トビト書 第二章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > トビト書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第二章[編集]

1 われわがいへかへり、わがつまアンナとわがトビアふたたびわがもときたりしとき、ペンテコステすなはなゝまはりせいさいに、わがためにしゆくえんもうけられたれば、われしよくせんためにせきけり。
2 われおほくのにくたれば、わがトビアにいひぬ『しゆおぼゆるきやうだいのうちのまづしきひとたれにてもたづいだしてこゝともなきたれ。よ、われなんぢのためにつ』と。
3 かれかへりてふ『ちゝよ、わがくにびとひとりころされて、いちばてらる』と。
4 われなにものをもしよくせず、たゞちちて、ときまでそのしがいおくへやはこれ、
5 しかしてわれかへりてきよめ、かなしみうちにわがパンをしよくせり。
6 われアモスのよげんおもいだせり。いはく『なんぢらいはひかなしみかはらせ、なんぢらのうたこと〴〵なげきかはらしめん』

7 そのときわれきぬ。れしかばわれでてはかり、そのしがいはうむれり。
8 となりひと〴〵あざけりてふ『このひと、このことがらりてしけいにせらるるをいまおそれず。かれそのためにのがれたるに、よ、かれふたゝしにんはうむりたり』と。
9 われかれはうむりてかへりしその、わがけがれたれば、かほおほひけず、にはかべぎわにねたり。
10 われそのかべうへすゞめりしをらず、をあけときすゞめわがあたゝかふんおとし、わがしろまくしやうじたり。われいしやきしもかれらわれをたすざりしが、アキアカロスわれやしなひて、わがエリマイスにときまでにおよべり。

11 そのころわがつまアンナをんなべやにておりものをなし、つくりしものをそのもちぬしとゞけしに、
12 かれらそのちんぎんはらひ、なほそのほかにこやぎをもあたへたり。
13 こやぎわがいへきたりしときはじめたれば、われわがつまふ『このこやぎいづこよりきたりしか、ぬすみたるにはあらざるか、もちぬしかへせ、ぬすみたるものをしよくするはふはふなり。』
14 つまこたへてふ『それは、わがちんぎんほかに、おくりものとしてわれあたへられしなり』と。されどわれかれしんぜざりしかば、これをそのもちぬしかへせといひて、かれはづかめたり。しかるにつまこたへてわれふ『なんぢほどこしなんぢたゞしきわざとはいづこにあるか。よ、なんぢのすべてのわざはあきらかなり。』