トビト書 第四章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > トビト書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第四章[編集]

1 そのトビト、メデアのラゲスなるガバエルにあづけたるきんすのことをおもいだし、
2 こゝろなかにいひけるは『われもとめたれば、ぬるまへに、わがトビアをびて、かれにこのことをしめさざるべけんや』と。
3 かくてかれびて
よ、われなばわれはうむれ。またなんぢはゝかろんずな。なんぢいつしやうあひだかれたふとびて、そのこゝろかなふことをなせ。かれなやますな。
4 よ、なんぢなほたいないにありしとき、かれなんぢのためにおほくのあやふきひしことをおぼえよ。かれなば、わがかたはらに、ひとはかはうむれ。
5 よ、なんぢいつしやうあひだなんぢしゆなるかみおぼえ、つみこゝろけず、しゆいましめをかさず、いつしやうあひだたゞしきおこなひ、ふぎみちあゆむな。
6 そはなんぢもしまことおこなはば、なんぢのなすわざさかえん。すべてたゞしきおこなひと〴〵にしかあらん。
7 なんぢもちものよりほどこしをなせ。またほどこしをなすときなんぢむさぼらしむな。なんぢかほまづひとよりそむけずば、かみみかほなんぢよりそむけられざるべし。
8 なんぢもちものれうしたがひてほどこしをなせ。なんぢもちものすくなくとも、そのすくなきによりてほどこしをなすことをおそるな。
9 かくしてなんぢひつえうのためにみづかたからたくはふるなり。
10 そはほどこしは、ひとよりすくひ、くらきおちいらしむることなければなり。
11 ほどこしはすべてこれをなすものにとりて、いとたかきもののみまへたまものとなるなり。
12 よ、すべてのいんかうつつしめ。なんぢせんぞたちのすゑよりつまめとれ。なんぢちゝやからにあらざることくにをんなめとるな。そはわれらよげんしやたちのなればなり。よ、ノア、アブラハム、イサク、ヤコブをおぼえよ。いにしへわれらのせんぞたちはみなそのきやうだいたちよりつまめとり、そのらによりてしゆくふくたり。かれらすゑがん。
13 よ、なんぢきやうだいあいせよ。こゝろうちなんぢきやうだいたちのうちより、なんぢくにびとむすこむすめたちのうちよりつまめとることをかろしむな。かろしめうちほろびおほくのなやみあり。またらうひうちに、おとろへおほいなるとぼしきあり。そはらうひききんははなればなり。 14 なんぢのためにはたらくもののちんぎんとゞこほらしむな。づからこれをわたすべし。なんぢかみつかへなば、むくいなんぢきたらん。よ、なんぢのすべてのわざをつゝしみ、なんぢおこなひこゝろせよ。
15 なんぢみづかにくむことをたれにもなすな。ほどさけむな。ひたるままみちくな。
16 なんぢかてゑたるものあたへ、なんぢきものはだかなるものあたへよ。すべてなんぢゆたかなるものをもてほどこしをなせ。またほどこしをなすときなんぢをしざるやうにせよ。
17 たゞしきひとはうむりときなんぢかてそゝいだせ。されどつみびとにはあたふな。
18 すべてのさとひとよりすすめもとめ、いかなるすすめにてもえきなるものはかろんずな。
19 またつねしゆなるかみしゆくし、なんぢみちなほくせられんことと、なんぢあゆみおよなんぢくはだてさかえんこととをいのれ。いかなるたみみなくはだてをもたず。されどしゆみづからすべてのきものをあたへ、またみこゝろのままに、おのがほつするものいやくしたまふ。よ、わがいましめおぼえ、これをなんぢこゝろよりすな。
20 われいま、メデアのラゲスなるガブリヤのガバエルにあづけしぎん十タラントをなんぢしめす。
21 よ、われまづしくともおそるな。なんぢもしかみおそれて、すべてのあくよりはなれ、かれみまへこゝろにかなふことをなさば、おほくのものをたん。』