フェサロニカ人に達する前書 2

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

第四章[編集]

1 これきはむるに、けいていよ、われらハリストスイイススをもつなんぢもとめ、なんぢすゝむ、なんぢすでいかおこなひ、およかみよろこばしむべきをわれらよりけ、かつこれおこなふにりて、ますますこれしんぽせよ、

2 なんぢわれらしゅイイススにりて、いかなるかいめいなんぢさづけしをればなり。

3 けだしかみむねは、なんぢせいけつなり、すなはちなんぢみづかいんかういましむるにり、

4 なんぢおのおのおのれうつはまもるに、せいけつそんきもつてして、

5 かみらざるいはうじんごとく、じやうよくもつてせざるをるにり、

6 またなにごとおいても、おのれけいていたいして、はふたがひ、むさぼりておこなはざるにり、けだししゅおよこれらためむくいものなり、さきなんぢかつしょうせしがごとし。

7 けだしかみわれらしゝは、をくわいためあらず、すなはちせいけつためなり。

8 ゆゑこばものは、ひとこばむにあらず、すなはちわれらそのせいしんあたへたるかみこばむなり。

9 けいていあいいたりては、なんぢしょするをえうせず、なんぢみづかあひあいすることをかみよりをしへられたればなり、

10 けだしなんぢはたしてくのごとぜんマケドニヤにしょけいていおこなふ。けいていよ、われらなんぢすゝむ、ますますこれしんぽし、

11 かつつとめてあんせいまもり、おのれことおこなひ、づからわざさんことを、なんぢいましめしがごとし、

12 なんぢおこなひそとひとまへたんせいにして、またみづかとぼしきことなからんためなり。

13 けいていよ、ねむりしものいたりては、われなんぢらざるをほつせず、なんぢのぞみなきものごとかなしまざらんためなり。

14 けだしわれらイイススのしてふくくわつせしことをしんぜば、すなはちかみはイイススにりてねむりしものをもかれともたづさへん。

15 けだしわれらしゅことばもつなんぢぐ、われらきてしゅきたまでそんするものは、ねむりしものさきだたざらん、

16 けだししゅみづかがうれいと、てんししゅこゑと、かみらつぱともなはれて、てんよりくだらん、しかうしてハリストスにりてせしものふくくわつせん、

17 そののちわれらきてそんするものは、かれらともくもげられて、しゅくうちゅうむかへん、くのごとくしてつねしゅともらん。

18 ゆゑなんぢこれらことばもつたがひなぐさめよ。

第五章[編集]

1 けいていよ、ときおよいたりては、なんぢしょするをえうせず、

2 けだしなんぢみづから、しゅきたらんこと、ぬすびとよるきたるがごときを、あきらかるなり。

3 けだしひとへいあんぶじなりとはんときほろびたちまちかれらいたらん、さんくはらめるをんなけるがごとし、かれらくるをざらん。

4 しかれどもけいていよ、なんぢくらやみらずして、そのひぬすびとごとなんぢおよばしめざらん。

5 けだしなんぢみなひかりひるなり、われらよるものくらやみものあらず。

6 ゆゑわれらたにんごとからず、すなはちけいせいきんしんすべし。

7 けだしぬるものね、ものふなり。

8 われらひるなるにりて、しんあいとのよろひおよすくひのぞみかぶとて、きんしんすべし。

9 けだしかみわれらいかりためさだめしにあらず、すなはちすくひしめんためなり、われらしゅイイススハリストスにりてなり、

10 かれわれらためせり、われらけいせいするも、ぬるも、かれともきんためなり。

11 ゆゑなんぢたがひなぐさたがひとくてよ、なんぢすでおこなところごとし。

12 けいていよ、われらなんぢもとむ、なんぢうちらうし、しゅりてなんぢをさめ、なんぢをしふるものみとめて、

13 かれらわざためかれらたつとびて、あつあいせよ。なんぢたがひむつましくせよ。

14 けいていよ、われらなんぢすすむ、みだりなるものいましめ、ゑたるものなぐさめ、よわものたすけ、しゅうじんつにくわんにんもつてせよ。

15 つゝしみてあくもつあくむくゆるなかれ、つねたがひぜんひ、またこれしゅうじんおよぼせ。

16 つねよろこべ。

17 めずしていのれ。

18 およそことかんしゃせよ、けだしなんぢためにハリストスイイススにかみむねなり。

19 しんなかれ。

20 よげんかろんずるなかれ、

21 およそことさつして、ものれ。

22 ことごとくのあくたぐひはなれよ。

23 ねがはくはへいあんかみみづかなんぢまつたせいにし、なんぢしんれいたいとはまつたうしまもられて、われらしゅイイススハリストスのかうりんとききずなからん。

24 なんぢものまことなるものにして、かれこれおこなはん。

25 けいていよ、われらためいのれ。

26 せいなるせつぷんもつことごとくのけいていあんへ。

27 われしゅもつなんぢしょことごとくのせいけいていまへまんことをちかはしむ。

28 ねがはくはわれらしゅイイススハリストスのおんちょうなんぢともらんことを、「アミン」。