トビト書 第五章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > トビト書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第五章[編集]

1 そのときトビアこたへてふ『ちゝよ、なんぢめいぜしことは、なににてもすべてこれをおこなはん。
2 されどわれこのひとらざるに、いかにしてそのきんすんや。』
3 トビトかれしようしよあたへてふ『たれなんぢともくべきひとさがせ。われくるあひだかれむくいあたへん。さればきてそのきんするべし。』
4 かれでゆきてひとさがしたるに、みつかひラフアエルをみいだせり。
5 されどトビアこれをらずしてかれにいふ『われなんぢともにメデアのラゲスまでくをべきか、なんぢそのところをよくるか。』
6 みつかひかれにいふ『われなんぢともかん、われよくそのみちる。われわれらきやうだいガバエルとともしゆくしたることもあり。』
7 トビアかれにいふ『われて、われわがちゝにこのことげん。』

8 ラフアエルかれにいふ『け、おくるな。』かれりてちゝにいふ『よ、われ、われともひとみいだせり。』ちゝいふ『かれをわがもときたれ、われかれなにぞくものなるか、またかれなんぢともくにしんずべきひとなるかをん。』
9 トビアかれべば、かれりてたがひあいさつす。
10 トビトかれにいふ『きやうだいよ、なんぢなにぞくなにけひとなるか、われげよ。』
11 かれトビトにいふ『なんぢもとむるは、やからなるか、いへすぢなるか。もしくはなんぢともくべきやとひびとなるか。』トビトかれにいふ『きやうだいよ、われなんぢうまれなんぢとをりたし。』
12 かれいふ『われは、なんぢのきやうだいたちのうちなるだいアナニヤの、アザリヤなり。』
13 トビトかれにいふ『よくこそつれ、きやうだいよ。われなんぢやからなんぢいへすぢとをたづねたればとていかるな。なんぢすぐれたるいへすぢよりでたるきやうだいなり。われはだいセメヤのアナニヤとヨナタンとをる。われともれいはいのためにエルサレムにきて、うひごおよびわれらのかりいれの十ぶんの一をそなへたることあり。かれらわれらのきやうだいたちのあやまちまよかざりき。きやうだいよ、なんぢいへがらよりでたり。
14 されどわれなんぢいくばくちんぎんあたふべきか、われげよ。一にちに一ドラクマおよびわがおなじくにちようのものをあたへんか。
15 なんぢもしすこやかにてかへらばなんぢちんぎんいくばくかのわりましくはへん。』
16 かくてかれどういせり。そのときトビト、トビアにいひぬ『たびそなへをせよ。きてつゝがなくかへきたれ』と。そのたびひつえうなるものをそなへしときちゝかれにいひけるは『このひとともけ、ねがはくは、てんいまかみなんぢらのたびぢしゆくし、しゆみつかひなんぢらともなはんことを』と。ここにおいかれふたりたびだち、わかもののいぬかれらとともけり。

17 しかるにそのはゝアンナきてトビトにいふ『いかなればなんぢわれらおくいだせしか。かれわれらまへに、はいるにもづるにも、われらのつゑならずや。
18 かねかねくはへんとてむさぼるな。われらのためにあんぜんすべきなり。
19 しゆよりわれらくらしためあたへられたるもの、われらのためにれり。』
20 トビトかれにいふ『しまいよ、こゝろまどはすな。かれすこやかにてかへらん。なんぢふたゝかれるべし。
21 みつかひかれとともにき、かれたびぢしゆくせらるべければ、かれすこやかにてふたたかへらん。』
22 かくてアンナくことをめたり。