トビト書 第三章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > トビト書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第三章[編集]

1 われなげかなしみ、きつついのりて
2 『しゆよ、なんぢたゞしくして、なんぢのすべてのみわざ、すべてのみちあはれみなり、まことなり。なんぢとこしへまことにしてたゞしきさばきをもてさばたまふ。
3 ねがはくはわれおぼえ、われをみそなはしたまへ。わがつみとわがむちまたわがせんぞたちがしゆみまへをかせしつみゆゑわればつたまなかれ。
4 かれらなんぢいましめそむきたれば、なんぢわれらをりやくだつはしめ、とらはれとにわたし、またわれらのらされくに〴〵おいて、われらはづかしめことわざとなしたまへり。
5 いま、わがつみおよびわがせんぞたちのつみしたがひてわれおこなたまみさばきさはにしてまことなり。
6 これわれなんぢいましめおこなはず、なんぢみまへまことをもてあゆまざりしがゆゑなり。しゆよ、いまなんぢによしとたまふところにしたがひてわれをあしらひたまへ。ねがはくはわがれいめいじてわれはなれしめ、われをはなちてつちかへらしめたまへ。くるよりもぬるかたむしろわれにえきなり。われいつはりひなんきていたくかなしむ。いまわれをわがなやみよりすくひ、とこしへところれとめいたまへ。ねがはくはみかほをわれよりそむたまなかれ。』

7 そのおなにメデヤのエクバタナにおいて、ラグエルのむすめサラそのちゝはしためたちよりはづかしめられたり。
8 そはかのをんなにんをとことつぎたれど、そのをつとらかれいぬまへあくれいアスモデオスかれらころしたればなり。そのはしためらかれにふ『なんぢをつとたちをころしたるをらざるか。なんぢすでに七にんをつとちたるも、そのひとりをだにもちひしことなし。
9 なにゆゑわれらむちつか。かれらにたれば、なんぢかれらともけ。ねがはくは、われら、なんぢむすこをもむすめをもとこしへざらんことを。』
10 サラこれらこときて、はなはだしくなげかなしみ、みづかくびれんとおもへり。されどかれひぬ『われはわがちゝひとりむすめなれば、もしわれこれをなさば、ちゝはぢとなり、かれらうねんを、かなしみのなかに、はかくだらしめん』と。
11 しかしてかれまどぎはにてかみむかひ、いのりてふ『むべきかなしゆよ、わがかみよ、しゆせいにしてたふとみなとこしへむべきかな。なんぢのすべてのみわざは、とこしへになんぢたゝへん。
12 しゆよ、いまわれわがなんぢそゝぎ、わがかほなんぢたてまつる。
13 ねがはくはわれよりはなたれて、もはやこのあざけりかざらんことを。
14 しゆよ、なんぢたまふ。われはひとたいしてつみをかせしことなし。
15 またわれわがとらはれおいてわがとわがちゝとをけがせしことえてなし。われちゝひとりむすめにして、ちゝにはほかあとぐべきも、ちかきやうだいもなく、またわれをつまとしてともるべきやうしもなし。わが七にんをつとすでねり。われいかでくるをん。われころすことみこゝろならずば、ねがはくはわれかへりみ、われをあはれみ、いまよりのちはづかしめをきくことなからしめたまへ。』

16 さて、ふたりいのりおほいなるかみえいくわうまへかれ、ラフアエルかれらいやさんがためにつかはされたり。すなはちトビトのよりしろまくのぞき、ラグエルのむすめサラをトビトのむすこトビアにめあはせ、かつかのあくきアスモデオスをしばらんがためなり。そはサラはトビアのものとさだめられたればなり。そのおなとき、トビトかへりておのいへり、ラグエルのむすめサラはおのが二かいざしきよりくだきたれり。