トビト書 第十二章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > トビト書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第十二章[編集]

1 さてトビト、そのトビアをびてこれにふ『よ、よ、これはなんぢともきしかのひとへのむくいなり。なんぢかれなほおほあたふべきなり。』
2 かれふ『ちゝよ、かれにわがもちものなかばあたふるもわれふそくなし。
3 そはかれわれをつゝがなくなんぢもとかへり、またわがつまをもいやし、わがためにわがきんすたづさかへり、かつなんぢをもいやしたればなり。』
4 としよりかれふ『かくなすはたうぜんなり。』
5 かくててんつかひびてかれふ『なんぢきたりしすべてのものなかばれ。』
6 そのときかれひそかにふたりびていひぬ

かみしゆくし、かみかんしやし、かみあがめよ。またかみなんぢらになしたまひしことによりて、すべてのけるもののまへにてかみかんしやせよ。かみしゆくし、そのみなあがめ、そのみわざしめしつつかみめまつるはよきことなり。さればおこたらずかみかんしやせよ。
7 わうみつじをかばふはきことなれど、かみみわざえいくわうをもてこれをあらはすべし。ぜんをなせ、らばあくなんぢみいだすことなからん。
8 だんじきほどこしたゞしきとのともないのりし。すこしのたゞしきおほくのふぎまさる。ぎんたくはふるよりもほどこしをなすはし。
9 そはほどこしひとよりすくひ、すべてのつみよりきよむればなり。ほどこしおよたゞしきおこなふものはいのちたされん。
10 されどつみおこなふものはおのいのちてきなり。
11 われなんぢらなにをもかくさじ、「わうみつじをかばふはよきことなれど、かみみわぎえいくわうをもてこれをあらはすべし」とわれいへり。
12 なんぢなんぢよめサラいのりしとき、われなんぢらいのりこゑせいじやみまへたづさのぼれり。なんぢにしものはうむれるときわれまたなんぢともりたり。
13 またなんぢしよくじめ、いそちあがりてしかばねおほひしときなんぢぜんこうわれかくれざりき。われなんぢともりたればなり。
14 かみなんぢおよなんぢよめサラをいやさんとてわれつかはしたまへり。
15 われせいといのりそなへ、かつせいじやえいくわうみまへゆきゝする七にんせいなるみつかひひとりなるラフアエルなり。』

16 ふたりともこゝろさわぎてひれふしたり。そはかれらおそれたればなり。
17 みつかひかれらふ『おそるな。へいあんなんぢらにあらん。
18 とこしへかみめまつれ、そはきたりしはおのこゝろらず、かみの、みこゝろによればなり。さればなんぢとこしへにかみあがめまつれ。
19 けふいたるまでわれなんぢらあらはれたれど、なにをもみ又くらひしことなかりき。なんぢらまぼろしたるなり。
20 さればいまかみかんしやせよ。そはわれつかはしたまひしものに、われかへるべければなり。ゆゑにすべてこれらおこりしことふみしるせ。』
21 かれらあがれるとき、もはやかれざりき。
22 かくてかれらは、かみおほいにしてふしぎなるみわざと、しゆみつかひかれらあらにれしことひあらはせり。