バルク書 第五章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > バルク書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第五章[編集]

1 エルサレムよ、もなんぢなげきくるしみころもぎすて、とこしへかみよりきたえいくわううるはしきをまとへ、
2 かみよりきたせいぎかさねごろもまとひ、なんぢかしらうへえいゑんしやえいくわうあるかんむりいたゞけ。
3 かみなんぢかゞやきをあめしたなるすべてのくにあらはたまはん。
4 そはなんぢかみにより、とこしへにせいぎへいわ、またかみれいはいくわうえいとなへらるべし。
5 てよ、エルサレム、ちてたかきにのほれ、しかしてひがしかたのぞめ、かみあこがるるよろこびみたされ、せいなるものめいずるままに。よ、なんぢらはあひたづさへて、にしよりひがしむかひて  きたる。
6 かれはだしにてなんぢに別れ、てきたづさられしが、かみみくにらのごとく、えいくわうのうちにたかめつつ、かれらをなんぢともなかへたまふ。
7 そはかみ、すべてのたかをか、またおほかはつゝみたひらかにし、たにうづめてひらちとなすべきことをめいたまふ。これイスラエルのらが、やすらかかみえいくわうのうちにすゝかんがためなり。
8 もろ〳〵はやしも、すべてのかほりゆかしききゞも、かみいましめによりてイスラエルをおほはん。
9 そはかみおのれよりづるめぐみたゞしきとにより、えいくわうかゞやきのうちよろこびをもて、イスラエルをみちびたまふべければなり。