バルク書 第二章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > バルク書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第二章[編集]

1 さればしゆわれらにたいし、またイスラエルをきぱきしさばきびとわれらのわうたち、わうら、またイスラエルとユダのひと〴〵たいしてかたたまひしみことばたし、
2 モーセのおきてしるししところしたがひ、エルサレムにおこりしことのごとく、あめしたかつざりしかそるべきわぎはひわれらのうへくだし、
3 ひとそのむすこむすめにくくらはざるをざるにいたらしめたまへり。
4 しかのみならず、しゆかれらを、われらのまはりくに〴〵々にわたしてどれいとなし、かれらをらしたまへるまはりくにびとあひだりて、はづかしめほろびとをけしめたまへり。
5 かくわれらはてられて、かへりみられざりき。そはわれら、しゆなるわれらのかみつみをかし、しゆみこゑしたがはざりしゆゑなり。
6 せいぎしゆなるわれらのかみぞくす。されどわれらと、われらのぜんそとには、こんにちるがごとく、ぬぐひえぬはづかしめのみのこれり。
7 われらのうへのぞめるこれらのすべてのわざはひは、しゆわれらにむかひてのたまひしところなればなり。
8 されどわれらはなほしゆみまへいのりておの〳〵そのしきおもひよりはなれんことをねがはず。
9 ゆゑしゆあしきをもてわれらにのぞみ、わざはひわれらのうへもたらしたまへり。そはしゆわれらめいたまへるみわぎこと〴〵た〴〵しければなり。
10 しかるにわれしゆみこゑかず、われらのまへそなたまひししゆいましめみちあゆまざりき。

11 しゆなるイスラエルのかみよ、なんぢいきほひあるみてたふとみうでしるしことなるわざ、またおほいなるみちからををもて、そのたみをエジプトのよりみちびいだし、こんにちばれたまみななんぢみづからにち得たまへり。
12 しゆなるわれらのかみよ、われらつみをかし、ふしんおこ[な?]ひ、ふぎをもて、なんぢおきてをあしらひぬ。
13 ねがはくはみいかりわれらよりたまへ。そはわれらはなんぢによりていはうじんあひだらされ、わづかのこれるものなればなり。
14 しゆよ、われらのいのりねがゆとをきこしめし、なんぢみつからのためにわれらをすくひ、われらをとらきたるものまへにて、われらをめぐたまへ。
15 そはイスラエルとそのすゑなんぢみなによりてばれなば、ぜんちなんぢしゆなるわれらのかみましますことをるべければなり。
16 しゆよ、なんぢせいなるみやよりわれらをみそなはし、われらをかへりたまへ。なんぢみゝかたむたまへ。しゆよ、われらにたまへ。
17 なんぢをひらきてみそなはしたまへ。そはにてはかにあるもの、そのたましひからだよりられしものは、さんびたゞしきとをしゆにささぐるあたはざればなり。
18 されど、しゆよ、おほいなるなやみうちにありて、しへたげられ、よわめられたるたましひ、またおとろへたるゑたるたましひは、さんびたゞしきとをなんぢさゝげん。
19 しゆよ、われらのかみよ、われらのせんぞ、またわうたちのたゞしきのためにわれみまへひざまづきてうゆ〳〵しくなげうつたふるあたはず。
20 そはなんぢわれらのうへくだたまひしみいかりみいきどほりとはなんぢしもべなるよげんしやたちによりてなんぢかたたまひしごとくなればなり。
21 しゆかくかたたまふ、なんぢらのかたかゞめて、バビロンのわうつかへよ。さらばなんぢらのせんぞあたへしに、なんぢとゞまることをえん。
22 されどなんぢらもしバビロンわうつかへず、しゆみこゑしたがふことをほつせずば、
23 われユダのまち〳〵ほろぽし、エルサレムよりふたゝうたげこゑよろこびこゑはなむごまたはなよめこゑきこゆることなからしめ、ぜんちひとなきにいたらしむべしと。
24 されどわれらバビロンわうつかへて、なんぢみこゑしたがはんとねがはざりき。ゆゑなんぢはそのしもべなるよげんしやたちをもてかたたまへるみことばはたたまへり。すなはわれらのわうたちのほねせんぞたちのほねは、はかよりられざるをえざるなりと。
25 よ、かれらはひるしよれつよるしもそらさらさる。うゑつるぎあくえきとになやまされ、
はなはだしきくるしみのうちにねり。
26 またしゆみやこんにちあるがごとく、これをすたるるまゝにしたまへり。これイスラエルとユダのいへあくぎやくによりてなり。
27 われらのかみなるしゆよ、しゆつねにそのみいつくしみをもて、またつねにそのみめぐみしたがひて、われらをあしらひたまへり。
28 しゆしもべモーセ、イスラエルのらのまへにて、なんぢめいずるままに、おきてつゞりしかれによりてしゆのたまひしごとくなり。いはく、
29 もしなんぢこゝろよりこゑしたがはずば、このおほいなるむれは、まことくに〴〵のうちにていとちひさかずとなるベし、われくに〴〵かれらをらさんと。
30 そはわれる、かれわれくをほつせず、かたくななるたみなればなり。されどとらかれしにありて、かれみづからをおもいだし、
31 わがかれらのしゆなるかみなることをおもでん。そはわれかれらにひとつのこゝろと、くべきみゝとをあたふべければなり。
32 かくてかれとらはれにてわれめ、おもひめぐらし、
33 かたくななるこゝろて、しきわざよりはなるべし。そはかれしゆみまへつみをかせるかれらのせんぞさだめおもづべければなり。
34 またわれかれを、わがかつちかひをもて、かれらのせんぞアブラハム、イサク、ヤコブにやくしたるたづさかへらん、かれらそのしゆとなるべし、われかれらをふやさん、かれへらさるることなかるべし。
35 われかれらとのあひだとこしへけいやくてん、われかれらのかみとなり、かれたみとならん。われふたゝびわがかれらにあたへたるよりかれらをいだすことなかるべし。