ソロモンの智慧 第十四章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ソロモンの智慧
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第十四章[編集]

1 さらにまた、ふねりて、なみたうみわたらんとするときかれぱこふねよりもさらにちたるもくへんにむかひてもとむ。
2 たからもとむるこゝろによりてふれはつくられ、つくりぬしなるちゑみづからそれをくみあはせぬ。
3 ちゝよ、なんぢせつりはこれをみちびきたりしなり。うみにてもなんぢみちあたへ、ながれうちたしかなるみちまうたまふなり。
4 それによりて、なんぢはいかなるきけんよりもすくいだたま」ふことをしめし、すべらぬひとをも、ふなでせしめたまふなり。
5 かくてなんぢは、なんぢちゑのなせるわぎのむなしくならざるをのぞみたまへり。さればひとちひさもくへんにそのいのちをまかせ、またいかだりてなみえつつ、やすらかにくなり。
6 むかしほこれるきよじんたちのほろびしときのぞみいかだによりてのがれ、ひとのこのうちきたるべきたねのこせり。なんぢはそのかぢみちびたまひき。
7 をもちきたらすさいはひるかな。
8 されど、をもてつくられしぐうぞうは、それをつくりしものとともにのろはるべし。つくりしはかれわざにして、このつべきものはかみづけられたればなり。
9 このふしんをおこなふものと、そのふしんとは、かみともにこれをにくたまふ。
10 まことにかれわざはそれををかせるものとともにばつせらるべし。
11 かくて、くに〴〵ぐうぞうにもかみこれにのぞたまはん。これらはかみつくたまひしものによりてつくられたれど、けがれたるものとなり、ひとのたましひのつまづきおろかなるもののあしのわなとなりたればなり。

12 ぐうぞうをつくることはかんいんはじめにして、これをたくむことはいのちくされしむ。
13 これらのものは、はじめにあらざりしが、とこしへにもまたあらざるべし。
14 ただひとむなしきほまれもとむることによりて、ぐうぞうきたりしなり。されば、そのをはりはすみやかなるものとせらるるなり。
15 としわかきもののによりて、かなしみつかれたるちゝは、かくもはやられしのためにかたちをつくり、いまは、しにんなるそれをかみとしてあがめ、おのがしたにあるものに、おくぎとおごそかなるまつりとをおよぼす。
16 かくて、ときるとともに、このふしんのならはしは、いよ〳〵つよくなり、おきてとしてたもたれ、わうたちのめいれいによりててうぞうれいはいをうく。
17 また、とほくすむによりて、そこにてこれをあがむるをざるひと〴〵は、とほくよりこれにたるものをおもいだし、おのあがむるわうゆるかたちをつくり、そのねつしんによりてらざるもるがごとくに、へつらふなり。
18 されど、またこのれいはいはこれをらざるものによりて、さらたかきものとせられたり。これをつくるものの、のぞみねがひとによりてすすめられたればなり。
19 かれは、けんゐあるものをよろこばしむることあるべきやをねがひ、そのてだてもちひて、このたるかたちさらおほいなるうつくしさにへ、
20 たみらは、かれわざうつくしさにひかれて、きのふまでただひととしてあがめられしものををがむべきものとなすにいたれり。
21 かくて、これはいのちのためにかくれたるきけんとなりぬ。ひとわざはひぼうぎやくとにとらはれて、つたふべからざるを、いしとにさづけん。

22 かれらまよへるはかみることにかかはるのみをもてらず、かみらざるによりて、はげしきあらそひうちみつつ、おほくのあくかれらへいわべり。
23 おごそかなるまつりうちこらころし、またひみつなるおくぎいとなみ、またふしぎなるさいれいにことよせて、おのれわすれしえんもよほす。
24 かれらはそのせいくわつをも、こんいんきよきをもまもることをせず、うらぎることによる、またはたどしからざるさんじによるなやみたがひあたふ。
25 かくて、すべてのことこんらんうちに、さつじんぬすみあざむきと、ふはいと、ふしんと、さはぎと、いつはりと、
26 たゝかひと、うけたるめぐみにたいするばうおんと、たましひをけがすことと、せいこんらんと、けつこんむちつじよと、かんいんと、はうらつとにみたさる。
27 これらもなきぐうぞうれいはいはあらゆるあくはじめにして、またみなもと、また、そのをはりなり。
28 かれらものくるはしきまでにうかれ、またいつはりよげんをなし、ふぎなるせいくわつつゞけ、またかろ〴〵しくちかふ。
29 いのちなきぐうぞうにおのれをまかせ、しきちかひをなせども、かれらわざはひおのれきたるをおもはず。
30 かかる、かさなれるつみゆゑに、たゞしきわざはひかれらおよばん。かれらぐうぞうこゝろおくによりて、かみにつきてあくおもひ、きよきをあなどりて、いつはりうちふぎなるちかひをなせばなり。
31 ふぎなるもののよこしまのぞむものは、つみをかすものをかへりみるこうへいにして、ひと〴〵が、それによりてちかふもののちからにはあらざるなり。