ソロモンの智慧 第十章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ソロモンの智慧
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第十章[編集]

1 いやさきちゝとしてつくられしもののひとり、つくりいだされしときちゑはこれをそのをはりまでまもり、そのあやまてるとき、これをたすいだし、
2 これにちからあたへてすべてのものをしはいせしめぬ。
3 されど、ふぎなるものそのいかりゆゑちゑをはなれさりしとき、そのいきどほりゆゑきやうだいころし、それによりてみづかほろびぬ。
4 またこのために、こうずゐによりておぼれつつありしときちゑはふたたびこれをすくひ、ちひさもくへんによりてたゞしきものをみちびきぬ。

5 また、あくのためにあひはかりしくに〴〵らされしときちゑたゞしきものり、これをかみまへつみなきものとしてまもり、そののためにこゝろうごきしとき、これをつよくまもりぬ。

6 ふしんじやほろぶるうちに、ちゑたゞしきものをたすけ、ペンタポリスにてんよりくだりしときかれのがれしめぬ。
7 けむりたつあらのは、いまもなほそのあくあかしし、よきむすも、そこにはじゆくすることなし。しんぜざるたましひはそこにきねんをもち、しほはしらそこにちたり。
8 かれらちゑみすぐしにしたれば、よきものをみとむることあたはず、そのをろかきねんひとのためにのこせり。そのまよへるところにて、かくるることあたはざらんがためなり。
9 されど、ちゑおのれつかふるものをそのなやみよりすくへり。


10 たゞしきもののそのきやうだいいかりよりのがきしときぢゑはこれをたゞしきみちにみちびき、これにかみくにしめし、またきよきことどものちしきあたへ、そのきんらうさかえしめ、そのはたらきおほからしめたり。
11 むさぼりのゆゑに、かれくるしむるものありしときちゑはそのかたはらにたち、これをましめたり。
12 ちゑはこれをてきよりまもり、かれをかくれものよりすくひて、やすからしめ、そのはげしきたゝかひうちに、さばきびととしてこれをまもり、かみしたがふは、すべてのことよりもちからづよきことをこれにしらしめたり。

13 たゞしきものられしときちゑはこれをてず、つみうちよりすくいだしぬ。ちゑひとやにまでもともにき、
14 いましめうちにありて、これをことなく、つひにわうこくかんむりをこれにあたへ、かれしへたげしものうへちからあたへぬ。またかれあざけりそしりしものいつはりなるをしめし、かれとこしへえいくわうあたへぬ。

15 ちゑきよたみけがれなきすゑとを、これをおさふるたみよりすくへり。
16 ちゑしゆしもべのたましひにり、しるしふしぎとをもて、おそろしきわうたちのまへたしめぬ。
17 ちゑきよひと〴〵にそのきんらうのむくいをあたへぬ。おどろくべきみちかれらをみちびき、ひるはそのためのおほひとなり、はほのほのほしとなりぬ。
18 ちゑかれらこうかいえしめ、みづおほなかをみちびきぬ。
19 されど、そのてきをばおぼれしめ、ふかそこよりげあげたり。
20 されば、たゞしきものふしんものを、かすめうばひぬ。かくてしゆよ、かれらはなんぢきよみなのためにさんびうたひ、かれらのためにたゝかたまへるなんぢみてを、あひともにほめたたへぬ。
21 ちゑおふしくちひらき、をさなごしたをして、あきらかにものはしめたればなり。