意図していたのです。それは、収奪者の収奪を目指した。それは、土地と資本という生産手段を、現在主として労働を奴隷化し搾取する手段から、自由で結びついた労働の単なる道具に変えることによって、個人財産を真実にしようとしたのだ。なぜかというと、支配階級のメンバーの中で、現在の体制を継続することの不可能性を認識するのに十分な知性のある人たち-彼らは多数いる-は、共同生産の邪魔で口ばかりの使徒になっているからである。もし、協同生産が、見せかけや罠のままで終わらないならば、もし、資本主義体制に取って代わるならば、もし、統一された協同組合が、共通の計画に基づいて国民生産を規制し、それによって、それを自らの管理下に置き、資本主義生産の宿命である不断の無秩序と周期的な混乱に終止符を打つならば、諸君、それは、共産主義、「可能な」共産主義以外に何があるだろうか。

労働者階級は、コミューンに奇跡を期待してはいない。彼らは、人民の決定によって導入される既成のユートピアを持っていない。彼らは、自分たちの解放を実現するために、そして、それとともに、現在の社会がそれ自身の経済的機関によって抗しがたいほど傾向づけられているより高い形態を実現するために、長い闘争、一連の歴史的過程、状況や人間の変容を通過しなければならないことを知っているのである。彼らは、実現すべき理想を持たず、崩壊しつつある古い資本家社会自身が孕んでいる新しい社会の要素を解放することである。彼らの歴史的使命の秋の自覚と、それに従って行動する英雄的決意とによって、労働者階級は、ペンと印籠を持った紳士淑女の粗暴な非難や、科学的無謬性のお説教調で彼らの無知な平凡さと宗派の股間を注ぐ、好意的資本家教化者の教化的後援を微笑む余裕があるのである。

パリ・コミューンが革命の運営を自らの手にしたとき。平凡な労働者が初めて「自然の上位者」である政府の特権を侵害する勇気を持ち、比類ない困難な状況下で、慎み深く、良心的、かつ効率的に仕事をこなし、その最高給与がやっと5分の1になるような給料で仕事をこなしたとき。旧世界は、オテル・ド・ビルを覆う労働共和国の象徴である赤旗を見て、怒りに震え上がった。

しかし、これは、労働者階級が、パリの中産階級の大部分、すなわち店主、商人、商人(裕福な資本家だけは例外)にとってさえ、社会的イニシアチブをとることができる唯一の階級であると公然と認められた最初の革命であった。コミューンは、中産階級自身の間で常に繰り返される紛争の原因である債務者と債権者の勘定を賢明に解決することによって、彼らを救ったのである。中産階級の同じ部分は、1848年6月の労働者の反乱の鎮圧に協力した後、当時の立憲議会によって無情にも債権者の生贄とされた。しかし、彼らが今、労働者階級に結集する動機は、これだけではなかった。彼らは、コミューンか帝国か、それがどのような名前で再登場しようとも、一つの選択肢しかないと感じていた。帝国は、公共の富を大混乱に陥れ、金融詐欺を助長し、資本の集中化を人為的に加速し、それに伴って自分たちの階級を収奪するための支柱となり、彼らを経済的に破滅させた。それは、政治的に彼らを抑圧し、その乱痴気騒ぎによって道徳的にショックを与え、子供たちの教育をイグノランタン兄弟に委ねることによって、彼らのヴォルテール主義を侮辱し、それが作った廃墟にただ一つの価値しか残さない戦争に真っ逆さまに彼らを駆り立て、フランス人としての彼らの国民感情を逆なでするものだった--帝国の消滅である。実際、高位のボナパルティストと資本家のボヘムがパリから脱出した後、真の中産階級の秩序党が「共和国同盟」の形で現れ、コミューンの旗の下に身を置き、ティエールの意図的な誤解からコミューンを擁護している。この中産階級の大きな組織の感謝の念が、現在の厳しい試練に耐えられるかどうかは、時間が解決してくれるだろう。

