コンテンツにスキップ

フランスにおける内乱/第1章

提供:Wikisource


ヨーロッパとアメリカにおけるヨーロッパとアメリカの協会の全会員へ

I.

1870年9月4日、パリの労働者たちが共和国を宣言し、それがほとんど即座にフランス全土で異論を唱えることなく受け入れられたとき、政治家ティエールと将軍トロシューを擁する場所取りの法廷弁護士たちが、オテル・ド・ビルを掌握していたのです。当時、彼らは、あらゆる歴史的危機の時代においてフランスを代表するパリの使命を狂信的に信じており、フランス総督としての簒奪された肩書を正当化するには、パリの代表として失効した委任状を提出すれば十分と考えていたのである。後期戦争に関する2回目の講演で、これらの人物が台頭してから5日後に、彼らが誰であったかをお話ししました。しかし、驚きの混乱の中で、労働者階級の真の指導者たちがまだボナパルティストの監獄に幽閉され、プロイセンがすでにパリに進撃している中、パリは、国防という唯一の目的のために行使されるという明確な条件のもとに、彼らの権力の獲得に耐え忍んだのです。しかし、パリは、労働者階級を武装させ、彼らを効果的な軍隊に組織し、戦争そのものによって彼らの隊列を訓練することなしには、防衛することはできないのであった。しかし、パリが武装することは、革命が武装することであった。プロシアの侵略者に対するパリの勝利は、フランスの資本家とその国家寄生虫に対するフランスの労働者の勝利であったろう。国民的義務と階級的利益との間のこの対立において、国防政府は、一瞬たりとも躊躇することなく、国民的離反の政府に転化した。

彼らがとった最初の措置は、ティエールをヨーロッパのすべての宮廷を巡回させ、共和国と王との交換を申し出て仲介を求めることであった。包囲が始まってから4ヵ月後、降伏の第一声を発する好機が到来したと考えたトレシューは、ジュール・ファーブルや同僚たちの前で、集まったパリの市長たちに向かって次のように演説した。

「9月4日の夜、同僚たちが私に投げかけた最初の質問はこうだった。パリは、プロイセン軍の包囲に成功する見込みがあるのか?私は迷わず否定的に答えました。ここにいる私の同僚の何人かは、私の言葉の真実と私の意見の持続を保証してくれるでしょう。私はまさにこの言葉で、現在の状況下では、パリがプロイセン軍の包囲に耐えようとするのは愚の骨頂であると告げたのです。間違いなく、英雄的な愚行ではあるが、それだけである。. . . . しかし、このような事態は、私の予感を裏切るものではありませんでした」。このトロチューの小気味よい演説は、その後、出席した市長の一人であるコルボンによって発表された。

こうして、共和国公布のまさにその夜、トロシューの「計画」は、パリ降伏であることが同僚たちに知れ渡ったのである。もし国防がティエール、ファーブルらの個人的な統治のための口実以上のものであったなら、9月4日の反乱者たちは5日に退位していただろう--パリ市民にトロキュの「計画」を説明し、直ちに降伏するか、自らの運命を自らの手に委ねるよう呼びかけるはずだったのだ。その代わりに、悪名高い詐欺師たちは、パリの英雄的愚行を飢饉と骨折の治療法で治そうと決意し、その間、「パリ総督のトロシューは決して降伏しない」、外務大臣のジュール・ファーヴルは「我が領土は一インチも譲らないし、我が要塞の石一つも譲らない」とわめき散らすマニフェストで彼女をだますことにしたのである。そのジュール・ファーブルがガンベッタに宛てた手紙の中で、自分たちが「防衛」しているのはプロイセン兵ではなく、パリの労働者であることを明言している。トロシューが賢明にもパリ軍の指揮を任せたボナパルティストの悪党たちは、包囲が続く間中、親密な手紙の中で、よく理解されている防衛のあざとさに対するつまらないジョークを交わしていた(たとえば、アルフォンス・シモン(Alphonse Simon)の手紙を参照のこと。例えば、パリ防衛軍砲兵最高司令官でレジオン・ドヌール勲章を受章したアルフォンス・シモン・ギオドが砲兵師団長シュザンヌに宛てた書簡(コミューンの「ジャーナル・オフィシャル」が発行したもの)などがある。1871年1月28日、ついに偽りの仮面が剥がされた。国民防衛政府は、完全な自己卑下という真のヒロイズムをもって、降伏の際に、ビスマルクの捕虜によるフランス政府であることを表明したのである。3月18日の出来事の後、ヴェルサイユへの乱暴な逃走の際、首領たちは自分たちの反逆の証拠をパリの手に残し、コミューンが地方への檄文で述べたように、それを破壊するために「あの男たちはパリを血の海で洗って廃墟の山にすることに抵抗はないだろう」と言った。

