トビト書 第六章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > トビト書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第六章[編集]

1 さてかれらそのたびぢちけるが、ゆふべおよびてテグリスがはのほとりにたつし、そこやどれり。
2 わかものからだあらはんとてくだりしに、かはなかよりうをでて、わかものまんとせり。
3 みつかひかれに『うをとらへよ』といひければ、わかものそのうをとらへて、げたり。
4 みつかひかれにいふ『うををさきて、そのしんざうかんざうたんなうとをり、これをあんぜんたくはけ。』
5 わかものみつかひめいぜしごとくなせり。されどかれらそのうをきてこれしよくせり。かくてふたりものそのみちすゝみ、エクバタナにちかづけり。
6 わかものみつかひひけるは『きやうだいアザリヤよ、かのうをしんざうかんざうたんなうとはなんようをなすか』と。
7 かれいふ『しんざうかんざうとは、もしあくきまたあくれいなにびとかをくるしめなば、われらこれを、そのをとこまたをんなまへくゆらしてけむりをたて、これによりてそのひとなやまされぬやうにするためなり。
8 されどたんなうは、しろまくをもつひとれば、そのひといやされん。』

9 かれらラゲスにちかづきたるときみつかひわかものひぬ
10 『きやうだいよ、われけふラグエルのもとやどらん。かれなんぢしんせきにて、サラとひとりむすめあり。このむすめつまとしてなんぢあたへられんがため、われこれをいひでん。
11 そのざいさんなんぢぐべきものなり。なんぢかれゆゐいつしんせきなればなり。
12 このをとめうるはしくしてさとものなり。さればわれけ。われ、かれちゝげん。われらラゲスよりかへりてのちこんいんれいおこなはん。われる。ラグエルは、モーセのおきてしたがひて、そのむすめをばけつしてほかひとあたへざるを。しからずばかれあたるべきものとならん。そは、ほかなにびとするよりも、そのざいさんなんぢすべきものなればなり。』
13 そのときわかものみつかひひぬ『きやうだいアザリヤよ、われ、このむすめにんをとことつぎしことと、それらひと〴〵みなこんれいへやにてにたることとをけり。
14 われはわがちゝひとりごなれば、りてまへひと〴〵おなじくなんことをおそる。そのをんなきたひと〴〵ほかたれをもそこなはぬあくき、このむすめあいるなり。さればわれにて、わがちゝはゝとのいのちを、わがためにかなしみてはかくだらしめんことをおそる。かれらには、おのれらはうむるべきほかなし。』
15 みつかひかれにいふ『なんぢしんせきいへよりつまめとるべしとなんぢちゝめいぜしことばおぼえぬか。われにけ、きやうだいよ、このをんなかならなんぢつまとなり、あくきとはなにかゝはりなきにいたらん。そはかれこよひなんぢつまとなるべければなり。
16 なんぢこんれいへやらば、すみびをとりて、そのうへうをしんざうかんざうとをくゆらしてけむりつべし。
17 さらばあくきそのにほひぎてそとのがれ、いつまでもかへきたることなからん。なんぢかのをんなちかづくときふたりともちて、じひかみたてまつれ。かれなんぢらすくひ、なんぢらじひたまはん。おそるな、かのをんなは、はやくより、なんぢのためにそなへられたるものなり。なんぢかれすくひ、かれなんぢともかん。われおもふになんぢかならかれによりてまん。』トビアこれらのことをきて、かのむすめあいし、そのたましひひたすらかれをしたへり。