フェサロニカ人に達する後書

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

聖書<我主イイススハリストスの新約

聖使徒パワェルがフェサロニカ人に逹する後書

第一章[編集]

1 パワェルおよびシルアン、およびティモフェイは、しょして、かみわれらちゝおよしゅイイススハリストスにるフェサロニカのけうくわいたつす。

2 ねがはくはおんちょうへいあんとは、かみわれらちゝおよしゅイイススハリストスよりなんぢたまはらんことを。

3 けいていよ、われらつねなんぢためかみかんしゃすべし、よろしきにかなふなり、けだしなんぢしんおほいちやうじ、なんぢしゅううちおのおのあひたがひあいいよいよす、

4 われらみづかなんぢもつかみしょけうくわいうちほこるにいたれり、けだしなんぢにんたいしんとをもつて、およそきんちくくわんなんくるなり。

5 なんぢくるしみてところかみくにしめんために、かみなるしんぱんあらんことのあきらかなるしるしなり。

6 けだしなんぢくるしむるものくるしみもつむくい、

7 なんぢくるしめらるゝものに、われらともあんえつもつむくゆるは、かみまへなるなり、しゅイイススの、てんよりそののうりょくてんしらともに、あらはるゝときり。

8 かれくわえんもつて、かみらざるものおよわれらしゅイイススハリストスのふくいんしたがはざるものに、むくいあたふ、

9 かれらしゅかんばせおよそのたいのうくわうえいよりえいゑんほろびばつけん、

10 すなはちかれきたりて、そのひしょせいしゃうちくわうえいしゅうしんじゃうちゐげんあらはさんときり、なんぢわれらしょうしんぜしがごとし。

11 これりて、われらつねなんぢためきたうして、われらかみなんぢめしふるものし、かつだいのうもつおよそじんあいよきむねしんわざとをじやうじゅせんことをもとむ、

12 われらしゅイイススハリストスのなんぢうちに、なんぢかれうちおいて、われらかみおよしゅイイススハリストスのおんちょうりて、えいせられんためなり。

第二章[編集]

1 けいていよ、われらしゅイイススハリストスののぞむこと、およわれらかれあつまることにきては、われらなんぢもとむ、

2 なんぢあるひしんり、あるひことばり、あるひわれらおくれるにたるしょりて、ハリストスのいますでいたるとふをもつて、たやすこゝろうごかし、かつおそるゝなからんことを。

3 ひとなにはふもつても、なんぢまどはすべからず、けだしはんりさききたらず、かつふはふひとほろび

4 はいぎゃくものみづかたかくして、およかみあるひをがまるゝものしょうするものえ、はなはだしきにいたりては、かみごとしんでんし、おのれしめしてかみものあらはれずば、そのひいたらざらん。

5 なほなんぢうちりしときこれなんぢひしを、なんぢきおくせざるか。

6 なんぢいまかれとゞむるものる、かれそのときいたりてあらはれんためなり。

7 けだしふはふひみつすでおこなはる、たゞいまおいこれとゞむるものが、ちゅうかんよりのぞかるゝにいたるまでは、じやうじゅするあたはず。

8 そのときふはふものあらはれん、しゅイイススはおのれくちもつかれころし、おのれかうりんあらはれもつはいせん。

9 そのきたるはサタナのかうゐしたがひて、およそいつはりいのうと、きちょうと、きせきとをもつてせん、

10 かつおよそふぎあざむきもつほろぶるものうちらん、けだしかれらおのれすくひためしんじつあいけざりき。

11 ゆゑかみかれらまよひかうゐつかはして、かれらいつはりしんずるをいたさん、

12 およしんじつしんぜずして、ふぎよろこべるものつみさだめられんためなり。

13 しかれどもしゅあいせらるゝけいていよ、われらなんぢためつねかみかんしゃすべし、けだしかみはじめより、しんせいせいしんじつしんずるしんとにりて、なんぢすくひためえらび、

14 われらふくいんもつて、なんぢこれせり、しゅイイススハリストスのくわうえいためなり。

15 けいていよ、ゆゑなんぢかたちて、われらことばあるひしょもつて、をしへられしところでんまもれ。

16 ねがはくはしゅイイススハリストスおよかみわれらちゝわれらあいして、そのおんちょうりて、えいゑんなぐさめのぞみとをたまひしものは、

17 みづかなんぢこゝろなぐさめて、なんぢおよそぜんげんぜんかうかためん。


第三章