国防政府の主要メンバーがこのような結末を熱望するのには、さらに、彼ら自身の最も特異な理由があった。

休戦協定が結ばれて間もなく、ドイツ軍兵士の一人であったミリエール氏は、このような事態を招いた。ジュール・ファーブルの命令で射殺されたパリ国民議会代表の一人、ミリエール氏は、アルジェに住む酒飲みの妻と妾生活を送るジュール・ファーブルが、大胆な捏造を重ね、何年にもわたって偽造を繰り返してきたことを示す一連の本物の法律文書を発表した。ジュール・ファーブルは、アルジェに住む酒飲みの妻と妾腹で暮らしながら、長年にわたって、姦通した子供たちの名で多額の遺産を手に入れ、金持ちになり、正当な相続人が起こした訴訟では、ボナパルト主義の法廷の共謀によってのみ、その暴露を免れていたことを証明するものだ。これらの乾いた法的文書は、いくら美辞麗句を並べたところでどうにもならないので、ジュール・ファーブルは生まれて初めて口をつぐみ、静かに内戦の勃発を待ち、それから必死にパリ市民を、家族、宗教、秩序、財産に対して完全に反抗する脱獄囚の一団として非難することにしたのである。この贋作者は、9月4日以降、ほとんど権力を握ることなく、「エタンダル」というスキャンダラスな事件で、帝政時代にも贋作者として有罪判決を受けたピックとタイユフェールを同情的に社会に放逐した。そのうちの一人、タイユフェールは、コミューンの下でパリに戻る勇気を示したが、すぐに刑務所に戻され、ジュール・ファーブルは国民議会の壇上から、パリは囚人をすべて解放していると叫んだ

国防政府のジョー・ミラー、帝国の内務大臣になるための努力もむなしく共和国の財務大臣に任命されたアーネスト・ピカールは、アルチュール・ピカールの弟であり、彼はパリ取引所から黒幕として追放され(1867年7月13日の警察庁の報告参照)、自らの自白により、パレストロ通り5番地のソシエテジェネラルの支店長時代に30万フランの窃盗で有罪になった者である(1867年7月13日、警察庁の報告書)。5にあるソシエテ・ジェネラルの支店長をしていたときに、30万フランを盗んだと自白した(1868年12月11日の警察庁の報告書を参照)。このアルチュール・ピカールは、エルネスト・ピカールによって、彼の論文『ルレクトール・リーブル』の編集者となった。一般的な株式取引業者がこの大蔵省新聞の公式な嘘に惑わされている間、アルトゥールは大蔵省と取引所の間を行ったり来たりして、フランス軍の災難を割り引くために働いていたのである。あの立派な兄弟の金銭的なやり取りは、すべてコミューンの手に渡ったのである。

9月4日以前は無一文の弁護士だったジュール・フェリーは、包囲中のパリ市長として、飢饉から一財産を得ようと企んでいた。その日、彼は自分の悪政について説明しなければならなくなり、有罪判決を受けることになる。

このような人物は、パリの廃墟の中でしか出国券を手に入れることができず、ビスマルクがまさに求めていた人物であった。カードのシャッフルにより、これまで政府の秘密の推進役であったティエールが、今や政府のトップに立ち、閣僚に離脱券を持つ男たちが登場した。

