トビト書 第十章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > トビト書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第十章[編集]

1 さてそのちゝトビトごとに、ゆびをかぞたりしが、たびひかずきたるにかれらなほかへらざりしかば、
2 トビトひぬ『おそらくはかれらとめられるならん。しからずばガバエルにて、トビアにきんすあたふるものらずなりしならん』と。
3 かれいたくなげけり。
4 しかるにそのつまかれふ『かくおくるるをれば、わがにたるなり。』しかしてかれそののためにきていひぬ
5 『よ、わがひかりなるなんぢさきだたれて、われなにほつせんや。』
6 そのときトビトかれにいふ『もだせ、こゝろわづらはすな、かれすこやかなり。』
7 そのつまかれに『もだせ、われあざむくな、わがねるなり』とこたふ。しかしてかれひごとに、かれらきしみちきて、ひるかてくらはず、はそのトビアのためにくことをめず、ラグエルがトビヤをめて、そこにてすごせといひしこんえんの十四くるまでにおよびぬ。

トビア、ラグエルにいふ『われかへしたまへ。わがちゝもわがはゝも、ふたゝわれのぞみうしなひしならん。』
8 そのしうとかれにいふ『われともとゞまれ。われなんぢちゝつかひつかはして、なんぢのいかにくらるかをらしめん』
9 トビヤいふ『いなわれをわがちゝもとらしめよ。』
10 ラグエルちてかれに、そのつまサラとそのざいさんなかばしもべかちくおよきんぎんわかあたへ、
11 かれらしゆくしていひぬ『わがらよ。てんかみ、わがぬるまへに、なんぢらさかえしめたまはん』と。
12 しかしてそのむすめむかひ『なんぢしうとしうとめとをうやまへ、かれらすでなんぢおやとなれり。われなんぢよききこえかしめよ』とひて、これにくちづけせり。しかしてエデナ、トビアにいふ『あいするきやうだいよ、ねがはくはてんしゆなんぢつよめ、われしゆみまへよろこびんがために、われにわがむすめサラによりてなんぢらをることをしめたまはんことを。よ、われわがむすめとくなんぢゆだぬ。なんぢこれをなやますな。』