フェサロニカ人に達する前書

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

聖書<我主イイススハリストスの新約

聖使徒パワェルがフェサロニカ人に逹する前書

第一章[編集]

1 パワェル、およびシルアン、およびティモフェイは、しょして、かみちゝおよしゅイイススハリストスにるフェサロニカのけうくわいたつす。ねがはくはおんちょうへいあんとは、かみわれらちゝおよしゅイイススハリストスよりなんぢたまはらんことを。

2 われらなんぢきたううちきおくして、つねなんぢしゅうためかみかんしゃす。

3 なんぢかみわれらちゝまへしんおこなひあいらうわれらしゅイイススハリストスにけるのぞみにんたいを、えずおもひ、

4 かつかみあいせらるゝけいていよ、なんぢえらびるにりてなり。

5 けだしわれらふくいんなんぢうちことばもつてせしのみならず、すなはちちからもつてし、せいしんもつてし、おほくのほしょうもつてせり、なんぢみづから、われらなんぢうちりて、なんぢためいかなるものたりしかをるがごとし。

6 しかうしてなんぢわれらおよしゅならものり、おほくのくわんなんうちに、せいしんよろこびもつて、ことばけて、

7 およそマケドニヤおよびアハイヤのうちしんずるものためもはんるにいたれり。

8 けだししゅことばなんぢよりたゞマケドニヤおよびアハイヤにひゞきしのみならず、すなはちおよそところおいなんぢかみけるしんつたはりて、われらなにごとをもふをえうせざるにいたれり。

9 けだしかれらみづかわれらことべて、われらいかなんぢうちり、なんぢいかぐうざうよりかみして、けるまことかみつかへ、

10 てんよりそのこかれよりふくくわつせしめしイイスス、われらしやうらいいかりよりすくものきたるをつことをふ。

第二章[編集]

1 けいていよ、なんぢみづかわれらなんぢうちりしことのとぜんならざるをる。

2 すなはちわれらは、なんぢれるごとく、さきにフィリッピにおいくるしみけ、かつはづかしめられてのちわれらかみりて、きぜんとして、おほくのきんらうもつなんぢかみふくいんつたへたり。

3 けだしわれらすゝめまどひよりするにあらず、よこしまよりするにあらず、いつはりよりするにあらず。

4 すなはちかみわれらこゝろみて、ふくいんたくするにふるものしゝごとく、われらこれひとよろこびるがごとくならず、すなはちわれらこゝろこゝろみるかみよろこびるがごとし。

5 けだしなんぢれるごとく、われらいまかつなんぢまへへつらひことばいださず、またなにことおいてもむさぼることをせず、かみしょうしやなり。

6 われらひとよりするくわうえいなんぢよりもたにんよりももとめず。

7 われらはハリストスのしととして、ゐげんしめすをべかりしといへどもなんぢうちをんじうなりしこと、にうぼそのこあいいくするがごとし。

8 われらなんぢしたひて、たゞかみふくいんのみならず、われらたましひをもなんぢあたへんことをのぞめり、けだしなんぢしあいものれり。

9 けいていよ、なんぢわれららうくきんべんとをきねんす、なんぢうちひとりをもわづらはさざらんために、われらよるひるわざして、かみふくいんなんぢつたへたり。

10 なんぢおよかみしょうす、われらいかにかせいけつこうぎむてんにして、なんぢしんずるものうちおこなひしを、

11 けだしなんぢる、いかにかわれらは、ちゝそのこけるがごとく、なんぢかくじんに、

12 なんぢそのくにくわうえいとにしゝかみかなひておこなはんことをすゝめ、はげまし、もとめしを。

13 ゆゑわれらも、なんぢわれらよりきしかみことばけて、これひとことばごとくならず、すなはちかみことばごとけしを、かみかんしゃしてめず、まことかみことばにして、なんぢしんずるものうちりょくかうするなり。

14 けだしけいていよ、なんぢはイウデヤにるハリストスイイススにけるかみしょけうくわいならものれり、なんぢも、かれがイウデヤじんよりけしごとくるしみを、おのれどうぞくよりけたればなり。

15 イウデヤじんしゅイイススとそのしょよげんしゃとをころし、われらいだし、かみよろこびらず、ことごとくのひとさかひ、

16 われらいはうじんをしへてすくひしむるをこばむ、くのごとつねおのれつみますたす、しかれどもしごくいかりかれらのぞめり。

17 けいていよ、われらしばらおもてもつてし、こゝろもつてせずして、なんぢはなれて、いよいよせつのぞみて、なんぢおもてんことをつとめたり。

18 ゆゑわれらすなはちわれパワェル、ひとたびまたふたゝびなんぢいたらんとほつしたれども、サタナわれらはゞみたり。

19 けだしたれわれらのぞみあるひよろこびあるひほこりかんむりたる。なんぢわれらしゅイイススハリストスのまへに、そのかうりんおいれなるにあらずや。

20 けだしなんぢわれらくわうえいおよよろこびなり。

第三章[編集]

1 ゆゑわれらまたしのばずして、ひとりアフィニにとゞまるをこゝろさだめ、

2 けいていかみえきしゃ、ハリストスのふくいんけるわれらどうらうしゃたる、ティモフェイをつかはせり、なんぢかため、なんぢしんおいなんぢなぐさめんため

3 ひとりくわんなんりてうごかざらんためなり、なんぢみづかわれらこれさだまりたるをればなり。

4 けだしわれらなんぢうちりしときわれらなんはんことをあらかじなんぢげたりしが、はたしてくのごとれり、なんぢこれる。

5 ゆゑわれまたしのばずして、なんぢしんらんためつかはせり、おそらくはいざなふものなんぢいざなひ、しかうしてわれららうとぜんならん。

6 いまはティモフェイなんぢよりわれらきたりて、われらなんぢしんあいとのよきおとづれはうじ、またなんぢつねねんごろわれらおもひ、われらなんぢけるがごとく、われらんとほつするをげたり、

7 ゆゑけいていよ、われらおよそくわんなんきふはくうちおいて、なんぢしんりて、なんぢためなぐさめたり、

8 けだしなんぢしゅおいかたつにりて、われらいまく。

9 われらなんぢためおよわれらかみまへなんぢりてよろこところよろこびために、いかなるかんしゃかみするをんか。

10 よるひるせついのるは、なんぢおもておよなんぢしんらざるところおぎなはんことなり。

11 ねがはくはかみわれらちゝおよわれらしゅイイススハリストスは、みづかわれらみちなんぢむかはしめん。

12 ねがはくはまたしゅなんぢあひたがひおよしゅうじんけるあいし、かつたして、われらなんぢけるあいごとくせんことを、

13 なんぢこゝろせいけつむてんにして、かみわれらちゝまへに、われらしゅイイススハリストスのそのしゅうせいしゃともきたらんときに、たしめんためなり、「アミン」。