あの怪物のような小人であるティエールは、ほぼ半世紀にわたってフランスのブルジョアジーを魅了してきた。なぜなら、彼は彼ら自身の階級的腐敗を最も完璧な形で知的表現しているからである。彼は政治家になる前に、すでに歴史家としてその嘘のような力を証明していた。彼の公生涯の年代記は、フランスの不幸の記録である。1830年以前、彼は共和派と結託し、庇護者ラフィットを裏切り、聖職者に対する暴動を煽って王に取り入り、サンジェルマン教会と大司教館を略奪し、ベリ公爵夫人に対するスパイとして、またその監察官として、ルイ・フィリップ政権下に潜り込んだのである。トランスノナン通りでの共和主義者の虐殺と、それに続く9月の報道と結社の権利に関する悪法は、彼の仕業であった。1840年3月に内閣の首班として再び登場した彼は、パリを要塞化する計画でフランスを驚かせた。この計画をパリの自由に対する不吉な陰謀であると非難する共和派に対して、彼は代議院の壇上からこう答えている。

「要塞化によって自由が脅かされるとは、何たることだ。まず第一に、あなたは政府がいつか首都を砲撃して自らを維持しようとする可能性があると仮定して、そのような政府を非難しています。実際、プロイセンに砦を明け渡した政府以外、砦からパリを砲撃する勇気のある政府はなかっただろう。

1848年1月、ボンバ王がパレルモに上陸しようとしたとき、当時退任して久しかったティエールは再び代議院に馳せ参じた。「諸君、パレルモで何が起きているか知っているだろう。皆さんは、パレルモで何が起こっているのか知っていますね。外国の敵が戦争の権利を行使したのでしょうか。いいえ、自国の政府によるものです。なぜか?その不幸な町が権利を要求したからです。では、その権利の要求のために、48時間の砲撃があったのだ。. . . . ヨーロッパの意見に訴えることを許可してください。おそらくヨーロッパで最も偉大な法廷から,このような行為に対する憤りの言葉[実際 の言葉]を発し,それを反響させることは,人類への奉仕となるのです。. . . . 祖国に奉仕したエスパルテロ摂政が(ティエールは決してそうしなかったが)、バルセロナの暴動を鎮圧するために砲撃しようとしたとき、世界各地から憤りの声が上がったのである」。

その18ヶ月後、ティエール氏はフランス軍によるローマ砲撃を最も激しく擁護していた一人である。実際、ボンバ王の過失は、砲撃を48時間に制限したことだけであったようだ。

