トビト書 第一章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > トビト書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第一章[編集]

1 ナフタリのやからアシエルのすゑガバエルの、アドエルの、アナニエルの、タビエルのなるトビトのものがたりふみ
2 このトビトは、アツスリアのわうシヤルマネセルのとき、アセルのかみなるガリラヤのガデシ・ナフタリのみぎくらゐするテスベよりとらうつされたるものなり。

3 われトビト、わがいつしやうあひだまことたゞしきとのみちあゆみ、われとともにアツスリヤのニネベにきしわがきやうだいたち、およびわがくにびとおほくのほどこしをなせり。
4 われわがくに、イスラエルのにありて、としなほわかかりしとき、わがちゝナフタリのやからみないけにへをささげんがためにイスラエルのもろもろのやからうちよりえらばれたるエルサレムのいへより、ちてりゆけり。そのころエルサレムにはいとたかしゆみすまひなるみやきよめられ、かつよろづよわたりててられありき。
5 ともきしすべてのやからは、めうしバアルにいけにへささげ、わがちゝナフタリのいへもしかなせり。
6 されどわれとこしへいましめによりて、すべてのイスラエルびとめいぜられたるごとく、はつほとりいれものの十ぶんの一とひつじはつぎりとをたづさへて、まつりときしば〳〵ひとりにてエルサレムにのぼり、これをさいだんきて、アロンのらなるさいしたちにささげたり。
7 われそのだい一の十ぶんの一をエルサレムにてつかふるレビのこらわかち、つぎだい二の十ぶんの一をりてとしごとにエルサレムにおもむき、そこにてこれをつひやせり。
8 またそのだい三の十ぶんの一をばわがちゝはゝデボラのめいぜしごとく、さだめられたるひと〴〵あたへぬ。そはわれ、わがちゝみなしごとしてのこされたればなり。
9 われひとりてわがしんぞくすゑよりアンナをめとりてつまとなし、かれによりてトビアをめり。
10 われとりことして、ニネベにはこられしとき、わがきやうだいたちおよびわがしんせきものどもは、いはうじんのパンをくらへり。
11 されどわれこれくらふまじとわがおさへたり。
12 こはわれこゝろつくしてかみおぼえたるによる。
13 いとたかきもの、シヤルマネセルのまへにてわれめぐみいつくしみとをあたたまひければ、われつひかれくりやびととなれり。
14 しかしてわれメデアにおもむき、ラゲスにて、ガブリアのきやうだいガブリエルのぎんじふタラントをあづけたり。

15 シヤルマネセルにしとき、そのセナケリブかはりてわうゐきしが、ときこのこくだうさわがしくなりて、われメデアにくことあたはざりき。
16 シヤルマネセルのときに、われわがきやうだいたちにおほくのほどこしをなして、ゑたるひと〴〵にパンをあたへ、
17 はだかなるひと〴〵きものせ、またわがくにびとにてニネベのいしがきそとげられたるをてはこれをはうむれり。
18 またセナケリブわうユダヤよりきたりしひところししときも、われこれをひそかはうむれり。そはかれいかりまかせておほくのひところしたればなり。そのしたいわうによりてたづもとめられしも、つひみいだされざりき。
19 そのとき、ニネベびとひとりきてわがことをわうげ、いかにわがかれらはうむりて、ひそかかくせしかをかたれり。しかしてわれ、しけいにせられんがために、たづもとめらるることをりしかば、おそれてのがれたり。
20 かくてわがすべてのもちものうばはれ、わがつまアンナとわがトビアとのほかひとつのものだにのこらざりき。
21 そののち五十にちずして、わうふたりむすこわうころしてアララテのやまのがれたり。しかしてそのサケルドノスかれかはりてわうゐきぬ。サケルドノスはわがきやうだいアキエルのアキアカロスをもちひてそのくにくわいけいおよほかのすべてのじむつかさどらしめたり。
22 かくてアキアカロスわがためにとりなしたれば、われニネベにきぬ。アキアカロスはわうさかびとわういんじものわういへづかさまたくわいけいつかさどものなりき。サケルドノスかれを、おのつぎくらゐにんじたり。しかしてアキアカロスはわがきやうだいなり。