ソロモンの智慧 第十五章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ソロモンの智慧
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第十五章[編集]

1 されど、われらのかみよ、なんぢはめぐみあり、またまことなり、にんたいあはれみとをもて、すべてのものをさだたまふ。
2 われつみをかすとも、われらはなんぢのものにして、なんぢしはいる。されど、われらはつみをかさず、われらなんぢのものなるをればなり。
3 なんぢらるるはまつたにして、なんぢしはいることはふしなり。
4 われらひとてだてしきたくみによりてまよはされず、ゑしむなしきわざ、さまざまのいろられたるかたちまよはされざるなり。
5 おろかなるものは、それをるによりて、よくみちびかれ、にたるかたちいのちなきすがたに、こゝろうごかす。
6 かれらしきものをあいし、かかるのぞみをもつにふさはしく、かれらすこと、のぞむこと、をがむこと、みなかくのごときものなり。

7 すゑものしは、やわらかきつちをこね、われらのためにさま〴〵なるうつはをつくるためにはたらく、また、おなつちより、きよこともちふるうつはと、しからざるものとを、おなしかたによりてつくるなり。されど、いかなるものにもちひらるべきかは、つくるものみつからこれをさだむ。
8 また、かれしきことのためにはたらき、おなつちよりむなしきかみをつくりいだす。つちよりつくられて、ただしばしをたるものなれど、またしばしにして、おのがとられたるつちかへくなり。かくて、かれされたる、たましひはこれをかへすことをもとめらる。
9 かれこゝろおもひわづらふなり。そは、そのちからうしれはるるゆゑにあらず、またそのいのちみじかきゆゑにもあらず。ただかれは、きんざいくにんと、ぎんざいくにんとにむかひてきそひ、またしんちゆうをつくるものにならひ、にせものをつくることみづかほこるなり。
10 かれこゝろはいにして、かれのぞみつちよりもあたひなく、かれしやうがいつちくれにもおとる。
11 かれおのれをつくりたまひしものをらず、かれうちけるたましひをふきれ、けるれいをあたへたまひしものをらざればなり。
12 かれは、われらせいくわついふぎとなし、われらしやうがいなとむるまつりとなす。かれふ、ひとしきみちによるとも、べきにものをべきなりと。
13 かかるひとは、おのつみをかせるを、すべてのものよりもよくり、のものより、もろうつはと、てうぞうとをつくるなり。
14 されど、かれらはいともおろかにして、をさなごよりもそのたましひよわく、たみてきにして、これをおさふるものなり。
15 かれらは、くに〴〵ぐうぞうをもすべて、かみなりとす。されど、これらはそのをつかひてず、そのはなによりていきをせず、そのみゝによりてかず、そのゆびによりてたず、そのあしあゆむことをざるなり。
16 これらはひとのつくりしものにして、みづからのれいをかりたるものによりてつくらる。ひとおのちからしたがひて、かみおのれごとくつくりるなり。
17 されど、つべきものなれば、そのむはふわざによりてにたるものをつくりいだす。かれみづかをがむものにまさればなり。かれいのちをもてどもかれらはこれをたざるなり。

18 かれらはいともにくむべきものををがむ。いのちなきほかのものにくらぶるも、これらはなにものよりもしきなり。
19 またほかいきものくらぶるも、これらはひと、これをんとのぞうつくしさをたず、かみほまれかみしゆくふくとをうしなへるものなり。