トビト書 第八章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > トビト書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第八章[編集]

1 ゆふげをはりてかれらトビアをそのむすめもとしともなけり。
2 かれきしとき、ラフアエルのことばおもいだし、すみびきて、そのうへうをしんざうかんざうとをせ、くゆらしてけむりてたり。
3 あくきそのにほひぎて、エジプトのはてまでげゆきしが、みつかひかれをしばれり。
4 このふたりともしつないこもりたるとき、トビアとこよりたちあがりていひぬ『しまいよ、きよ。しゆわれらあはれたまはんがため、われらいのらん。』
5 しかしてトビアくいひづ『むべきかな、われらせんぞたちのかみねがはくはなんぢさかえあるきよみなとこしへあがめられんことを。ねがはくはてんなんぢつくりたまひしすべてのもの、なんぢめたたへんことを。
6 なんぢアダムをつくりて、そのつまエバをたすけてとしさゝへてとしてかれあたたまへり。かれらよりひとすゑうまれたり。なんぢたまへり「ひとひとるはよろしからず、われらひとのためにかれたるたすけてつくらん」と。
7 しゆよ、われいまこのしまいじやうよくのためにめとらず、まことりてめとるなり。ねがはくはわれみめぐみくだし、としおゆるまで、かれともましめたまへ。』
8 サラかれともに『アァメン』といふ。
9 かくてふたりそのよともねむりぬ。

ラグエルきてはかり、
10 かつふ『おそらくはこのひとぬるならん』と。
11 しかしてのちラグエルおのいへかへりて、
12 そのつまエデナにふ『はしためどものうちよりひとりつかはして、かれるやいなやをたづねしめよ。もしらずば、かれほうむりて、たれにもこれをらしむな。
13 はしためひらきてへやり、ふたりねむるをしかば、
14 でて『かれる』と、かれらげたり。
15 そのときラグエルかみめたたへていへり

むべきかな、かみよ。なんぢはすべてのきよせいなるしゆくふくをもてあがめられたまはん。なんぢせいととすべてのつくられたるものはなんぢあがめ、すべてのみつかひなんぢえらたまひしものはとこしへになんぢあがたてまつるべし。
16 なんぢむべきかな。なんぢわれよろこばしめ、わがおそりしことをおこらしめず、かへつて、おほいなるあはれみをもてわれらをあしらひたまへり。
17 なんぢむべきかな。なんぢはそのおやたちのひとりごなるふたりのものにあはれみをたまへり。しゆよ、かれらあはれたまへ。よろこびあはれみとをもてかれらいのちすこやかたもたまへ。』

18 ラグエルそのしもべらめいじて、はかうづめしむ。
19 しかしてかれ、かれらのために、十四あひだこんえんつゞけたり。
20 こんえんをはまへにラグエル、トビアにこんえんの十四つるまではけつしてそこをるべからざることと、
21 をはりてのちに、そのざいさんなかばをとりて、やすらかにちゝもとかへるべきことをげ、かつ『そののこりをば、われとわがつませんときに』といひぬ。