フェサロニカ人に達する前書 2

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

第四章[編集]

1 これきはむるに、兄弟けいていよ、我等われらハリストスイイススをもつなんぢもとめ、なんぢすゝむ、なんぢすで如何いかおこなひ、およかみよろこばしむべきを我等われらよりけ、かつこれおこなふにりて、ますますこれ進歩しんぽせよ、

2 なんぢ我等われらしゅイイススにりて、如何いかなる誡命かいめいなんぢさづけしをればなり。

3 けだしかみむねは、なんぢ聖潔せいけつなり、すなはちなんぢみづか淫行いんかういましむるにり、

4 なんぢおのおのおのれうつはまもるに、聖潔せいけつ尊貴そんきもつてして、

5 かみらざる異邦人いはうじんごとく、情慾じやうよくもつてせざるをるにり、

6 また何事なにごとおいても、おのれ兄弟けいていたいして、はふたがひ、むさぼりておこなはざるにり、けだししゅおよ此等これらためむくいものなり、さきなんぢかつしょうせしがごとし。

7 けだしかみ我等われらしゝは、汚穢をくわいためあらず、すなはち聖潔せいけつためなり。

8 ゆゑこばものは、ひとこばむにあらず、すなはち我等われらその聖神せいしんあたへたるかみこばむなり。

9 兄弟けいていあいいたりては、なんぢしょするをえうせず、なんぢみづかあひあいすることをかみよりをしへられたればなり、

10 けだしなんぢはたしてくのごとぜんマケドニヤにしょ兄弟けいていおこなふ。兄弟けいていよ、我等われらなんぢすゝむ、ますますこれ進歩しんぽし、

11 かつつとめて安静あんせいまもり、おのれことおこなひ、づからわざさんことを、なんぢいましめしがごとし、

12 なんぢおこなひそとひとまへ端正たんせいにして、またみづかとぼしきことなからんためなり。

13 兄弟けいていよ、ねむりしものいたりては、われなんぢらざるをほつせず、なんぢのぞみなきものごとかなしまざらんためなり。

14 けだし我等われらイイススのして復活ふくくわつせしことをしんぜば、すなはちかみはイイススにりてねむりしものをもかれともたづさへん。

15 けだし我等われらしゅことばもつなんぢぐ、我等われらきてしゅきたまでそんするものは、ねむりしものさきだたざらん、

16 けだししゅみづか號令がうれいと、天使てんししゅこゑと、かみらつぱともなはれて、てんよりくだらん、しかうしてハリストスにりてせしもの復活ふくくわつせん、

17 其後そののち我等われらきてそんするものは、彼等かれらともくもげられて、しゅ空中くうちゅうむかへん、くのごとくしてつねしゅともらん。

18 ゆゑなんぢ此等これらことばもつたがひなぐさめよ。

第五章[編集]

1 兄弟けいていよ、ときおよいたりては、なんぢしょするをえうせず、

2 けだしなんぢみづから、しゅきたらんこと、ぬすびとよるきたるがごときを、あきらかるなり。

3 けだしひと平安へいあん無事ぶじなりとはんとき滅亡ほろびたちまち彼等かれらいたらん、産苦さんくはらめるをんなけるがごとし、彼等かれらくるをざらん。

4 しかれども兄弟けいていよ、なんぢくらやみらずして、其日そのひぬすびとごとなんぢおよばしめざらん。

5 けだしなんぢみなひかりひるなり、我等われらよるものくらやみものあらず。

6 ゆゑ我等われら他人たにんごとからず、すなはち儆醒けいせい謹愼きんしんすべし。

7 けだしぬるものね、ものふなり。

8 我等われらひるなるにりて、しんあいとのよろひおよすくひのぞみかぶとて、謹愼きんしんすべし。

9 けだしかみ我等われらいかりためさだめしにあらず、すなはちすくひしめんためなり、我等われらしゅイイススハリストスにりてなり、

10 かれ我等われらためせり、我等われら儆醒けいせいするも、ぬるも、かれともきんためなり。

11 ゆゑなんぢたがひなぐさたがひとくてよ、なんぢすでおこなところごとし。

12 兄弟けいていよ、我等われらなんぢもとむ、なんぢうちらうし、しゅりてなんぢをさめ、なんぢをしふるものみとめて、

13 彼等かれらわざため彼等かれらたつとびて、あつあいせよ。なんぢたがひむつましくせよ。

14 兄弟けいていよ、我等われらなんぢすすむ、妄行みだりなるものいましめ、ゑたるものなぐさめ、よわものたすけ、衆人しゅうじんつに寛忍くわんにんもつてせよ。

15 つゝしみてあくもつあくむくゆるなかれ、つねたがひぜんひ、またこれ衆人しゅうじんおよぼせ。

16 つねよろこべ。

17 めずしていのれ。

18 およそこと感謝かんしゃせよ、けだしなんぢためにハリストスイイススにかみむねなり。

19 しんなかれ。

20 預言よげんかろんずるなかれ、

21 およそことさつして、ものれ。

22 ことごとくのあくたぐひはなれよ。

23 ねがはくは平安へいあんかみみづかなんぢまつたせいにし、なんぢしんれいたいとはまつたうしまもられて、我等われらしゅイイススハリストスの降臨かうりんとききずなからん。

24 なんぢもの誠信まことなるものにして、かれこれおこなはん。

25 兄弟けいていよ、我等われらためいのれ。

26 せいなる接吻せつぷんもつことごとくの兄弟けいていあんへ。

27 われしゅもつなんぢしょことごとくのせい兄弟けいていまへまんことをちかはしむ。

28 ねがはくは我等われらしゅイイススハリストスの恩寵おんちょうなんぢともらんことを、「アミン」。