ソロモンの智慧 第十八章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ソロモンの智慧
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第十八章[編集]

1 されどなんぢきよたみには、おほいなるひかりありき。かくて、エジプトびとかれらこゑけども、そのかたちず、かれらくるしまざりしをさいはひおもへり。
2 されどかれらいま、かつてかれらのためにくるしめられしものどもの、かれらをそこなはざるをかんしやし、そのなかたがひのゆゑに、かれらかういもとめたり。
3 なんぢはそのたみために、もゆるはしらまうけ、られざるかれらのためのみちびきとなし、また、いさましくでゆくかれらめぐみとなりたまひき。
4 まことに、エジプトびとひかりをうばはれ、やみにとらはるるにふさはしきものなり。かれらなんぢこらを、ひとやれたればなり。されど、それによりておきてちざるひかりは、ひとあたへられたり。

5 かくてかれらきよきものどものをさなごころさんとあひはかり、そのひとりをさなごてられて、またすくはれ、それによりてかれらつみあきらかとなりしときなんぢは、かれらよりおほくのこらり、おほみづなかかれらぐんぜいこと〴〵ほろぼしたまひき。
6 そのことにつきては、われらちゝたちは、はじめよりこれをることをゆるされたり。こはたしかにこれをることにより、かれらはそのたのちからによりて、よろこびあたへられんためなり。
7 かくて、なんぢたみたゞしきものすくひと、てきほろぶるとをのぞみたりき。
8 そは、なんぢてきうへにむくいをなしたまひしごとく、おなみちによりて、われらなんぢのもとにし、われらえいくわうあたたまへり。
9 よきひと〴〵の、きよこらは、ひそかにいけにへをささげ、ひとこゝろにて、かみおきてとゝのへたり。こはかれらともに、せいとらのくべきおなじききものと、おなじきなやみとをけんがためなり。かれらちゝたちは、きよほめうたをささげたりき。
10 されどてきさけびは、みだれたるこゑとなりて、ひゞきわたり、こらのためになげくかなしきこゑは、そとにまでいたりぬ。
11 しもべも、そのしゆじんとともにおなたゞしきほろびにあひ、たみわうおなじくくるしみたり。
12 すべてのひとのただひとつのとなり、そのしかばねかぞがたかりき。けるもののかずは、これをはうむるにらず、ただひとうちかれらのよきしそんほろぼされん。
13 かれらまじゆつのゆゑに、すべてのものをしんぜざりしが、うひごころさるることによりて、たみらの、かみたるをこくはくせり。
14 しづかなるちんもくは、すべてのものをつゝみ、はそのすみやかなるみちなかばまですゝみしとき
15 なんぢちからあるみことばてんより、みくらよりきたれり。それは、いかめしき、ものゝふごとく、ほろなかきたれり。
16 それはなんぢやぶるることなきいましめするどつるぎとしてもちひ、ちてすべてのものををもてみたし、それは、てんにふるるとともにうへあゆめり。
17 やがて、またばうれいゆめうちに、かれらおそろしくなやまし、おもひもよらぬおそれかれらうへきたりぬ。
18 かくてひと〴〵なかばねるものとして、ここにかしこに、なげいだされ、なにゆゑぬべきかをあきらかにせられぬ。
19 ゆめもまた、かれらみいだしつつ、このことをあらかじしめせり。かれらはそのくるしめることわけらずしてほろぶることなからんためなり。

20 されどまた、こゝろみふことも、たゞしきものうへきたりぬ。またおほくのひとあらのにうたれたり。されどそのいかりながくはつゞかざりき。
21 けがれなきひとは、これをたすくるためにいそき、おのほうしぶきいのりと、いさをによるねぎごととをもちきたれり。かれいかりふせぎ、わざはひをはらしめ、おのれなんぢしもべなるをしめせり。
22 かれいかりにうちてり。されどそれはからだちからによらず、またぶきするどきによらず。ただことばによりて、ばつするものおさへたり。それによりてかれは、ちゝたちにあたへられし、やくそくちかひとをおもいださしめたり。
23 ねるものたがひおひかさなりてうづたかたふれしときかれはそのなかちて、すゝきたいかりとゞめ、けるもののためにみちひらきぬ。
24 そはかれながころもうへに、すべてのせかいはあり、ちゝたちのくわうえいほうせきつのれつもてつくれるかざりうへにあり。なんぢいをほひかれかしらかんむりにありき。
25 これらのものに、ほろぼものふくし、たみらおそれをもてこれをたり。そはいかりこゝろみすのみにてればなり。