トビト書 第十一章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > トビト書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第十一章[編集]

1 これらのことののち、トビア、かみそのたびぢまもたまひしがゆゑかみあがめつつすゝきぬ。かれまたラグエルとそのつまエデナとをしゆくせり。
2 かれらたびだちてニネベにちかづきしころ、ラフアエル、トビアにいふ『きやうだいよ、なんぢいかなるさまにてちゝわかれしかをおぼえぬか。
3 われらなんぢつまさきだきていへそなへん。
4 されどなんぢにかのうをたんなうたづさへよ。』かれらそのみちき、いぬかれらあとしたがひぬ。
5 さてアンナそのきしみちながめてたり。
6 しかしてそのきたるをみいだしたれば、かれトビアのちゝふ『よ、わがと、かれともきしひとかへきたれり。』
7 ラフアエルふ『われる、トビヤよ、なんぢちゝひらかん。さればなんぢ、そのうをたんじふれ。
8 かれそのしげきにて、かならこれをこすらん。さすればしろまくちてかれなんぢみうるにいたらん。』

9 アンナはしりてそのくびいだき、『よ、われなんぢふたゝたれば、いつにてもなん』といひて、ふたりともきぬ。
10 トビト、ところでゆきてもんところおいてつまづきしが、そのかれのもとにはしりゆきてちゝいだき、
11 うをたんなうをそのてて『こゝろやすかれ、ちゝよ』といふ。
12 そのうづいだしたれば、トビトこれを、こすりしに、しろまくふちよりむけちて、
13 かれそのるを、そのくびいだきたり。
14 かれきてふ『むべきかな、かみよ。なんぢみなとこしへむべきかな。なんぢのすべてのせいなるみつかひむべきかな。なんぢわれむちうち、またわれあはれたまへり。
15 われ、わがトビアをことたり。』そのよろこび、りてメデアにおいひたるおほいなることちゝげたり。

16 トビトでて、ニネベのもんおもむき、かみあがかつよろこびて、そのよめむかへたり。トビトのあゆむをたるひと〴〵かれことたるによりておどろへり。
17 かみかれあはれみたまひたればトビトかれらまへにてかんしやせり。トビトそのよめサラにちかづきてこれをしゆくし、『よくこそつれ、むすめよ。なんぢわれらみちびたまひしかみむべきかな、なんぢちゝなんぢはゝさいはひなれ』といふ。
18 かくてニネベにけるかれのすべてのきやうだいたちのうちによろこびありき。アキアカロスおよびそのをひナスバスもきたりて、
19 トビアのこんれいなぬかあひだおほいなるよろこびをもてつゞけられたり。