ソロモンの智慧 第四章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ソロモンの智慧
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第四章[編集]

1 なくともとくあるは、いとよし。とくのおもひにはふしあり。かみにも、ひとにもらるればなり。
2 そのあるところひとこれにならひ、そのりしをさへしたひもとむ。そのしやうりかんむりもてよゝすゝき、ちせぬほうびあらそひかち
3 ふしんじやどもの、いきどほりくははるもなにかあらん。まことならぬわけねよりするゆゑに、ふかくおろさず。かたくとままることなし。
4 えだをいだしてしばししげることありとも、たしかにつことなきゆゑに、かぜりうごき、かぜはげしきによりて、こぎにせられ、
5 そだへざるにえだれさり、そのむだとなり、れてしよくようとなることなく、なにようともならず。
6 たゞしからざるとこによりてうまれたるこらは、かみあらはにしたまふとき、そのおやたちにむかひてあくしやうにんとならん。

7 されどたゞしきひとは、たとひときみたずしてせゆくとも、やすきにをらん。
8 (ほまれあるおいとしおほきによらず、よはひかずによりてはかられず。
9 ひとにとりては、さときこゝろこそ、そのはくはつにして、しみなきしやうがいこそ、まどかなるらうねんなれ。)
10 かみよろこばすものとなりて、かれあいせられ、つみびとうちとき、うつしられぬ。
11 かれはとりられぬ。あくの、そのさとりをへざらんがために。よこしまの、そのたましひをあざむかざらんがために。
12 (あだごとのたくみは、よきものをくもらし、よくじやうのみだれは、よこしまなきものをあやまらすればなり。)
13 かれはしばしのまつたくせられ、ながとしつきみたすなり。
14 かれのたましひはしゆよろこばる。さればかれしきもののうちより、いそぎてこれをいだたまへり。
15 されどたみらはかかることをそのこゝろにおかず。めぐみとあはれみとは、かみえらびしものにあり。かみはそのきよものを、まもたまふをらず、またさとらざるなり。
16 されど、にたるたゞしきものけるふしんじやさばき、すみやかにまつたうせられしわかものは、ふぎなるものとしおいたる、おほくのとしつきさばかん。
17 かれらかしこものをはりん。されど、かみかれにつきておもひたまへることの、なになるかをらず、しゆかれほごしたまへることの、なになるかをらざるなり。
18 かれらてこれをかろんぜん。されどしゆはいたくあざわらひたまはん。かくてそののちかれらほまれなきむくろとなり、にたるもののうちにてかぎりなくのけものとならん。
19 しゆかれになげてこゑさへもでざらしめ、そのもとゐよりうごかしたまはん。かくてかれらは、れすたれて、なやみうちにあらん。またかれらのかたみもるべし。

20 かれらはそのつみかぞげられしとき、おののきつつきたらん。かくてそのむはふかれらをそのめんぜんにてつみせん。