バルク書 第四章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > バルク書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第四章[編集]

1 これはかみいましめふみなり。そのおきてとこしへゆることなし。これまもるものはいのちをえ、これよりはなるるものすべし。
2 ああヤコブよ、かへりて、かたこれたもつべし、なんぢひかりまへあゆめ、これひかりてらされんためなり。
3 なんぢほまれほかものうばはるな。またなんぢらにえきとなるものをほかくにあたふな。
4 ああイスラエルよ、われらはさいはななるかな。そはかみよろこばるることどもをわれをしへられたればなり。
5 よろこいさめ、たみよ、イスラエルのわすれがたみよ。
6 なんぢくに〴〵られたり、されどなんぢらをほろぼさんとにはあらず、ただなんぢらのかみみいかりれ、そのてきわたされしのみ。
7 そはなんぢかみにささげずしてあくまいけにへをささげ、みいかりまねきしによる。
8 なんぢらは、なんぢらをみちびのぼりしとこしへかみわすれたり。なんぢらは、なんぢらをはぐゝみしエルサレムをかなしませたり。
9 さればエルサレムはかみみいかりなんぢらのうへのぞむをていへり。け、ああなんぢらシオンのほとりものよ、かみおほいなるなげきをもてうへのぞたまへり。
10 そはわれ、わがむすこむすめとらはくをたればなり。こはえいゑんしやかれらのうへもたらたまひしものなり。
11 われよろこびをもてかれらをやしなひしが、なみだなげきとをもてかれらをみおくれり。
12 われやもめなり、おほくのひとてられたるものなり、われむかひてたれよろこびをなすな、われはわがらのつみによりてあらののこされたり。かれかみおきてよりはなれたればなり。
13 かれのりらず、またかみいましめおほぢあゆまず、そのせいぎこらしめこうぢたどらざりき
14 シオンにちかものよ、きたれ、えいゑんしやもたら
たまへるむすこむすめとらはれおもへ。
15 そはかれひとつのくにとほきよりかれらのうへつかはたまへり、そのくにはぢらず、ふしぎなることばもちひ、いたるをうやまはず、あさなきあはれむことなし。
16 かれやもめいつくしみあいするらをうばり、むすこなきやもめあらののこけり。
17 されど、われなにをもてなんぢらをたすくべきか。
18 これらのわざはひなんぢらのうへもたらしたるものこそ、てきよりなんぢらをすくいだたまふべきものなれ。
19 け、なんぢらのみちを。ああらよ、け、なんぢらのみちを。われあらののこされしものなればなり。
20 われへいわころもぎ、いのりあらたへまとひて、かぎり、えいゑんしやさげばん。
21 よろこいさめ、ああらよ、しゆきけべ。さらばかれてきよりなんぢらをすくたまはん。
22 そはのぞみえいゑんしやにあり、かれなんぢらをすくたまはん。よろこびせいなるものよりわれきたらん。そはえいゑんしやなるなんぢらのすくひぬしより、あはれみすみやかになんぢらにきたるべければなり。
23 われわがなげきなみだとをもてなんぢらをおくいだしたれど、かみとこしへよろこびをもてふたゝなんぢらをわれかへたまはん。
24 いまなんぢらのとらはれをシオンのとなりびとらがたるごとく、かれらまたひさしからずしてかみよりきたなんぢらのすくひん。そのきたるやえいゑんしやおほいなるえいくわうかゞやきとをもてきたらん。
25 らよ、しのびてかみよりなんぢらにのぞめるみいかりけよ。なんぢらのてきなんぢらをなやまさん。されどしばらくせば、なんぢかれらのほろするをかれらのうなじまん。
26 うるはしきものらは、れたるみちき、てきとらへられしむれのごとくにたづさられたり。
27 いさめ、らよ、かみむかひてさけべ。そはこれらのことをなんぢらのうへきたらしめたまひしものに、なんぢおもいださるればなり。
28 かみよりまよでしはなんぢらのこゝろなりしも、なんぢかへりたればさらに十ばいしてかれもとめよ。
29 なんぢらのうへこれらわぎはひのぞませたまひしものは、またなんぢらのすくひともとこしへよろこびなんぢらにあたたまはん。
30 をゝしかれ、エルサレムよ、なんぢにそのたまひしものなんぢなぐさたまはん。
31 あはれむべきかな、なんぢなやまししもの、またなんぢたふちるをよろこびしもの
32 あはれむべきかな、なんぢらのつかへしまち〳〵あはあむべきかな、なんぢらをけしくに
33 そはなんぢあれあとよろこび、なんぢたふれたるをよろこびしものは、またみづからのれはつるをかなしまん。
34 そはわれおおいなるむれよろこびとなすものをうばり、そのほこれるものをなげきへん。35 そはえいゑんしやよりがうくわいでかれらのうへのぞみてえず、かくてそのたがく、あくますみかとならん。

36 ああエルサレムよ、なんぢひがしかたのぞみ、かみよりなんぢきたよろこびよ。
37 よ、なんぢらはきたる。なんぢみおくりしものかれらはせいなるものみことばにより、かみえいくわうのうちに、ひがしよりにしむかひ、あひたづさへてかへきたるなり。