トビト書 第七章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > トビト書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第七章[編集]

1 かれらエクバタナにきたりて、ラグエルのいへおもむきぬ。サラかれらむかへてあいさつし、かれらもまたかれあいさつせり。かくてサラかれらいへなかともなれたり。
2 ラグエルそのつまエデナにいひけるは『このわかもの、いかにわがいとこトビトにたる』と。
3 ラグエルかれらに『きやうだいたちよ、なんぢらいづこよりきたるか』とひければ、かれらこたへてふ『われらはニネベにとりことなりるナフタリのらなり。』
4 かれいふ『われらきやうだいトビトをるか。』かれらこたふ『われかれる』と。かれさらひていふ『かれすこやかなりや。』
5 かれらいふ『かれなほきてすこやかなり。』そのとき、トビアいひぬ『かれはわがちゝなり。』
6 ラグエルをどりあがりてかれくちつけしてきぬ。
7 しかしてかれトビアをしゆくしていへり『なんぢすぐれたるひとなり』と。ラグエルは、トビトのめしひたるをきしときかなしみてきぬ。
8 かれつまエデナも、むすめサラもきぬ。かれらよろこびてそのひと〴〵もてなし、むれをひつじほふりて、かれらまへおほくのにくそなへたり。

トビア、ラフアエルにふ『きやうだいアザリヤよ、みちにてなんちかたりしことをひて、それにけつまつをつけよ。』
9 ラフアエルこれをラグエルにつたへたれば、ラグエル、トビアにいひぬ『くらへ、め、たのしめ。
10 なんちわがめとるべければなり。されどわれなんぢまことかたらん。
11 われわがを七にんをとことつがしめしに、かれらこれにちかづきたるそのなかみなねり。されどいまたのしめ。』トビアかれにいふ『なんぢらけいやくをなし、われとけいやくむすぶまでは、われらなにをもくらふまじ。』
12 ラグエルいふ『ならはししたがひて、なんぢいまよりかのをんなめとれ。そはなんぢはかれのきやうだいにして、かれはなんぢものなればなり。あはれみかみなんぢらにもつときものを、そなへたまはん。』
13 さてかれそのむすめサラをび、そのりて、かれをトビアに、つまとしてあたへ、かついふ『いまモーセのおきてしたがひ、このをんなめとりて、なんぢちゝのもとにともなけ。』ラグエルかれらしゆくしぬ。
14 かれまたそのつまエデナをび、ちやうぼりてけいやくしよき、これになついんしたり。
15 かくてかれらくらはじむ。

16 ラグエルそのつまエデナをびていふ『しまいよ、ほかへやそなへてむすめそこともなけ。』
17 エデナかれのいひしごとくなし、むすめそこともなりて、けり。むすめなみだにくれければ、かれひぬ
18 『よ、こゝろやすかれ。てんちしゆ、このなんぢかなしみたいして、なんぢよろこびあたたまはん。こゝろやすかれ、むすめよ。』