トビト書 第十三章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > トビト書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第十三章[編集]

1 さてトビトよろこびあふれ、いのりしるしていひぬ
むべきかな、とこしへたまかみと、そのみくに
2 そはかれひとむちうちてあはれみしめたまふ。かれひとよみみちびくだりて、ふたゝたづさのぼたまふ。そのみてよりのがるものなし。
3 いはうじんまへにてかれかんしやせよ、なんぢらイスラエルのこらよ。そはかれわれらかれらあひだらしたまひたればなり。
4 しゆおほいなることしめし、すべてのけるものまへにてかれあがめよ。そはかれわれらしゆにして、かみとこしへわれらちゝましませばなり。
5 かれは、われらふぎゆゑわれらをむちうたまへど、ふたゝわれらあはれみほどこたまひ、われらを、なんぢらのらされるすべてのたみうちより、あつたまはん。
6 なんぢらなんぢらのぜんしんぜんれいをもてかれむかひ、そのみまへまことおこなはば、かれみかほなんぢらよりかくたまはじ。さればなんぢら、かれなんぢらのためになにをなしたまふかをなんぢらくちまつたひらきて、かれかんしやし、せいぎしゆしゆくし、とこしへわうあがめよ。われわがとらはれおいかれかんしやし、かつつみふかたみらうちにてそのみちからみいつとをしめす。かへれ、つみ人らよ。しゆみまへたゞしきおこなへ。かれなんぢらけて、なんぢらあはれみたまふとも、たれかよくこれらんや。
7 われわがかみあがめ、わがたましひてんわうをほめまつり、そのおほいなることをよろこばん。
8 ねがはくは、すべてのひとかたらしめ、エルサレムにてかれかんしやさゝげしめよ。
9 ああエルサレムよ、せいなるみやこよ。かれなんぢこらおこなひゆゑに、なんぢむちうたまふとも、たゞしきものこらうへに、ふたゝあはれみたまはん。
10 きものをもてしゆかんしやをささげ、とこしへわうめまつれ。これ、そのまくやなんぢうちに、ふたゝよろこびをもててられ、かれ、とらはれびとたるものどもをなんぢうちにてよろこばしめ、ふかうなるひと〴〵を、とこしへになんぢうちにて、あいせんがためなり。
11 おほくのくにたみとほくよりきたりて、しゆなるかみみなに、そのにあるそなへものすなはてんわうへのそなへものをささげん、よろづよよりよろづよまで、ひと〴〵なんぢをほめて、よろこびのうたをうたはん。
12 わざはひなるかな、なんぢにくむすべてのひと〴〵。されどさいはひなるかな、とこしへになんぢあいするすべてのひと〴〵
13 よろこべ、いとどしくよろこべ、たゞしきものこらのために。そはかれらつどきたりてたゞしきものしゆめたたふべければなり。
14 ああさいはひなるかな、なんぢを愛するひと〴〵かれらなんぢへいわゆゑたのしまん。さいはひなるかな、なんぢのすべてのこらしめのためにかなしむひと〴〵なんぢのすべてのくわうえいときかれらなんぢのためによろこび、とこしへたのしまん。
15 わがたましひよ。おほいなるわうなるかみめまつれ。
16 そは、エルサレムは、せいぎよくりよくぎよくおよたふとほうせきをもてきづかれ、そのいしがきやぐらとりでとはじゆんきんをもててらるべし。
17 エルサレムのちまたりよくちうせきこうぎよくおよびオフルのほうせききつめられん。
18 しかしてそのすべてのちまたは、ハレルヤをとなへ、さんびをささげていはん『なんぢとこしへたかたまひしかみめまつるべきかな。』