2月革命の数日前、ギゾーから宣告された場所と報酬からの長い追放に心を痛め、民衆の騒動が近づいていることを嗅ぎ取ったティエールは、ミラボー・ムッシュというあだ名を得たあの偽英雄風のスタイルで、代議院でこう宣言した。「私はフランスだけでなく、ヨーロッパの革命党に属しています。私は、革命の政府が穏健派の手に残ることを望んでいます。しかし、その政府が熱烈な人々、さらには急進派の人々の手に落ちることがあっても、私は自分の大義を捨てないでしょう。私は常に革命の党に属します」。2月の革命が起こった。革命は、小人が夢見たようにギゾー内閣をティエール内閣に取って代わらせるのではなく、ルイ・フィリップを共和国に取って代わらせたのである。民衆の勝利の初日、彼は慎重に身を隠し、労働者たちの軽蔑によって彼らの憎悪から自分を守ることができることを忘れていた。それでも、伝説的な勇気をもって、6月の大虐殺が彼のような行動を可能にするまで、彼は公の舞台を避け続けていた。そして、「秩序の党」とその議会制共和国、つまり、支配階級のすべての対立する党派が人民を粉砕するために共謀し、それぞれの党派の王政を回復するために互いに共謀する匿名の空白期間の指導的頭脳になったのだ。当時も今も、ティエールは共和制を強化する唯一の障害として共和派を非難し、当時も今も、死刑執行人がドン・カルロスに語りかけるように、共和派に向かって「汝を暗殺するが、汝自身の利益のためである」と語りかけた。現在も当時と同様に、彼は勝利の翌日にこう言わなければならないでしょう。L'Empire est fait-帝国は完成したのだ。必要な自由についての偽善的な説教や、自分をカモにして議会主義を追い出したルイ・ボナパルトに対する私怨にもかかわらず、そしてその事実上の雰囲気の外では、小男は無に帰することを意識していたにもかかわらず、彼は第二帝国のすべての悪事に関わっていたのである。フランス軍によるローマ占領からプロイセンとの戦争に至るまで、彼はドイツ統一に対する激しい非難によって、プロイセン専制主義の隠れ蓑としてではなく、ドイツ統一におけるフランスの既得権に対する侵犯として、この戦争を引き起こした。彼の外交政策は、1841年のロンドン条約から1871年のパリ降伏、そして現在の内戦に至るまで、常にフランスを徹底的に貶めることに終始した。彼の才能の多才さと目的の移り変わりにもかかわらず、この男は生涯、最も化石的な日課に縛られてきた。彼にとって、現代社会の深い底流は永遠に隠されたままであったことは自明であるが、その表面上の最も明白な変化でさえ、活力のすべてが舌に逃げてしまった脳にとっては忌まわしいものであった。そのため、彼はフランスの古い保護制度からの逸脱を冒涜するものとして非難することに飽きなかった。ルイ・フィリップの大臣時代には、鉄道を荒唐無稽だと非難し、ルイ・ボナパルトの下での野党時代には、腐ったフランス陸軍制度を改革しようとするあらゆる試みを冒涜するものと烙印を押した。彼はその長い政治的キャリアの中で、実用的な手段を一つも、それも最も小さなものでさえ、犯したことがない。ティエールは、富に対する貪欲さと、富を生み出す人間に対する憎悪においてのみ、一貫していたのである。ルイ・フィリップのもとで、貧しいながらもヨブとして最初の省に入った彼は、億万長者として省を去った。同じ国王の下での最後の大臣(1840年3月1日付)では、下院での不正行為について世間から嘲笑を浴び、それに対して彼は、ジュール・ファーブルや他のワニのように自由に商品を扱う涙で満足するのであった。ボルドーで、差し迫った財政破綻からフランスを救うための最初の措置は、自分自身に年間300万ドルを寄付することであった。1830年の代議員会の元同僚で、自身も資本家でありながらパリ・コミューンの熱心なメンバーであったベスレーは、最近、公のプラカードでティエールにこう呼びかけた。「資本による労働者の奴隷化は、常にあなたの政策の基礎であり、オテル・ド・ビルに労働共和国が設置されたのを見たその日から、あなたはフランスに対して『彼らは犯罪者だ』と叫び続けているのです」。小国強盗の名人、偽証と反逆の名人、議会の党派闘争におけるあらゆる些細な策略、狡猾な仕掛け、卑劣な背信行為の職人であり、職を離れては革命を扇動し、国家の舵を取れば血でそれを押し殺すことに決して躊躇しない。階級的な偏見を思想の代わりにし、虚栄心を心の代わりにして、私生活も公生涯と同様に悪名高く、今でもフランスのスーラの役を演じるとき、自分の行為の醜悪さを誇張の嘲笑で相殺せずにはいられません。

パリの降伏は、パリだけでなく全フランスをプロイセンに明け渡すことによって、9月4日の簒奪者たちがまさにその日に始めた、長く続いていた敵国との反逆の陰謀を閉じたのだ、とトロキュ自身が述べている。その一方で、プロイセンの支援を得て、彼らが共和国とパリに対して行う内戦を開始させた。その罠は、まさに降伏の条件の中に仕掛けられていた。当時、領土の3分の1以上が敵の手中にあり、首都は地方から切り離され、すべての通信手段が混乱していた。このような状況下で、フランスの真の代表を選出することは、十分な準備期間が与えられない限り不可能であった。そのため、フランス各地では、選挙が間近に迫っているという知らせが前夜に届いただけであった。しかもこの国民議会は、講和か戦争かを決定し、最終的には講和条約を締結することを唯一の目的として選出されることが、条約に明記されていたのである。国民は、休戦協定によって戦争の継続が不可能になったこと、ビスマルクが押し付けた和平を承認したことで、フランスで最も悪い人間が最も良い人間であると感じざるを得なかったのである。しかし、ティエールは、休戦の秘密がパリに伝わる前から、地方を選挙するために視察に出かけ、オルレアン党とともに、当時は不可能だったボナパルティスト党に取って代わるべき正統派を再び活気づけるために、このような行動に出た。彼は彼らを恐れていなかった。近代フランスの政府としては不可能であり、したがってライバルとしては軽蔑に値するが、ティエール自身の言葉(1833年1月5日、代議院)により、「外国の侵略、内戦、無政府という三つの資源に常に限定されてきた」政党以上に反革命の道具としてふさわしい政党があるだろうか。彼らは、長い間待ち望んでいた回顧的な千年王国が到来すると本気で信じていたのである。そこには、フランスを踏みつける外国からの侵略の踵があり、帝国の崩壊とボナパルトの捕囚があり、そして彼ら自身がいたのです。歴史の歯車は、明らかに1816年の "chambre introuvable "で止まっていた。1848年から51年にかけての共和国議会では、彼らは教養と訓練を受けた議会の代表者たちによって代表されていた。

