トビト書 第九章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > トビト書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第九章[編集]

1 トビア、ラフアエルをびて
2 『きやうだいアザリヤよ、ねがはくはひとりしもべと二ひきらくだとをたづさへて、メデアのラゲスなるガバエルのもとき、わがためにかのきんすり、かつかれをこんえんともなきたれ。
3 そはラグエルわれをらしめじとちかひたればなり。
4 されどわがちゝかぞふ。もしわれおくれなば、かれいたくなげかん。』
5 ラフアエルきて、ガバエルのもとやどり、かれにそのしようしよわたせしかば、ガバエルふういんせられたるふくろきたりてこれかれわたしぬ、
6 かれらあさはやたびだちてそのこんえんきたれり。かくてトビアそのつましゆくしたり。