トビト書 第十四章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > トビト書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第十四章[編集]

1 かくてトビトそのかんしやへたり。かれそのめしひしは五十八さいときなりしが、八ねんのちふたゝることをたるなり。
2 かれほどこしをなし、ます〳〵しゆなるかみおそれて、かれかんしやをささげたり。

3 さてかれとしいたくいたれば、そのと、そのの六にんこらびて、これにいひぬ『よ、なんぢらをともなへ。よ、われとしおいて、まさにこのらんとす。
4 よ、メデアにけ。そは、われよげんしやヨナのニネベにたいしてよげんせしことをしんず。ニネベはやがてほろぼさるべけれど、メデヤにはなほしばしあひだへいわあらん。またわれらきやうだいよりぜんちうへらされ、エルサレムはれはて、そのうちなるかみいへかれて、ときいたるまでれたるままにてあらん。
5 されどかみかみふたゝかれらあはれみて、そのくにかへらしむべし。かれらそこにかみみやつべけれど、そのときつるまでは、そのみやさきみやごとくにはあらじ。そののちかれらとらはれよりかへり、くわうえいもつてエルサレムをてん。またそのうちかみみやよげんしやたちのいへるがごとくわうえいもつてられん。
6 しかしてすべてのたみらかへりて、まことしゆなるかみおそれ、かれらのぐうざうはうむらん。
7 かくてすべてのくにたみしゆしゆくし、しゆたみかみめまつり、しゆそのたみたかくしたまはん。しかして、まことたゞしきとをもてしゆなるかみあいするすべてのひと〴〵われらきやうだいたちにあはれみほどこしつつよろこばん。
8 よ、いまニネベよりでよ。そは、よげんしやヨナのいひしことばかならるべければなり。
9 なんぢおきていましめとをまもれ。またなんぢさかえんがためにあはれみたゞしきとをあらはせ。
10 なんぢれいつくしてわれはうむれ。またなんぢはゝわれとをともはうむれ。もはやニネベにはむな、よ、アマンがおのれそだてしアキアカロスになにをなせしか、いかにかれひかりよりくらきともなきしか、またかれにいかなることをなせしかをよ。しかるにアキアカロスはすくはれたれど、アマンはおのむくいけてくらきなかくだきぬ。マナセはほどこしをなして、かれのためにそなへられたるわなよりすくはれたれど、アマンはそのわなおちいりてほろびたり。
11 らよ、ほどこしなにをなすか、またたゞしきいかすくふかをおもへ。』

これらことひつつ、かれそのとこにてたましひわにしたり。トビトそのとき百五十八さいなりき。トビアかれくわうえいをもてはうむれり。
12 アンナのねるときかれをもトビトとともはうむりたり。しかしてトビアそのつまおよびそのこらともにエクバタナなるしうとラグエルのもといたれり。
13 かれいてあがめられ、そのしうとしうとめとをくわうえいをもてはうむり、かれらゐさんと、ちゝトビトのゐさんげり。
14 かれは百二十七さいとき、メデアのエクバタナにおいねり。
15 されどかれ、そのさきだちて、ネブカデネザルおよびアメシユエロスのおとしいれしニネベのほろびき、ぬるまへにニネベのゆゑよろこびをなせり。