コミューンが農民たちに「勝利は彼らの唯一の希望だ」と言ったのは、まったく正しいことだった。ヴェルサイユで作られ、栄光のヨーロッパのペニーアライナーによって繰り返されたあらゆる嘘のうち、最も恐ろしいものの一つは、ルーラルがフランスの農民を代表しているというものであった。フランスの農民が、1815年以降、何百万ドルもの賠償金を支払わなければならなかった相手に対して抱いていた愛情を考えてみてください。フランスの農民の目には、大土地所有者の存在そのものが、1789年の彼の征服に対する侵害に映るのである。ブルジョワは、1848年に、自分の土地に1フラン45セントの追加税を課したが、その時は、革命の名の下にそれを行った。一方、今度は、革命に反対する内戦を煽って、プロシアに支払うべき500万ドルの賠償金の重荷を農民の肩に負わせようとしている。一方、コミューンは、その最初の宣言の一つで、戦争の真の元凶はその代償を払わされることになると宣言した。コミューンは、農民を血税から解放し、安い政府を与え、現在の吸血鬼である公証人、弁護人、遺言執行者、その他の司法関係者を、農民自身が選出し、責任を負う給与所得者の共同体代理人に変身させることができたのであった。そうすれば、ガルド・シャンペトル、憲兵、県知事の専制政治から解放され、司祭による教化の代わりに、校長による啓蒙が行われることになるでしょう。そして、フランスの農民は、何よりも計算ができる人です。彼は、司祭の報酬が徴税官から強要されるのではなく、教区民の宗教的本能の自発的な働きによってのみ決定されることが極めて合理的であると考えるだろう。コミューンの支配が、そしてその支配だけが、フランスの農民にもたらした直接的な恩恵は、このようなものであった。したがって、ここで、コミューンだけが農民のために解決することができ、同時に解決せざるを得なかった、より複雑だが重要な問題、すなわち、彼の土地の小区画にインキュバスのように横たわる抵当債、その上に日々成長する労働者階級・フォンシエ(農村労働者)、近代農業の発達と資本主義農業の競争によってますます急速に強まる彼の収用について解説することは全く不要である。

フランスの農民は、ルイ・ボナパルトを共和国の大統領に選んだが、秩序の党は帝国を作り上げた。フランスの農民が本当に欲しいものは何か、彼は1849年と1850年に、自分のメアを政府の県知事に、自分の学校の校長を政府の司祭に、そして自分自身を政府の憲兵に反対させることによって、示し始めたのである。1850年1月と2月に秩序の党が作った法律はすべて、農民に対する抑圧策であることが公然となっていた。農民はボナパルティストであり、偉大な革命は、彼にとってあらゆる利益をもたらすものであり、彼の目には、ナポレオンに擬人化されているように映ったからである。この妄想は、第二帝政期には急速に崩壊し(その性質上、農村に敵対していた)、この過去の偏見は、農民の生活利益と緊急の欲求に対するコミューンの訴えにどうして耐えられたのだろうか。

地方人は、実際、これが彼らの最大の懸念であったが、パリ共同体の地方との自由な通信が3ヶ月続けば、農民の総蜂起が起こることを知っていた。それゆえ、彼らは、牛疫の蔓延を阻止するために、パリ周辺に警察の封鎖を設けることを懸念していたのである。

このように、コミューンがフランス社会の健全なすべての要素の真の代表であり、したがって真の国民政府であるとすれば、それは同時に、労働者の政府として、労働解放の大胆な擁護者として、きわめて国際的なものであったといえる。フランスの2つの地方をドイツに併合したプロイセン軍を目の前にして、コミューンは、世界中の労働者をフランスに併合したのである。

第二帝政は、国際的なブラックレギズムの祭典であり、あらゆる国の労働者が、その呼びかけに応じて、乱交やフランス人民の略奪に参加するために殺到していた。この瞬間にも、ティエールの右手は汚らわしいワラキアのガネスコであり、左手はロシアのスパイ、マルコフスキである。コミューンはすべての外国人に、不滅の大義のために死ぬという名誉を認めた。資本家階級は、彼らの反逆によって失われた外国の戦争と、外国の侵略者との共謀によって引き起こされた内戦の間に、フランスでドイツ人に対する警察官狩りを組織することによって、彼らの愛国心を示す時間を見つけていたのである。コミューンは、ドイツ人労働者を労働大臣に任命した。ティエール、資本家階級、第二帝政は、大声で同情的であると公言することによって、ポーランドを絶えず欺いてきたが、実際には、ポーランドをロシアに裏切り、ロシアの汚れ仕事をやっていたのである。コミューンは、ポーランドの英雄的な息子たちをパリ防衛隊の先頭に立たせることによって、彼らを称えた。そして、一方では征服するプロイセン軍、他方ではボナパルティストの将軍に率いられたボナパルティスト軍が見守る中、コミューンは、歴史の新しい時代の始まりを意識して、武勲の巨大な象徴であるヴァンドーム柱を引き倒したのである。