この「田舎者」の集まりがボルドーで開かれるや否や、ティエールは、プロイセンが共和国とその拠点であるパリに対する開戦を許可する唯一の条件として、議会の議論の栄誉さえもなく、講和前置案に直ちに同意しなければならないと明言したのである。反革命には、実際、時間がなかった。第二帝政期には国の債務が2倍以上に膨れ上がり、すべての大きな町が多額の市債を抱えるようになった。戦争は負債を恐ろしく膨れ上がらせ、国家の資源を容赦なく破壊した。さらに、プロイセンのシャイロックが、50万人の自国兵士をフランス国内に留め置くための保証金と500万ドルの賠償金、そして未払い分に対する5%の利息を携えて、破滅の道を突き進んでいた。そのツケは誰が払うことになるのだろうか。富の横領者が、自分たち横領者が引き起こした戦争の代償を生産者の肩に担わせるためには、共和国を激しく転覆させるしかなかったのだ。こうして、フランスの莫大な破滅は、土地と資本の愛国的代表者を、侵略者のまさに目と庇護の下に、外国戦争に内戦-奴隷所有者の反乱-を重ね合わせるように駆り立てたのである。

この陰謀を阻んだのは、パリという大きな障害であった。パリを武装解除することが成功の第一条件であった。そこでパリはティエールによって武器を放棄するように召集された。その後、パリは、「農村」議会の反共和国デモや、共和国の法的地位に関するティエール自身の曖昧さ、パリの首切りや資本削減の脅迫、オルレアニスト大使の任命、デュフォールの滞納商業手形や家賃に関する法律、パリの商工業に破滅をもたらすプイエ・クエルティエのあらゆる出版物に2セントの税金、そして、ブランキとケルチエに対する死刑宣告によって、苛立ちを感じるようになったのである。ブランキとフルーランスに対する死刑判決、共和国雑誌の弾圧、国民議会のヴェルサイユへの移転、パリカオが宣言し9月4日に失効した包囲状態の更新、12月勃発のヴィノワのパリ総督就任、帝国主義の憲兵隊長ヴァランタンの警察長官就任、イエズス会の将軍ダレル・ド・パラディーンの国民軍総司令官就任、などである。

さて、ここでティエール氏と、彼の腹心である国防省の職員に質問を投げかけなければならない。ティエールは財務大臣プイエ・ケルティエの仲介で200万ドルの融資を受けたことが知られています。さて、それは本当なのか、それとも違うのか?

1. ティエール、ジュール・ファーブル、アーネスト・ピカール、プイエ・ケルティエ、ジュール・シモンの私的利益のために数億円の対価が確保されるように事業が管理されていたのか? そして

2. パリが「平和」になるまで返済されないということ?

ティアールとジュール・ファーブルは、ボルドー議会の多数派の名において、プロイセン軍によるパリの即時占領を堂々と要請しているのだから、この問題には何かよほど差し迫ったものがあったのだろう。しかし、ビスマルクは、ドイツに帰国した後、賞賛するフランクフルトのフィリピン人たちに、公の場で不敵に語ったように、そのようなことはしなかった。

脚注[編集]


この作品は1929年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。

 

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。