フェサロニカ人に達する後書

提供: Wikisource
移動: 案内検索

聖書<我主イイススハリストスの新約

聖使徒パワェルがフェサロニカ人に逹する後書

第一章[編集]

1 パワェルおよびシルアン、およびティモフェイは、しょして、かみ我等われらちゝおよしゅイイススハリストスにるフェサロニカの教會けうくわいたつす。

2 ねがはくは恩寵おんちょう平安へいあんとは、かみ我等われらちゝおよしゅイイススハリストスよりなんぢたまはらんことを。

3 兄弟けいていよ、我等われらつねなんぢためかみ感謝かんしゃすべし、よろしきにかなふなり、けだしなんぢしんおほいちやうじ、なんぢしゅううち各人おのおの相互あひたがひあいいよいよす、

4 我等われらみづかなんぢもつかみしょ教會けうくわいうちほこるにいたれり、けだしなんぢ忍耐にんたいしんとをもつて、およそ窘逐きんちく患難くわんなんくるなり。

5 なんぢくるしみてところかみくにしめんために、かみなる審判しんぱんあらんことのあきらかなるしるしなり。

6 けだしなんぢくるしむるものくるしみもつむくい、

7 なんぢくるしめらるゝものに、我等われらとも安悦あんえつもつむくゆるは、かみまへなるなり、しゅイイススの、てんよりその能カのうりょく天使等てんしらともに、あらはるゝときり。

8 かれ火燄くわえんもつて、かみらざるものおよ我等われらしゅイイススハリストスの福音ふくいんしたがはざるものに、むくいあたふ、

9 彼等かれらしゅかんばせおよその大能たいのう光榮くわうえいより永遠えいゑんほろびばつけん、

10 すなはちかれきたりて、其日そのひしょ聖者せいしゃうち光榮くわうえいしゅう信者しんじゃうち威嚴ゐげんあらはさんときり、なんぢ我等われらしょうしんぜしがごとし。

11 これりて、我等われらつねなんぢため祈禱きたうして、我等われらかみなんぢめしふるものし、かつ大能だいのうもつおよそ仁愛じんあい善旨よきむねしんわざとを成就じやうじゅせんことをもとむ、

12 我等われらしゅイイススハリストスのなんぢうちに、なんぢかれうちおいて、我等われらかみおよしゅイイススハリストスの恩寵おんちょうりて、えいせられんためなり。

第二章[編集]

1 兄弟けいていよ、我等われらしゅイイススハリストスののぞむこと、およ我等われらかれあつまることにきては、我等われらなんぢもとむ、

2 なんぢあるひしんり、あるひことばり、あるひ我等われらおくれるにたるしょりて、ハリストスのいますでいたるとふをもつて、たやすこゝろうごかし、かつおそるゝなからんことを。

3 ひとなにはふもつても、なんぢまどはすべからず、けだし反離はんりさききたらず、かつ不法ふはふひと淪亡ほろび

4 背逆はいぎゃくものみづかたかくして、およかみあるひをがまるゝものしょうするものえ、はなはだしきにいたりては、かみごと神殿しんでんし、おのれしめしてかみものあらはれずば、其日そのひいたらざらん。

5 なほなんぢうちりしときこれなんぢひしを、なんぢ記憶きおくせざるか。

6 なんぢいまかれとゞむるものる、かれ其時そのときいたりてあらはれんためなり。

7 けだし不法ふはふ秘密ひみつすでおこなはる、たゞいまおいこれとゞむるものが、中間ちゅうかんよりのぞかるゝにいたるまでは、成就じやうじゅするあたはず。

8 其時そのとき不法ふはふものあらはれん、しゅイイススはおのれくちもつかれころし、おのれ降臨かうりんあらはれもつはいせん。

9 そのきたるはサタナの行爲かうゐしたがひて、およそいつはり異能いのうと、奇徴きちょうと、奇蹟きせきとをもつてせん、

10 かつおよそ不義ふぎ詭譎あざむきもつほろぶるものうちらん、けだし彼等かれらおのれすくひため眞實しんじつあいけざりき。

11 ゆゑかみ彼等かれら迷謬まよひ行爲かうゐつかはして、彼等かれらいつはりしんずるをいたさん、

12 およ眞實しんじつしんぜずして、不義ふぎよろこべるものつみさだめられんためなり。

13 しかれどもしゅあいせらるゝ兄弟けいていよ、我等われらなんぢためつねかみ感謝かんしゃすべし、けだしかみはじめより、しん成聖せいせい眞實しんじつしんずるしんとにりて、なんぢすくひためえらび、

14 我等われら福音ふくいんもつて、なんぢこれせり、しゅイイススハリストスの光榮くわうえいためなり。

15 兄弟けいていよ、ゆゑなんぢかたちて、我等われらことばあるひしょもつて、をしへられしところでんまもれ。

16 ねがはくはしゅイイススハリストスおよかみ我等われらちゝ我等われらあいして、その恩寵おんちょうりて、永遠えいゑんなぐさめのぞみとをたまひしものは、

17 みづかなんぢこゝろなぐさめて、なんぢおよそ善言ぜんげん善行ぜんかうかためん。


第三章