コミューンの偉大な社会的措置は、コミューン自身の労働者としての存在であった。その特別な措置は、人民による人民の政府という傾向を示すものでしかなかった。例えば、パン職人の夜間労働の廃止、使用者が様々な口実で労働者に罰金を課して賃金を引き下げること、つまり、使用者が立法者、裁判官、執行者の役割を自分自身で兼任し、その上、金を詐取する行為の罰則付き禁止であった。この種のもう一つの措置は、資本家が逃亡したか、ストライキを希望したかにかかわらず、閉鎖されたすべての作業場と工場を、補償金積立のもとに労働者組合に引き渡すことであった。

コミューンの財政措置は、その賢明さと節度において注目に値するものであったが、包囲された町の状態に適合するものでなければならなかった。オスマンの保護下にある大金融会社や請負業者がパリ市に対して行った巨大な強盗行為を考えると、コミューンは、ルイ・ナポレオンがオルレアン一族に対して行ったよりもはるかに優れた財産没収の権利を持っていたはずであった。ホーエンツォレルン家もイギリス王室も、その財産のかなりの部分を教会の略奪から得ていたため、コミューンが世俗化から8000フランを差し引いたことに大きな衝撃を受けたのはいうまでもない。

ヴェルサイユ政府は、気力と体力を取り戻すや否や、コミューンに対して最も暴力的な手段を取り、フランス全土での自由な意見の表明を封じ、大都市の代表者たちの集会を禁止することさえ行った。ヴェルサイユとフランスの他の地域を、第二帝政期をはるかにしのぐスパイ活動の対象とした。国民議会では、パリのために発言しようとする最も臆病な試みが、1816年の「内通者会議」でも経験したことのないような方法で打ちのめされ、外ではヴェルサイユの野蛮な戦いがあり、パリでは汚職と陰謀が企てられ、コミューンは、深遠なる平和の時代のように、あらゆる自由主義の礼儀と体裁を保つようなことをして、恥ずかしながらその信頼を裏切ってはならなかっただろうか? もしコミューンの政府がティエール将軍のようなものであったなら、ヴェルサイユで共産党の論文を弾圧したように、パリで党派の論文を弾圧する機会もなかっただろう。

ルラル派の人々が、教会への復帰がフランスを救う唯一の手段であると宣言したまさにその時、異端者であるコミューンがピクパス修道院とサンローラン教会の独特な神秘を掘り起こしたことは、実に苛立たしいことであった。ティエール将軍は、ボナパルティスト派の将軍たちが戦いに敗れ、降伏に調印し、ヴィルヘルムシェーエでタバコを吸ったことを認めて大十字架を授与したが、コミューンは将軍たちが職務怠慢の疑いをかけられるたびに解任し逮捕したのは風刺であった。偽名で入国し、リヨンで破産して6日間投獄されたメンバーの一人が、コミューンから追放され、逮捕されたのは、当時まだフランスの外相であり、ビスマルクにフランスを売り、ベルギーの模範政府に命令を出していた偽者ジュール・ファーヴルに対する故意の侮辱ではなかったか?しかし、実際、コミューンは、旧来の政府の不変の特徴である無謬性をふりかざしてはいなかった。コミューンは、その言動を公表し、その欠点をすべて国民に知らせたのである。

ある者は、過去の革命の生き残りであり、現在の運動に対する洞察力を持たず、しかし、その知られた誠実さと勇気によって、あるいは伝統の力によって、大衆の影響力を保持している。3月18日以降、そのような人々も現れ、場合によっては傑出した役割を果たすようになった。彼らの力が及ぶ限り、彼らは、労働者階級の真の行動を妨げた。まさに、その種の人々が、以前のあらゆる革命の完全な発展を妨げたように。彼らは、避けられない悪であり、時とともに振り払われるが、コミューンには時が与えられなかった。

コミューンがパリにもたらした変化は、実に驚くべきものであった。もはや、第二帝政期の威厳のあるパリは跡形もない。もはやパリは、イギリスの地主、アイルランドの留守居人、アメリカの元奴隷所有者や粗末な男たち、ロシアの元奴隷所有者、ワラキアのボヤードたちの集う場所ではなくなっていたのだ。実際、1848年2月の時代以来初めて、パリの街は安全であり、しかも何の警察も存在しなかったのである。「警察が保守的な友人たちを引き連れてヴェルサイユに向かったかのようである」。ココットたちは、自分たちを守ってくれる人たち、すなわち家族、宗教、そして何よりも財産を守る人たちの匂いを再び嗅ぎつけたのだ。その代わりに、パリの真の女性たちが、古代の女性たちのように、英雄的で、高貴で、献身的な姿を再び表舞台に現したのである。働き、考え、戦い、血を流すパリは、新しい社会の孵化のために、門前の食人鬼のことをほとんど忘れていたが、その歴史的なイニシアチブの熱意に燃えていた。

このパリでの新世界に対抗して、ヴェルサイユでの旧世界を見よ。この旧世界には、国家の死骸を食い物にしようと躍起になっている、すべての消滅した政権の亡霊、正統派とオルレア派が集まっており、前時代の共和主義者の尾を引いて、議会に出席することによって、奴隷所有者の反逆を承認している。議会は、奴隷所有者の反乱を承認し、議会制共和国の維持のために、その長である老人の虚栄心に依存し、ジュ・ド・ポームでおぞましい会合を開いて1789年を戯画化していたのである。そこには、フランスのあらゆる死者の代表であるこの議会が、ルイ・ボナパルトの将軍たちの剣だけで、生きているかのような姿に支えられていた。パリはすべて真実、ヴェルサイユはすべて嘘、そしてその嘘はティエールの口を通して吐き出された。

ティエールはセーヌ・エ・オワーズの市長の代表団に、「私の言葉を信じてください、私は一度も破ったことがありません!」と言い放った。彼は議会で「フランスで最も自由に選出され、最も自由な議会だ」と言い、雑多な兵士たちに「世界の賞賛であり、フランスで最も素晴らしい軍隊だ」と言い、地方には「自分によるパリ砲撃は作り話だ、大砲が撃たれたとしたら、それはヴェルサイユ軍の仕業ではなく、反乱軍が顔を出さずに戦っていると思い込ませようとしているのだ」と言い放つ。また、「ヴェルサイユの大砲はパリを砲撃するのではなく、大砲を打ち込むだけだ」と地方に伝えている。パリ大司教には、ヴェルサイユ軍の仕業と見せかけた処刑や報復(!)はすべて密造であると告げる。彼はパリに、自分はただ「パリを圧迫する恐ろしい暴君からパリを解放したいだけだ」と言い、実際、コミューンのパリは「一握りの犯罪者に過ぎない」と言ったのである。

ティエールのパリは ティエールのパリは、「下劣な大衆」の本当のパリではなく、フランス人フィレユールのパリ、男女の大通りのパリ、金持ち、資本家、金ピカ、怠惰なパリで、今やヴェルサイユ、サン=ドニ、リュイール、サン=ジェルマンにその下僕、黒脚、文学者、ココットたちが群がっている幻のパリだったのである。内戦を楽しい気晴らしと考え、望遠鏡で戦況を眺め、大砲の弾を数え、自分たちの名誉と娼婦たちの名誉にかけて、サン・マルタン門で行われるよりずっといい演奏だと誓っている。マーティン。倒れた人は本当に死んでいたし、負傷した人の叫び声は真剣そのもの、その上、全体がとても歴史的だった。

これはティエールのパリであり、コブレンツの移民がド・カロンヌのフランスであったのと同じである。

脚注[編集]


この作品は1929年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。

 

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。